浅田 よわ美

浅田 よわ美

5

在宅ワークで集中して、ふと息抜きしたくなったとき。

いつもより早くお風呂に入って、「このまま寝てもいいけれど、何か楽しみたい」という夜。

とっても手軽に“セルフメンテナンス”を楽しめるアイテムに、無印良品で出会ってしまいました。

手のひらサイズのかわいいお香

無印良品「お香」各390円(税込)

それがこの、「お香」。

12本入りのスティックタイプで、店頭でひっそり佇む姿に惹かれ思わず手に取りました。

わたしは昔から香りモノに弱くて。部屋に焚くアロマや、お風呂で使うアロマスプレー、精油入りのシャンプー、手首につけたらやさしく香るコロン……。

とにかく常に癒されていたくて(笑)、「いい香り!」と思うもので日々を埋めつくしたいと考えているのですが、今までお香を試したことはなかったなと。

ひとつ390円と価格まで控えめなので、迷わずゲット。

全7種のうち、Amazonでも買える緑茶の香りゆずの香り金木犀の香りの3つを家に迎えました。

そのままでもいい香り

小さなお香の封を開けると、あることに気づきます。

そう、火をつける前から、とってもいい香りがするんです

鼻を近づけると、緑茶からは、心落ち着く“まさに緑茶”の香りが。

お茶を点ててもらった、あの瞬間のようにしっかり香ります。

金木犀は、華やかで上品な香りが鼻孔を幸せに刺激します。

ゆずは柑橘独特の爽快な香り。そのものの香りすぎて、ちょっとお腹が空く(笑)。

火をつけなくても楽しめるので、デスクなどに置いておけば気分転換できそう。

それぞれ、パッケージに書かれたそのものの香りがして大満足でした!

癒しの10分間

使い方は簡単です。

そのときの気分に合わせてお香を選んだら、火を灯します。

燃焼しはじめたら、フッと息をふきかけ火を消しましょう。

あとは香皿や香立てにさしておけばOKです。

燃焼時間は1本あたり10分ほど。

火を灯すと、先ほどまでの香りとはまた印象が変わるのがおもしろい〜。

仕事中やリラックスタイムに

火をつける前から想像以上にしっかり香って、華やかな印象を受けます。

仕事の合間など、時短でスッキリしたいときにピッタリ。

火をつけたあとは香ばしいような、ほんのり甘いような。お香独特の香りにそれぞれの個性が絡んで、主張はないものの、ずっと香っていたい感じ。

お風呂上がりや眠る前など、フッと余裕が生まれた瞬間に、気軽に癒しのひとときを楽しめます。

手のひらサイズでかわいらしい、無印良品の「お香」。

香りに癒されたいと試してみたら、色合いや火が灯る様子、煙の動きなど、視覚的にも楽しめました。

興味が湧いた方はぜひ、セルフメンテナンスを試してみてはいかがでしょうか。

お香[無印良品]

あわせて読みたい:

浅田 よわ美

奈良出身のライター。海が好きで、海が青くなるから夏も好きです。どこに住むのか、どう働くのか、人それぞれの個性に合った「らしい暮らし」を探ることに興味があります。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking