21

ドライヤーの時間って、なんであんなに長く感じるんでしょうか。

お高めのドライヤーに買い換えてから少しは楽になったものの、それでも長い長い。「ドライヤー時間を1秒でも短く!」は、永遠の課題のよう。

これで本当にいけるの⁉

無印麻クロス 手に載せたところ

無印良品 「麻クロス ラインストライプ」 生成×黒 690円(税込)

そんなある日、いっしょに暮らす母が「これで髪を拭いてみて!」と、とても髪用の代物とは思えないほどにコンパクトに折りたたまれた1枚の布を差し出しました。

それが、無印良品でキッチンアイテムとして売られている「麻クロス」。

思いつきで、洗濯物の山の中にあった「麻クロス」で髪を拭いてみたところ、みるみるうちにクロスが水分を吸って、ドライヤーの時間もあっという間だったと言います。

それもそのはず。実は綿に比べて、4倍の吸水性を誇るとも言われる麻。

食器を拭くときにその吸水性の高さを感じていましたが、果たして髪に使ってみたときにどれくらいの違いが出るのだろうと試してみたところ……。

母の言う通り、劇的に早く乾くことがわかりました!

この“麻クロス”でなければならない理由

麻のバスタオルはすでにいろんなメーカーから販売されていますが、なぜこのフェイスタオルよりも小さい麻クロスを選んだのかというと……。

50cm×50cmのこのサイズ感と、部分づかいでの使用が一番使い勝手がいいと感じたから。

麻のバスタオルは、いかんせん高い

加えて、身体の部分に吸水性を求める必要がなさそうと考えたので、ドライヤー前のタオルドライのみの要員として、麻クロスを取り入れることに。

このサイズの麻クロスは、3種類展開。厚さや柄などで値段が変わりますが、どれでも大きく使用感が異なるわけではないので、ぜひお好みのモノを探してみてください。

この使い勝手の良さを待っていた!

とはいえ所詮は天然繊維。さすがにマイクロファイバータオルのような髪専用に作られたタオルには劣るだろうと高をくくっていたのですが……。

いままで試したタオルのどれよりも吸水性に優れていました。

そしてこの大きすぎないサイズ感! 乾かしやすい大きさなので、髪の束ごとに水気をとれます。

特に毛量の多い私にとっては、地肌に近い部分まで丁寧に乾かせるのがお気に入りポイント。

また、紐つきなので、乾かすのもラクチン。場所を取らずにすぐ乾いてくれますよ。

旅行や銭湯用にもいいかも!


こんなにコンパクトで、吸水性と速乾性に優れているということで、身軽で行きたい旅行やアウトドア、銭湯でも使いたいなと。

さすがに1枚で全身はちょっと心もとないですが、2枚もあれば十分そうです。

これが最適解かも

思わぬところに、髪を早く乾かすためのアイテムが潜んでいたとは……!

髪の痛みを軽減できるだけでなく、電気代の節約にもなりそうです。

ぜひ、無印良品の“キッチンコーナー”で探してみてくださいね~。

無印良品 「麻クロス ライン」

麻クロス ライン [無印良品]

あわせて読みたい:

Ranking