10

小さいボトルって使い道あるのかな?

それが初めてこのボトルを見たときの印象。でも使い始めてみると、そんなマイナスイメージはどこかに消えてしまいました。

いまではオンのときもオフのときも持ち出すほどのお気に入りボトルなんです。

いいことずくめのチタン製

TITANO 「Micro Therma」 8,800円(税込)

片手で包み込めそうな、TITANOの「Micro Therma」はなんと高級な金属、高純度チタン製のミニボトル

容量は130mlとコーヒーのレギュラーカップ約1杯分ほど。もちろん二重構造なので保温力も備わっています。

ボトルと言えばステンレス製が主流ですけど、チタン製はステンレス製より優れているポイントが数多くあります。

・衝撃に強い
・非常に軽い
・錆びにくい
・抗菌性がある
etc.

これだけでもボトルとしてチタン製がいかに優れているかわかりますね。チタンは医療器具に使われることもある材質で、金属アレルギーも起こしにくいんだそうです。

そういえば若かりし頃に骨折したとき、チタン製のプレートを入れた記憶が蘇ってきました(笑)。

チタンは風味の変化を抑える効果もあります。酸化することで風味が変わってしまうようなお茶やコーヒーを入れておくのにも適していますよ。

お酒を入れることもできるので、キャンプのときにはウイスキーのミニボトル代わりに使うこともできそうです。ただ、衛生上、お酒を入れる場合は中身を入れた状態で長く放置せず、使用後はすぐに洗浄してくださいね。

コインケースのように持ち出せる

サイズが148㎜×46㎜というだけあって、小さなポーチはもちろんパンツのポケットにも、まるでコインケース感覚で収まります。

僕が持ち出して使ってるパターンは、コンビニのドリップコーヒーをMicro Thermaに移し替えて飲むという使い方。これがなかなか便利なんですよ。

紙コップだと数分で冷めちゃうけど、「Micro Therma」に移せば温かさもキープできるし、紙コップはコンビニのゴミ箱にポイすればいいので捨てる場所に困らなくて済みます。

ただ、あと50ml欲しい…

コンビニコーヒーを入れるのに便利なんですけど、実は130mlという容量だとレギュラーサイズでも全部は入りきらないんですよね。

あと50ml……。180mlあればなぁと、いつも移し替える度に思っちゃいます。一口飲んでから移せばいいだけなんで、それほど大きな問題ではありませんけどね。

デスクワークにも最適

職場やデスクワークのときも愛用してまして、マグカップ代わりに使ってます。

ミニマムサイズなので、デスク周りに置いても邪魔にならないですし、倒してしまって飲み物をぶちまけちゃう……なんて不安からも解消されました。

会議室への移動もポケットに入れて持ち歩けるし、思っていた以上に活躍してくれているんですよ~。

実はボトルの底にはラバーのクッションが装備されています。

このクッションがあるおかげで、滑りにくい+置いたときの音が静かなんです。細かい部分ではありますが、そんな機能性が快適なデスクワークの支えになっていることを静かにアピールしておきますね。

あわせて読みたい:

Ranking