32

一昨年からインドアグリーンを育て始めました。

室内で育てる植物は人気があり、1万を超える種類があるそうです。

私の目標は、インドアグリーンで盆栽を作ること。

写真のようなゴムの木の仲間を中心に、育てていますが、簡単そうでこれがなかなか難しい!

IKEAのミニ温室、SOCKER

IKEA(イケア) SOCKER ソッケル1,999円(税込)

ということで、IKEAで見つけた”小さな温室”を導入しました。

サイズは幅45cm、奥行き、22cm高さ35cm、素材は金属製のフレームにアクリルガラス。

IKEAの家具なので、自分で組み立てます。

参考までに、私が組み立てにかかった時間は12分でした。

温室により、種の発芽や、植物の生育に適した環境を作ってあげましょう。

温室の空気を入れ替えたり、温度を下げたいときは、屋根を半開きにしたまま固定することができます。

植物の移動が減りました

実際に使ってみると、この開閉式の屋根には、機密性はあまり期待できません。

ですが、室内温室なので隙間があっても問題ないでしょう。

高さはもう少しあると良かったなぁ〜という印象。

私が育てている「フィカス」という品種は、ざっくり言うとゴムの木の仲間です。

寒さには弱く7度ぐらいまでしか耐えられません、冬の朝は耐寒温度ギリギリ。

特に窓の近く、床面の近くはよく冷えます。

しかし、日中の日当たりが良いのはそんな場所。

昼と夜とで行き場所を変えていましたが、温室に入れれば解決します。

また、中の湿度をある程度一定に保つこともできますよ。

室内温室は人のためにあるのかも

温室は、中の植物だけでなく、外側で暮らしている私にもメリットがあります。

ゴムの木の仲間が好む高温多湿な環境は、私にはキビシイ環境です。

温室に入れることで、気兼ねなくエアコンが使えます。

インドアグリーンで気になるニオイや虫は、多くの場合はコンポスト(培養土)が原因。

植え替える際には、匂いや虫が発生しないように気をつけるのですが、購入したての木は、植え替えの適期まではどうすることもできません。

そんな時にも温室に入れることで、快適に暮らすことができます。

住環境に樹木を取り入れるのが、インドアグリーン。

しかし、私たちと植物では快適環境が異なります。

小さな温室をうまく使って、植物にも人にも快適なグリーンライフをおくってください。

IKEA(イケア)公式 SOCKER ソッケル

あわせて読みたい:

Ranking