こちらは、ルーミーが所属する(株)メディアジーンのコマースチームが編集・執筆した別企画の記事です。

豆腐が好きだから頻繁に食べます。ハンバーグにも水切りした豆腐を入れるのですが、筆者はこの水切りが下手で、食感がベチャベチャになりがち…。

なので、MARNA(マーナ)の「豆腐の水切り器K765W」を使ってみることにしました。

入れるだけで水切りできる

豆腐の水切り器K765W」の使い方は、とても簡単です。

小さなスノコのよう容器に豆腐を置き、押し板で圧を加えるだけでOK。

放置する時間は、料理によって変えると良いそうです。

販売ページの説明によると、冷奴なら5〜10分、炒め物は、木綿豆腐で10〜30分、絹豆腐で30分〜1時間が目安。揚げ出し豆腐のような揚げ物用なら1時間以上と書かれていました。

この写真は、絹豆腐を約5分放置して水切りしたところ。これだけでもかなり水分が抜けています。

大豆の風味が強く感じられておいしい!

余分な水分が抜けると、味わいが濃厚に。大豆の風味が強く感じられて、とてもおいしかったです。

それと、ひき肉に混ぜたり、白和にしたりしても、しゃばしゃばしないので扱いやすくなりますね。

豆腐以外にも

豆腐の水切りがしたくて手に入れたけれど、浅漬けの重石代わりや、オニオンスライスの水切りにも使えるみたい。

試しに、きゅうりの塩揉みを作って1日放置してみました。「豆腐の水切り器K765W」を使うと、きゅうりから出た水分で味がぼやけることもないので、よりおいしく仕上がりますよ。

豆腐の水切り器K765W」は、豆腐が好きな人にも、豆腐を好きになりたい人にもオススメのアイテム。豆腐以外にも使えるので、ひとつ持っていると料理の幅をグーンと広げてくれると思いますよ。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

MARNA(マーナ)「豆腐の水切り器K765W」[Amazon]

Photographed by Machiko nakagawa

Ranking