11

長く愛され続けるスニーカー界の重鎮、コンバース。

性別も年齢も選ばない卓越されたクラシックなデザインは王道と言っても過言ではなく、ファッションに興味のある人なら、1度は履いたことがあるんじゃないでしょうか。

世界中で愛されるデザイン、誰もが手に取りやすい価格、安定した履き心地。そんな魅力たっぷりなコンバースに、防水性が追加されたとしたら、鬼に金棒だと思いませんか?

ハイテクなコンバースが登場

コンバース「ALL STAR 100 GORE-TEX HI」16,500円(税込)

なんと、優れた防水性で知られるハイスペック素材「GORE-TEX」とコンバースとのコラボモデルが存在しているんです。それがこのALL STAR 100 GORE-TEX HI

早速、お馴染みのロゴが描かれた箱から出してみると、一見するとスタンダードデザインなハイカットのオールスターがお目見え。

触り心地も、通常のキャンバス生地とそこまで変わらない感じ。GORE-TEXのタグが付いているのが少し不思議に思えますね。

特別な装飾などはなく、シンプルで真っ直ぐなデザインですが、細かいところにコラボらしさが。

ハイカット部分の背中には、GORE-TEXのタグがチラリ。なんだかちょっとゴージャスです。

また、お馴染みのヒールパッチには、ヒールのすり減りを軽減するコーティングが施されているそう。素材だけじゃなく、あちこちに高機能が散りばめられてるってわけだ!

履き心地も進化! サイズ選びはワンサイズくらい上げておこう

アウトソールを見てみると、中央部分にブルーのロゴマークがついたトラクションソールが使われています。通常よりも耐滑性に優れていて、雨の日でも滑りにくいようなので、まさにGORE-TEXとの相性はバッチリ!

肝心な履き心地はというと、生地のなかにGORE-TEXメンブレンが入っていて厚みが増している分、足を包み込むようなフィット感をやや強めに感じます。0.5~1cmくらいはサイズを上げて履くと良さそうです

足を踏み込んだ時の、ヒールの沈み込みが気持ちが良い。おそらくクッション性も通常モデルより増していますね。このふわふわと足を包んでくれる感覚がたまりません。

水の侵入を許さない「ガセットタン」

内部の記事部分は、GORE-TEXのロゴの入った切り返し。ここも好きな人にはたまらないんじゃないでしょうかね。

シューレースを外してみると、特別なガセットタンになっているのを確認できます。これにより、構造面でも浸水を抑える工夫がなされているのが分かりますね。

さすがGORE-TEX。防水性に抜かりなし

ここまで防水に関するアレコレを見せつけられると、梅雨なんか待ってられません。おろしたてという躊躇いは捨てて早速防水性を実証してみます。

思い切ってペットボトルに入れた水をバシャバシャとかけてみると……。

はい、めちゃくちゃ弾いてますね。勢いよく流した水が、すこし離れた自分にかかるくらい弾いてます。

ちなみに、シューレースにも撥水加工が施されているようで、紐だけびちょびちょになってしまうなんてこともありませんでした。

水染みもしませんでした

この日、水濡れですぐに色が変わってしまうグレーのソックスを履いていましたが、水をかけた後に脱いでもこの通り! 水染みはまったくありません。これを見ると、あ、本当にGORE-TEXなんだな! と実感しますね~。

これなら、急な雨や、それでできた水溜りからきちんと足元を守ってくれそうです。

1足あるとめちゃくちゃ便利!

私が初めてコンバースを履いたのは、高校入学の時に買ってもらった黒いローカットでした。そこから何足も履きつぶしてきたことを考えると、自分とコンバースとの縁って、思った以上に深いものな気がしてきます。

そんな、いつまでも変わらないと思っていたコンバースも、守るべき部分はしっかり守りつつ、足元を支える靴としての機能を日々アップデートさせているんだなぁとすこし感激。

天候の変わりやすい春シーズン、玄関に「ALL STAR 100 GORE-TEX HI」があってくれる頼もしさは、きっとハンパじゃないですよ。

ALL STAR 100 GORE-TEX HI[コンバース オフィシャルオンラインストア]

あわせて読みたい:

Ranking