新しいアイテムが気になりはじめるこの季節。

今回は、ROOMIEライターが3月に買ってよかった「料理の効率が爆上がりする救世主アイテム」をご紹介します。

そういえば、これ買い替えようと思っていたんだ!となるような日常使いのアイテムが盛り沢山!ぜひチェックしてみてくださいね〜!

ニトリのバターケース

ニトリ 「カットできちゃうバターケース」 1,017円(税込)

ついに導入したバターケース。悩んだ末に僕が選んだのは、ニトリの「カットできちゃうバターケース」でした。

フタを開くとワイヤーが張ってあります。普通のバターケースとの決定的な違いはこちら。

バターを乗せて、フタを被せてから押すとキレイにバターがカットされる仕組みになっているわけです。

まずは冷蔵庫からバターを取り出し、ワイヤーの上に乗せましょう。

ただ、バターが固い状態で無理やりカットしようとするとワイヤーが切れてしまうため、30分から1時間ほど常温で放置すると◎です。

準備ができたら両手で、全体に力がかかるように押していきます。

キレイにカットできました。ストンと落ちて気持ちいい〜!

誰がやっても絶対に失敗しませんし、カットした後はフタを閉じてそのまま冷蔵庫に保管できる点も楽ちんです。

バターを約5gに切り分けられるため、計量が必要なときにも助かります。パンに塗るときは、ひと切れでピッタリ使い切れるくらいでした。

詳しくはこちらから↓

イケアのシリコンバッグ

イケア「FILFISK フィルフィスク」 1,499円(税込)

クリアなビビッドカラーが目に入り、ついつい手に取ったイケアのシリコンバッグ。後から知ったのですが昨年の秋に新発売されたものだそう。

サイズは1L、1.2L、2.5Lの3種類で、カラーはホワイト、ピンク、ブルーの3色展開です。

食べ物に使うことができ、電子レンジ、食洗機、冷凍もOK。オーブンだけはNGなので注意が必要です。

このスライド式のパッキンをすれば、逆さにしても水が漏れない密閉力を発揮します。

80度以下のお湯であれば湯せんにも対応。

冷凍野菜の解凍や、湯煎で蒸し野菜にしたり、お肉や野菜の漬け込みにも使えます。

このように封を切った後のスナック菓子の保存や……。

こんな感じでアイシングバッグにも。シリコンバッグ単体で自立するので、おでこに乗せやすいのが意外な利点でした。

衣類やタオルも入れられ、旅行やプール用の小物入れにも使えますね。水着などの濡れたものを入れるのにも便利そうです。

詳しくはこちらから↓

マーナの計量カップ

マーナ「目盛りが見やすい計量カップ 500ml」 1,078円(税込)

こちらはマーナの「目盛りが見やすい計量カップ」

200mlと500mlがありますが、お鍋やスープなどでたくさんの量を計りたいので、500mlの方を選びました。持ってみると、意外と軽く手に馴染みます

目盛りの数値が大きめなので、パッと見ただけで、100ml、200ml、500mlのラインがわかります。

200mlを計ったところ

そのうえボーダーのラインがぐるりと一周回っているので、キリがいい数値なら目盛りが見えなくても計ることができるんです。

注ぎ口の先端がやや薄くなっているのもポイント。

この構造のおかげで、注ぎやすく液だれしにくくなっています。

また、逆さまに置いたときに注ぎ口が下につきません。衛生的にも安心ですし、何より乾きやすくてありがたい!

食洗機OKなこちら。内側に角がないため、手で洗うときも洗いやすいですよ。

詳しくはこちらから↓

あわせて読みたい:

Ranking