5

もともと収納スペースが少ないので気をつけてはいるのですが、入居時から比べると確実に増えていくモノたち。

りんご箱があると、玄関やベランダのデッドスペースが収納スペースとして活用できますよ。

ざっくり仕上げのりんご箱

荒仕上げ木箱 AB20KT(取手付き) 2,090円(税込)

わが家で愛用しているのが、こちらの荒仕上げ木箱

赤松無垢材を使用した、りんご出荷用の素朴な造りの木の箱です。

サイズは、幅約30cm×奥行き64cm×高さ31cm。

持ち運びもしやすい取っ手付きです。

荒仕上げの名前が示すように、表面の仕上げなどもしないまま、釘で打ち付けて箱にしています。

中古のりんご箱のようなアンティークな風合いはありませんが、まっさらな木の雰囲気はインテリアを問わずなじんでくれるはず。

玄関やベランダなら問題なし

販売サイトには、木くずやささくれ、割れ、隙間に注意するよう記載があるので、届くまでは少し心配でした。

届いてみると、想像していたよりもちゃんとしている印象。

とはいえ、記載にあるようなささくれなども所々あるので、そのまま室内で使用するのは避けた方が無難。

黒ずみのようなものも見られます。

でも玄関やベランダなど半分外のような場所で使用するなら、全く問題なし。

わが家は小さい子どもがいることもあり、軽くやすりをかけてから使用しています。

もし室内で使用したい場合は、念入りにやすりをかけて、表面を塗装しておくと安心。

でもDIYがお好きな人でない限り、すべすべに仕上げるのはちょっと大変かも。

値は張りますが、カンナ仕上げでそのまま室内でも使用できるキレイめな木箱もありますよ。

並べて重ねて活躍中

玄関の棚の下に2つ並べて、一方は使用頻度の少ない登山靴やビーチサンダルなどをざっくりと収納。

天然の木を使用しているため通気性がいいのか、シューズの痛みもありません。

もう一方は、工具類やシューケア用品などを、こちらもざっくりと収納。

わが家の玄関&土間は構造上部屋から丸見えなので、同系色の布で目隠ししています。

ベランダでは2つを重ねて、焚き火グッズを収納。

スペースにまだ余裕があるので、ガーデニング用品を入れようかと思っています。

残念なところ:フタも欲しい

カンナ仕上げのきれいなタイプはフタも販売中なのですが、荒仕上げ木箱用のフタは作っていない様子。

フタができるとよりすっきり見えそうですし、荒仕上げのリーズナブルなフタがあれば欲しいな。

欲しいときに買い足せるのもグッド

中古のりんご箱も素敵ですが、複数必要な場合、同じような状態のものを探すのはちょっと大変。

新品ならそれほどの個体差はないので、既に持っているものと並べても違和感が出ません。

必要なときにポチッと追加で購入できるのも通販のメリットです。ぜひりんご箱を収納アイデアに取り入れてみてくださいね。

あわせて読みたい:

Ranking