33

以前、わたしたち夫婦の「休日バンライフ」についてご紹介させていただきました。

今回は私たちがどうしてわざわざ、バンをDIYしてまで「休日バンライフ」をスタートしたのか。

そのきっかけや車内での実際の過ごし方などをお伝えできればと思います!

バンライフに興味がある方の参考になれば幸いです。

ずっと「キャンピングカー」が欲しかった!

ボンゴブローニイ

マツダ 「ボンゴブローニイ」

キャンピングカーに乗って夫婦で日本中を旅してみたい! そんなふうに思っていた私たち。

しかし、キャンピングカーはある程度の大きさと装備を兼ね備えたものだと500万円以上しますし、手頃な軽キャンピングカーでも300万円前後……。

生活のための車も必要な場所に住んでいることから、キャンピングカーを購入すると車を2台持ちすることになってしまう。

維持費のことも考え、いますぐにキャンピングカーを購入するのは難しいという結論に至りました。

夫婦の間で、いまよりも少し生活がゆるやかになる60代までに貯金をし、60代以降でキャンピングカーを購入しようという話になっていたんです。

雑誌が決め手に!人生初めてのDIY

バンライフ

あるとき筆者が雑誌を眺めていると、バンをバンライフ仕様にDIYカスタマイズしバンライフを楽しんでいるご夫婦を発見!

車内に木製のベッドや簡易キッチンを設置していて、それはもう「キャンピングカー」といって過言ではないほどの仕上がり。

そのご夫婦はフリーランスで仕事をしながら、サーフィンをしたいと思う場所で寝泊まりし、仕事と趣味を見事に両立している様子でした。

バン車内の様子やライフスタイルの自由さ、ご夫婦のアクティブさにとても惹かれたのをよく覚えています。

バンライフ

バンは普段の生活でも使えるし、これなら予算内で可能かもしれない……!

すぐに夫に雑誌をみせながら「できそう?(作れそう?)」と聞いてみると「多分できると思う」とのこと。

といっても、旦那はDIY未経験者だったのですが……。

普段からフットワークが軽く、やると決まったらすぐ行動!な私たち夫婦。

さっそくベースになる車を探し始め、いつもお世話になっている中古販売店にてついに良き出会いが。

40万円弱で「ボンゴブローニイ」を購入したんです。

追加で手を加えながら…

バンライフ

DIY自体は夫が担当。

動画や写真をたくさん見て車内DIYのための作業工程を学び、工具をそろえるところからスタートしました。

カーブのある車体に平面の板を取り付けていく作業が、1番難しかったようです。

実は車内中央にあるベンチチェストやベッド脇の折りたたみテーブルまで完成したのは、作業スタートから1年半近く経ってから。

一度完成して「休日バンライフ」と称して車中泊旅を楽しみながら、足りないと思った部分を少しづつ追加していきました。

サーモス 真空断熱カップ 280ml 955円(税込)

お気に入りのサーモスのカップで温かいドリンクを飲んだり、料理や食事を楽しんだり、パソコン作業をしたり……。

さまざまな場面で、あとから追加して作った折りたたみテーブルやベンチチェストが役立っています。

(写真中央)ニトリ「ドリップカップ シルバー(350ml)」1,314円(税込)

ベンチチェストは収納、ベンチ、テーブルと、1台3役の優れもの。

私はこの上で車中飯を作ったり、パソコン作業をしたりしています。

夫は床に座ってここでコーヒーをいれるのが大好きなようです。

手動のミルやニトリでみつけた小さめサイズのドリップカップは、車内で使用するために新たに購入したアイテム!

窓の外に広がる景色を眺めながらゆっくりコーヒーを味わう――。

バンをDIYカスタマイズしたことで、そんな贅沢な時間を過ごすことができています。

予定より早まった夫婦の旅

バンライフ

商用バンをDIYして手に入れた、自作のキャンピングカー。

予定より早くキャンピングカーに乗って旅ができるようになり、充実した週末を過ごせるようになりました。

これからもこのバンを大切に乗って、「休日バンライフ」を長く楽しんでいきたいと思っています。

マツダ「ボンゴブルー二イ」

あわせて読みたい:

Ranking