7

先日、我が家の洗濯機の様子が急におかしくなり、うまく脱水できなくなってしまいました。

購入して2年も経ってないのに洗濯機が故障したら、家計に大ダメージが……などとヒヤヒヤしましたが、あるアイテムのおかげで解決できました!

詰まりをごっそり取ってくれた救世主!

コジット 「汚れスッキリパイプ職人スリムブラシ Wブラシ」 526円(税込)

それが、コジットの「汚れスッキリパイプ職人スリムブラシ」という掃除用具です。

名前からして、しっかりキレイにしてくれそうなアイテムですよね。

ちなみに、洗濯機がどういう状態だったかというと……。

洗濯が終わったはずなのに乾燥がスタートしない状態となり、その後ビープ音と共にディスプレーに「U11」という表示が出るようになりました。

どうやら「U11」というのは排水できない場合に出る表示のようでした。

ただ、洗濯機の排水フィルターは頻繁ではないにしても掃除はしてるつもりで、現にそこまで汚れてないし……。

そこでネットで色々と調べてみると、排水フィルターの奥や排水ホース付近にゴミが詰まって、排水できなくなることがあるとのこと。

フィルターがあっても、そこを通り抜けた小さなゴミがその先で詰まってしまうことがあるんですね。

しかし、取り除けば直ることもあると書いてあったため、早速掃除に取り掛かりました。

ゴミがごっそり取れた

排水ホースを外して、手や使い古した歯ブラシ、ハンガーを加工したお手製アイテムなどで掃除してみましたが、状況は改善せず。

ゴミがごっそり取れた様子はさすがにお見せできませんでした。

そこで急遽購入したこのブラシで排水の通り道を数箇所ゴシゴシすると、ゴミがごっそりと取れて無事に洗濯機が使えるようになったんです!

細い針金にブラシが2段で付いている形状なので、洗濯機内の細い排水路の中のゴミを掻き出せたのがよかったのだと思います。

洗濯機の買い替えや修理にはお金が掛かりますが、このブラシは数百円で購入できるので本当に助かりました。

残念なところ:S字の先までは入っていかない

今回は無事に詰まりが取れ、このブラシには心の底から感謝しています。

しかし、針金部分はそこそこ硬さがあり、グネグネしたパイプの曲がった先まで入っていかないようです。

いわゆる排水トラップに溜まった髪の毛などを取るのには向いているようですが、その先で汚れが詰まっているような場合には使えなさそうです。

シンクやお風呂、洗面台の掃除にも使える

今回は洗濯機に使いましたが、このアイテムは元々シンクやお風呂、洗面台の排水管向けのアイテムとして売られているため、これらの場所の掃除にも使えます。

普段の掃除だと手が届く範囲しか掃除ができないので、たまにこのブラシを使って奥にある髪の毛やアカを取ってあげると、気持ちがよいですね。

洗濯機の乾燥機部分に詰まったホコリ取りにも有効

今回の我が家の洗濯機のトラブルは排水側の詰まりによるトラブルでしたが、乾燥機部分で埃が詰まったときの対処アイテムとしても使えます。

洗濯機の乾燥機能を使っている方は分かると思いますが、乾燥後にフィルターを見ると、毎回ビックリするくらい埃が溜まっていますよね。

もちろんその埃は毎回捨てるのですが、ずっと使っているとフィルターに来る前の通り道部分に埃が溜まって詰まることがあるそう。そんなときにもバッチリ活躍してくれそうです。

価格も高いものではないので、特にドラム式の洗濯機を使用している方は、もしものときに備えて常備しておくことを強くおすすめします!

あわせて読みたい:

Ranking