8

足元が冷える時期には手放すことのできない暖かソックス。1度あの暖かさを経験すると、普通のソックスを履けなくなるんですよね~。

僕も数種類持ってるんですけど、今回とても気になるソックスが目にとまったので履き心地を試すことにしました。

毛布のようなくつ下

TNOC 「THE WARM SOCKS」 3,300円(税込)

そんな暖かソックスがコチラ。そのまんまのネーミング、TNOCの「THE WARM SOCKS」。

僕の大好きな北海道生まれというのもあって目にとまった訳なんですが、履いてみるとその暖かさはさすが寒冷地仕様だなと納得しました。

暖かさの秘訣は内側にあるモコモコの起毛素材

よく見る暖か系ソックスは厚手のパイル生地であることが多いんですけど、パイルを下地にして更に起毛素材を組み合わせる2重構造になっているんです。

それによって外気からの冷えをしっかり抑えてくれるんですね。商品説明では毛布でくるまれたような暖かさと例えられていますが、なるほどって感じ。

起毛素材にありがちなチクチク感もなく、履いた瞬間からほっこり暖かさを感じることができました。

踵がない理由

このソックスにははっきりとした踵部分がありません。なぜないのか履くまではわからなかったんですけど、踵がないことで足の大小に関係なくフィットさせることができる……、いわゆる包み込むことができるからあえて踵がないんじゃないかと。

踵が余ってしまうようなことがないので、密着効果が高まってより効果的に暖かくなってる気がします。

前後はタグを目印に判断できますよ。エゾシカと雪の結晶の刺繍がいかにも北海道らしくてとても気に入ってます。

ズレが気になるかも…

「THE WARM SOCKS」は全体的な締めつけ感が弱く感じます(個人差はあると思います)。

足のむくみを抑えてくれるのでいいポイントでもあるんですが、すぐにズレ落ちてくるのでそこが気になっちゃうかもしれません。

あと、起毛素材がゆえに汗を吸う効果は低いのかなと感じました。暖かさを優先したソックスなのでそこは目をつぶりましょう。

ONソックスがオススメ

個人的にオススメの履き方はONソックスです。

普通のソックスを履いて、更に「THE WARM SOCKS」を履く。このパターンだとズレ問題も汗問題も解消され、更に暖かさもアップと良いことずくめということを発見しました。

ただし、この履き方だとかなり生地が厚くなるので、靴を履いて出かけるときはオススメしません。家の中やオフィスなどの室内用として履くならアリかなと思います。

今回履いたのはアンクレットタイプですが、更に長めのハイソックスタイプも用意されています。親しい方へのギフトとしても喜ばれそうですよ。

あわせて読みたい:

Ranking