こちらは、ルーミーが所属する(株)メディアジーンのコマースチームが編集・執筆した別企画の記事です。

車のワックスがけは、かなり大変です。

というわけで、耐久力があるコーティングの施工も捨てがたいところ。…なんですけど、ワックスを掛けてすぐのツヤピカでしっとりしたボディを見てしまうと、やっぱりワックスだな、なんて思ってしまうんですよね。

髙儀(Takagi)の「電動ポリッシャー EARTH MAN EP-300A」は、重労働だけど喜びのあるワックスがけを楽にしてくれる、DIY用の電動ポリッシャー。

ワックス愛用者なら、持っておいて損はない品ですよ。

ワックスの深いツヤを手軽に

電動のメリットは、何と言っても楽に作業できるところです。

若干の振動を発生しながら回転するポリッシャーは、見た目よりは疲れるものですが、それでも手で作業するよりも手早く磨き上げることができます。

疲れが出てくる作業後半になるほど、真価を発揮してくれるというイメージですね。

5,000円を切る価格(執筆時点)で購入できるEARTH MAN EP-300A」は、業務用マシンと比べればパワーがやや見劣りします。それでも、十分に作業性を高めてくれるのは間違いないところ。

逆にパワーがありすぎると、軽量化のために塗膜を極限まで薄くしている最近の車では、エッジ部分などの塗装を剥いでしまう恐れもあります。

つまり、慣れない一般ユーザーが使っても安心なんですね。

仕上がりにも文句なし

仕上がりは、ご覧のとおり。

ワックスがけ、拭き上げ、ツヤ出しの計3回ボディ全体を磨き上げるので、作業時間に関しては手磨きと大差ありません。

とはいえ、時短よりも労力の削減に関してメリットが大きいですし、拭きムラが残りにくいので仕上がりのクオリティも良くなります。

コスパも高いし、気になる人はとりあえず買って試してみていただければ。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

髙儀(Takagi)「電動ポリッシャー EARTH MAN EP-300A」[Amazon][楽天市場]

Photographed by Hirokazu Tanaka

あわせて読みたい:

Ranking