ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

1

コスメ/スキンケアマイスターの資格を持つモデル・ゆりっぱこと菅沼ゆりさんが、読者の方のコスメ・スキンケアにまつわるお悩みを一緒に考えたり、おすすめのアイテムを紹介したりする連載「ROOMIEラボ・コスメ科 」。

第21回目の今回は、インスタグラムのアンケートで募集した、読者の相談を一緒に考えていきます!

菅沼ゆりさま

菅沼ゆり
“ゆりっぱ”の愛称で親しまれ同世代の女子から絶大な支持を集める。SNS発信は高い影響力を持ち、コスメ/スキンケアマイスターの資格を取得するなど、美容の知識も豊富。
最近ではイベントMCやアパレルやアクセサリーのプロデュースなどマルチに活躍している。Zoff、CA4LAなどコラボ実績多数。

Youtube
Instagram

相談内容:
日々の美容において、具体的にどんなことをしたら良いか分かりません。ゆりっぱさんが続けてる美容法ってありますか? 教えて下さい。

今回は、MY美容ルーティーンを紹介するよ!

①水分は多めに摂る

水分は1日2リットルを目安に多めに摂ってる。

飲むものは水か、砂糖の入っていない紅茶など。できる限り、水分補給の中で糖分を摂らないようにしてるよ。

水が1番好きな飲み物っていうのもあるけど、間食もしてるので、その分飲み物で糖分を摂らないようにしてます。ジュースは本当にたまに飲む程度かも。

お水が飽きたら味変として、レモン水もおすすめ。

レモンを輪切りにして、半分を500mlの水に浸けて、少し時間を置いたら出来上がり! レモンに含まれるカリウムはむくみ解消の効果が期待できそう。フレッシュなビタミンCも摂れてなんだか元気が出る。

お酒を飲みすぎてしまった日は、レモン水を飲むとむくみづらい気がしてる……。(笑)

ミントを足すとスッキリ感が増していいかも。ただ、ミントってスーパーで買ってもすぐしなしなになっちゃって短期間で使い切らなきゃいけないから、個人的にはちょっとコスパが悪い気もしてます。

②お風呂に毎日浸かる

体を温めるのはもちろん、血液の循環を良くするデトックスタイムとしても重宝してる。毛穴も開いて、全身の汚れが落ちていく感覚。

長時間浸かるというよりは、10〜20分程度

携帯持っていってお笑い見ながら、友達のYouTube見ながら……。見終わる頃にはじんわり汗をかいているので、身体を洗い、また同じ時間浸かる、の繰り返し。

芯まであったまったらお風呂を出る! 相当疲れた日以外は、シャワーだけで終わらせることはないかな。

このデトックスタイムのおかげで、肌のコンディションが保たれている可能性もアリますね◎。

③漢方とサプリメントを取り入れる

最近は、頭痛とか生理痛を頭痛薬や鎮痛剤で止めるというより、漢方に頼ったりしています。

今回は、実際に使っていておすすめしたいものを紹介するよ!

「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」

「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」は、血行を良くする効果があるそうなので、むくみの防止や頭重、月経痛、腰痛などにも効果が期待できるそう。(クラシエ公式サイトより一部引用)

生理痛って身体の冷えが原因だったりすることも多いそうなので、当帰芍薬散にはかなり助けられてます!

亜鉛・ビタミンC

ジムの先生に教えてもらったんだけど、ネガティヴ発言が増えてきたり、なんだか気分が落ちてるときは亜鉛が足りていないこともあるらしく、1日1粒服用してます。

ビタミンCは肌を健康に保つために飲んでるよ。

「葛根湯(かっこんとう)」

漢方って独特の味すがるからめっちゃ好き! というわけではないけど、この葛根湯にビタミンCが配合されてる漢方は、とっても好きな味!(笑)

葛根湯は、風邪のひき始めや、喉が痛くなったかもって時に飲みます。

これらのものを全て毎日飲むというわけではなく、その日の気分と体調に合わせてセレクトしているよ。メンタルヘルスは肌にも直結してくるので、まだまだ自分でバランスが完璧にとれる日なんて少ないけど、頑張っております!

今回はこんな感じです♡

特に漢方はおすすめだから、気になったらぜひ手に取ってほしいよ!

あわせて読みたい:

ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking