1

コスメ・スキンケアマイスターの資格を持つモデル・ゆりっぱこと菅沼ゆりさんが、読者の方のコスメ・スキンケアにまつわるお悩みを一緒に考えたり、おすすめのアイテムを紹介したりする連載「ROOMIEラボ・コスメ科 」。

第17回目の今回は、インスタグラムのアンケートで募集した、読者のお悩みを一緒に考えていきます!

菅沼ゆりさま

菅沼ゆり
“ゆりっぱ”の愛称で親しまれ同世代の女子から絶大な支持を集める。SNS発信は高い影響力を持ち、コスメ/スキンケアマイスターの資格を取得するなど、美容の知識も豊富。
最近ではイベントMCやアパレルやアクセサリーのプロデュースなどマルチに活躍している。Zoff、CA4LAなどコラボ実績多数。

Youtube
Instagram

まだまだ乾燥による肌荒れが気になる季節。花粉やマスクによる刺激で辛い思いをしている人も多いのでは?

今回は、みんな迷っているであろうこのお悩み。

お悩み内容:
美容液ってどんな成分が含まれてるものが良いでしょうか?

私は美容液を1つに絞らず、用途や期待したい効果に合わせて使い分けをお勧めします!

しかし、近年はどんっっっどんいろんなブランドがいろんな成分を研究していて、良い美容液がありすぎる……。自分でも追いきれていないのが現状です(笑)。

ということで、お肌のお悩み別でどんな成分が合っているのかをざっくり解説してみます! よく耳にする名前もあるかも。

お肌のハリ/キメ
コラーゲン、ヒアルロン酸、ビタミンC系、ペプチド

トーンアップ
ビタミンC、ビタミンC誘導体系

乾燥
セラミド、コラーゲン系

エイジング
レチノール(ビタミンA)系

赤み(肌荒れ)
グリチルリチン酸 等

などなど分かれてると思うのだけど、分かりやすいなと思った美容液が……、

Diorの「カプチュールユース」シリーズ

Image: DIOR公式サイトより引用

各々の効果に特化した美容液が7種類展開されています。

乾燥や敏感肌、ハリのなさなど、自分の持っている肌悩みやライフスタイルに併せてカスタマイズできるから分かりやすい!

他にも効果別でおすすめの美容液を紹介していくよ。

DEAR SISTERの「アンプルシリーズ」

DEAR SISTERはモデル・インフルエンサーの小室安未さんがディレクターを務めるスキンケアブランド。コスパ良く見た目もかわいいからお気に入り。

今回は、その中のアンプルシリーズをピックアップ!

ニキビ(肌荒れ)

VITA WHITENING AMPULE」は10種類以上の複合体ビタミンを50%配合した美容液。

肌にハリを与えながら、キメも整えてくれるんだとか。

ヒアルロン酸も配合されているので、保湿効果も期待できそう。

毛穴ケア

PORE TIGHTENING AMPULE」は、毛穴が気になる人に向けて作られた、天然由来の植物性エキスが配合された美容液。

ウィッチヘーゼルエキス、レモンバムイプ、レモングラス、アップルミントの葉エキスなど、肌をひきしめる成分が50%配合されているそうで、ひきしめ×潤いを求めている人にぜひおすすめしたい1品です。

乾燥

HYDRATING MOISTURE AMPULE」はその名の通り、保湿に特化した美容液。

人の肌に存在する保湿効果が高いアミノ酸を配合することで、肌に馴染みやすく、肌の角質層まで深く浸透してくれるんだとか。

ヒアルロン酸も2種類配合されています。

ハリ、キメ

LIFTING ENERGY AMPULE」は、肌にうるおいを与えつつ、フェイスラインづくりもサポートしてくれる頼もしいアンプル。

「ボトックス」と似たたんぱく質の構造を持ち、「ボトックスペプチド」とも呼ばれる「アセチルヘキサペプチド」という美容成分を配合。乾燥によるシワなどに効果があるとされているそう。

シワやたるみが気になる……という方に向いているのではないでしょうか!

周りからも人気! 自分も使ってよかった「megood beauty」

赤み(肌荒れ)

CICA BARRIER AMPULE」は、マスクによる摩擦や乾燥、紫外線、環境の変化など、さまざまな刺激を原因に起こる肌荒れを防いでくれる美容液。

ツボクサエキスとティーツリー葉油を組み合わせた「シカ」成分や、肌のバリア効果を高める3種類のセラミドを配合しています。

乾燥

BIO CELL POTION」は、敏感肌向けのエイジングケア美容液。

コラーゲンとペプチドを配合することで、透明感とハリを与えてくれるんだとか。

乾燥によるシワや肌のハリがなさが気になる方には特におすすめです。

自分にあった美容液は見つけよう!

自分のいま欲しい、なりたい肌を考えて、その対策をできる美容液成分が入ったアイテムを見つけてみてはいかがでしょうか!

それではまた再来週〜。

あわせて読みたい:

Ranking