47

注意していても、ついつい増えてしまうのが、アウトドアの道具類!

できることなら、汎用性の高いモノを何通りにも使いこなしたいですね。

今回は、モンベルの小さなクーラーボックスを1年通して使っちゃう話です。

モンベルミニクーラーボックス 2.5L

mont-bell(モンベル) クーラーボックス 2.5L 2,310円(税込)

容量は2.5L、高さ8×幅21×奥行きは15cm。

カラーは、私が使っているイエローの他に、ネイビー、オレンジの3色があります。

350mL缶なら3本、500mLペットボトルなら2本が収納可能です。

素材は、表が210デニール・ダブルリップストップナイロン。

裏がアルミラミネートフィルム・PEスポンジ、これで重量は100g。

バッグの中に入れておけば、徒歩でも電車移動でも使えます。

水温1度のペットボトルを入れて室温35度の部屋に置く実験では、3時間後の水温は16度。

ソフト素材なので保冷性能には限界があります。

しかし、フタの裏側のメッシュポケットに保冷剤を入れると、4~5時間は快適な冷たさに保つことができるそう。

暑い季節のアウトドアではありがたいアイテムですが、寒い季節にもさまざまな使い方ができるんですよ。

弁当の保温ケースに

ウィークデイは、以前にROOMIEでも紹介した「メンパ」を使ってお弁当を自作しています。

メンパは適度に水分が抜けるため、ごはんがとっても美味しいんです。

冬は職場のスチールキャビネットやクルマの中に置いていると、ごはんが冷たくなっちゃって悲しい。

なので、クーラーボックスをお弁当ケースとして使って見ました。

温度を保つことができるので、ごはんにほんのりと暖かさが残ってなかなかいい感じです。

エコバッグと一緒に

使い方として1番オススメなのは、エコバッグと一緒に持ち歩くこと。

仕事帰りの買い物を一筆書きのように最短コースにすると、最初に寄るのが食品スーパーになります。

そんな時に、クーラーバッグを使えば、肉や魚を低温でキープできます。

焼き芋や温かいお惣菜を買った時も、頼りになりますよ。

いざという時に頼りになる

釣り用のクーラーボックスと言えば、車移動を前提にしたドーンと大きなイメージ。

仕事帰りにアジが釣れた時には、このクーラーボックスで十分です。

斜めに入れても25~26cmの魚が限界ですが、そんな大きなアジはなかなか釣れないのです。

釣った魚を持ち帰ることには賛否あると思いますが、その日に自分が食べる分はヨシとして、ありがたくいただいてます。

メンテナンスも上々です

内部はアルミラミネートフィルムなので、使っていてもあまり汚れません。

使用後は、手指消毒用のアルコール剤で内部を拭いています、もちろん、汚れや臭いが気になる時は、洗ってあげましょう。

ソフト素材の小型クーラーボックスなので、保冷性能には限界があります。

しかし、サイズと軽さを活かして、通年使えるクーラーボックスとして日常に取り入れて、ちょっとした快適とエコを。

平日はクルマのポケットが定位置に。

本格的な春が来たら、冷たい飲み物を持って、山や海に行きましょう。

モンベル クーラーボックス 2.5L

あわせて読みたい:

Ranking