Sponsored By 帝人株式会社

健康と美容のために、見直したいのが生活習慣。「バランスのとれた食事と適度な運動、じゅうぶんな睡眠」が理想的なことはわかってはいるけれど、忙しいとついおろそかにしてしまうのも、この3つだったりします。

ですが、生活習慣の見直しについて「何から始めればいいかわからない」「続かない」と言った声を耳にするのも事実。食事と運動と睡眠、この3つを一気に変えることが難しければ、いちばん手軽にできることから始めてみましょう!

「スーパーな栄養」がたくさんつまってる

そこで、今回紹介したいのが、編集部内でちょっとしたブームになっている「スーパー大麦 バーリーマックス®️」(以下、スーパー大麦)。とにかく食べることが好きで、食べることを大切にしている編集部が、試してすぐにハマってしまいました。

健康習慣を続けるには、ちょっとした“がんばり”が必要というイメージがあります。しかし、「今日から毎日がんばろう!」と意気込むことが、かえって継続を遠ざけてしまうこともあります。

しかし、この「スーパー大麦」となると話は別。がんばらなくても続けたくなる(実際、本当に続いています!)、そんな「スーパー大麦」の魅力をまとめました。

大麦をしのぐ、食物繊維の量と質がすごい!

「スーパー大麦」とは、CSIRO(オーストラリア連邦科学産業研究機構)が開発した高機能性大麦のこと。すでに「大麦」の良さなら知っているという人は多いかもしれませんが、スーパー大麦を“スーパー”と言わしめる理由は、大麦をしのぐ高い栄養価にあります。


バーリーマックスともち麦:日本食品分析センターによる分析値
その他:文部科学省 日本食品標準成分表2020年版(八訂)参照

たとえば、食物繊維の量は、一般の大麦(押麦)の2倍以上、玄米の7倍。他の穀物と比べても圧倒的に多いのです。

食物繊維には2種類あり、善玉菌と相性の良い水溶性食物繊維と、スッキリとした毎日をサポートする不溶性食物繊維の両方を摂ることが大切ですが、スーパー大麦には水溶性と不溶性の食物繊維、さらに詳しく言うと「β-グルカン」「レジスタントスターチ」「フルクタン」といった食物繊維や成分がバランスよく含まれています。

おもしろいのが、この「レジスタントスターチ」という難消化性でん粉。「冷ましたごはんに多く含まれ、分解・吸収されづらいためダイエット時にも適している」などの情報を耳にしたことがあるかもしれません。

糖質であるにも関わらず、水溶性と不溶性、両方の食物繊維の機能を兼ね備え、高い有用性があることでも知られています。また消化されにくいので、直腸の奥まで届いて、その役割を果たします

栄養素が豊富。女性に不足しがちな鉄も


バーリーマックス:日本食品分析センターによる分析値
バーリーマックス以外:日本食品標準成分表2020年版(八訂)参照

スーパー大麦のもうひとつの魅力は「栄養素が豊富なこと」。

女性に不足しがちな鉄は、他の穀物と比べるとその差は歴然。亜鉛やマグネシウムといったミネラルや、ビオチン、ナイアシン、ビタミンB6などのビタミンB群がたっぷり含まれていることも、スーパー大麦のすごいところです。

玄米やもち麦よりも糖質が吸収されにくい「低GI食品」

さらにうれしいのが、スーパー大麦は糖質が吸収されにくい「低GI食品」であるということ。「GI」は食後血糖値の上昇度を示す数値で、55以下の食品が「低GI食品」と位置づけられます。

ブドウ糖を100としたとき、白米80、玄米55、もち麦38.6。そしてスーパー大麦は24で、低GI食品として知られる玄米やもち麦と比べても、スーパー大麦のGI値は大幅に低いことがわかります。

アレンジ自在。少量でいいからコスパもいい

スーパー大麦の魅力は、栄養価だけではありません。特筆すべきは、そのおいしさ。他の麦では味わえないプチプチした食感とほのかな甘さ、香りはやみつきになるほどです。

スープやサラダにプラスしたり、広い料理にアレンジしたりできるので、料理の楽しみも広がります。食感を生かして、ひき肉の代わりに使えるというのもヘルシー志向の女性にはうれしいアイデアですね。

編集部で一番人気なのは、やっぱり手軽な「スーパー大麦入りごはん」。これを食べるようになってから、「ただの白いごはんでは満足できなくなってしまった」「プチプチ入れて、と家族からリクエストされる」と、 編集部員だけでなくその家族までもがスーパー大麦のファンに。

スーパー大麦の量は好みで調節できますが、基本の炊き方はお米1合を研ぎ、いつもと同じ水加減にしたら、スーパー大麦を大さじ1杯(約12g)と水20mlを入れ、軽くかき混ぜていつも通りに炊くだけ。簡単です。

スーパー大麦は浸水の必要がないので、炊飯前にさっと入れて炊けばOK。「早めに洗っておかなきゃいけなかったのに、忘れてた!」という失敗もありません。冷めてもおいしく腹持ちもいいので、おにぎりやお弁当にも便利。炊いて冷凍庫にストックしておけば、解凍しても風味は損なわれずおいしくいただけます。

スーパー大麦のレシピは、こちらに紹介されていますのでぜひ見てみてくださいね。あれもこれも試したくなるものばかりです。

「おいしくないけど、栄養が豊富だからがんばって食べる」というのでは続きません。さらに、習慣化するのに大切になるのがコスパの良さ

スーパー大麦の1日の推奨量大さじ1杯(約12g)は約30〜40円(※1)で、約2.8gの食物繊維量が摂れます。同じ量を「レタス」で摂ろうとすると約250g(約4/5個)(※2)が必要となり、調理の手間もコストもかかります。スーパー大麦はコスパが良いうえに、ビタミン・ミネラルが摂れて、調理も手軽。ここにも続けやすさの理由がありました。

※1:2022年2月21日現在の価格
※2:日本食品標準成分表2020年版(八訂)参照、レタス可食部100gあたりの食物繊維総量は1.1g

スーパー大麦で、続けたくなる健康習慣を

もともと「食」には関心が高かった編集部。じつは「スーパー大麦ブーム」のきっかけは、ここ数年よく取り上げられる「糖質制限」にありました。

もちろん糖質制限も注目したい食事法のひとつではあるのですが、忙しくてもおいしいものを食べたい。でも、糖質をがまんするということが続き、そのことがかえってストレスに。

そこでたどり着いたのが「おいしく食べよう。ただし、体にいいものを取り入れながら」という考え方でした。

食物繊維が豊富でビタミンB6や鉄といったビタミン・ミネラルも摂れ、低GI食品。手軽に取り入れられて、アレンジの幅も広く、コスパもいい。そして何よりおいしい……。何拍子も揃っていて、好きなものを食べるという後ろめたさをなくしてくれたのも「スーパー大麦」です。

知れば知るほど、スーパー大麦の魅力に夢中になり、気がつけばなんだか健康も美容もいい感じ。こうなると、自分の健康に自信が持てるようになって、睡眠や運動のことにも取り組んでみたいと前向きになれそうです。

ここまで「スーパー大麦」と略してきましたが、正式名称は「スーパー大麦 バーリーマックス®️」。楽しみながら健康習慣を続けたい人、そして、おいしいもの、食べることが好きな人には、ぜひ覚えてほしい名前です。

監修/管理栄養士・芳賀圭美
テキスト/大森りえ

Ranking