田口 モトキ

ひつじが1匹、ひつじが2匹……。

眠れない夜のおまじないとして、昔からベッドで思い浮かべられてきた「ひつじ」は、眠りを象徴する存在です。

しかし時代は令和。目や耳から入ってくる情報量はすさまじく、ひつじをただ数えるだけでは、リラックスして入眠するのも難しくなりました……。

そんな眠れない夜が続く現代人に寄り添うため、ひつじがゲームアプリへと姿を変えたと知ったら、いますぐ会ってみたくなりません?

眠れない夜のおともに

よひつじの森」は、“スマホから離れて自分だけの静かな夜を過ごすこと”をテーマに開発された、睡眠習慣記憶用のiOS向けアプリ

AR(拡張現実)を活用したコンテンツを生み出すENDROLLと集英社が共同で開発・運営するこのアプリは、ナビゲーターであるひつじの「ヨル」と共にゲーム内の日々を過ごすなかで、心地よい入眠をたすける音楽や現実のプレイヤーの睡眠記録などを獲得し、現実の「眠り」を充実させることを目的とします。

ゲームを遊ぶことで物語が進行する一般的なゲームと違い、プレイヤーが実際に「眠る」ことで物語や機能が解放されていくというユニークなコンセプトは、夜更かしに慣れきった私のような人間にはどこか眩しく映りますね。

キャラクターやUIといったゲームデザインも可愛らしく、見ているだけで心がほぐれていくな……。

「よひつじの森」の楽しみかた

楽しみかた1:ひつじを増やす

プレイヤーが実際の睡眠習慣を記録することで、起床するごとに可愛らしいひつじがアプリ内の牧場に誕生。その牧場に訪れると、今までの睡眠記録をひつじたちが教えてくれるようです。

楽しみかた2:音楽を集める

寝る前にスマホをさわらない習慣を続けることで、アプリ内で新しい音楽を獲得できます。焚き火の音に耳を傾けるうちに、穏やかな眠りに落ちていけそうだ……。

楽しみかた3:眠るごとに、物語が紡がれる

毎夜、現実のプレイヤーが眠ることで新たなストーリーが解放されていきます。物語に隠された秘密を解き明かすには、良質な睡眠習慣を続けるしかないようなので、スマホから手を放してベッドにもぐりこみましょう。

無料トライアルもあるよ

可愛らしいキャラクターたちと共に、眠ることで物語を進めていく「よひつじの森」は、サブスクリプション形式で現在配信中

利用料金は1ヶ月プラン480円、3ヶ月プラン980円、12ヶ月プラン3000円。3ヶ月プランには14日間の無料トライアルが付属するので、気になる人はまず試してみるのをオススメします。

睡眠にまつわる課題を楽しみながら解決していけそうなこのアプリで、春眠をより深いものにしてみませんか。

『よひつじの森』のダウンロードはこちらから

推奨環境:推奨環境:iPhone 8 Plus以上、iOS15以上、3GBメモリ以上

公式サイト:https://yohitsuji.com
公式LINE: https://lin.ee/4fZ3aXa
公式Twitter: https://twitter.com/ENDROLL_KK
公式Discordコミュニティ「ヨルトコロ」:https://discord.gg/B8q5YTj9ZW

あわせて読みたい:

ROOMIE編集部所属。成長や洗練から逆行するかのような快感を求めています。

special

夏の寝苦しい夜をはじめ「眠り」に振り回されることって、結構ありがちです。特に寝不足は、毎日の暮らしのすべての楽しみを奪うと言っても過言ではありません。そこで本特集では、睡眠のストレスを解消するプロダクトやヒントになるコンテンツを随時発信します。「たのしい眠り」を実践して乗り切りましょう!

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking