24

どんなにお気に入りの家具を揃えても、部屋が散らかっていたら魅力も半減してしまうもの。

とはいえいくら意識していたって、気づくと散らかってしまうのが人間の性。ロボット掃除機が「片付け」までしてくれるようになるまで、どんなに忙しくても(めんどくさくても)自分でやるしかない……。

それならせめて片付けが楽になる仕組みを取り入れたい!ということで、今回は“部屋づくりのプロ”である「みんなの部屋」出演者のみなさんの収納アイデアをご紹介。部屋が片付く運用でなるべく負担を少なく、快適な暮らしを手に入れましょう〜。

置きっぱなしにしてしまう場所を収納場所にする

キッチンのオープン収納

ついつい置きっ放しにしてしまうアレやコレ。「もとあった位置に戻す」作業を頭に叩き込んでいるつもりでも、ちょっと気を抜くとまたやってしまう……。

そんな“置きっ放し”問題を逆転の発想で解決するのが、Atsukoさん宅の「無意識に片付く収納」術。固定観念に縛られず、「置きっぱなしにしてしまう場所」を収納場所にすることで、“置きっ放し癖”のある人でも無理なく部屋のキレイを保てるようになるといいます。

また、扉を開けっぱなしにしてしまいがちなクローゼットなどはオープンにしてしまうことで、いつでも締まった印象に。逆に隠す収納では使いやすさを意識して、細かく仕切らず引き出しやボックスにざっくり収納しているそう。

はじめから完璧を目指すのではなく、住んでいる全員が無理せず「続けられる」工夫を施すことで、部屋のキレイが保たれる習慣ができるんですね。

▼詳しくはこちら

帰宅後と外出前の時間が楽になる“充電コーナー”

充電コーナー

一般的な暮らしより多くの収納が必要な、居住空間とアトリエの両方を兼ねる住まいで暮らす、画家の中村さん。

整理整頓された、さまざまな“物の置き場”の中でも特に印象的だったのが、リビングの入り口に配置されていた充電コーナー。籠の中で充電ができるようになっていて、外出時の充電忘れを防ぐためにつくられたのだとか。

コード類をひとまとめにすることで部屋の中がごちゃつかないし、帰ってきてすぐに充電できて安心。(枕元に置いておくとついつい夜中にいじっちゃうんですよね……)何より出かけぎわに焦って探さなくて済むのはスマート!

▼詳しくはこちら

家族が片付けに参加しやすくなる工夫

キッチンで子どもがお手伝いする様子

フルタイムで働く2児の母・Geminiさんのお宅には、整理収納アドバイザーの知見を生かした収納術がいたるところで発揮されています。

「家の片付けはみんなでする」がGemini家のルールで、「自分から片づけたいと思ってくれる言葉をかける」「収納方法を一緒に考える」「何をどこに収納したかわかるように、定位置を決めてラベリングする」など、普段から家族が参加しやすく、片付けモチベーションが高まる工夫をしていたのが印象的でした。

また、混み合いがちなキッチンでは、カトラリーやコップなどの置き場所を外側に配置。お子さんがお手伝いで食器を運んでくれるときにぶつかって怪我などしてしまわないように、奥の作業スペースとは離れた場所に設定しているそう。

▼詳しくはこちら

1アクションで出し入れできる位置に収納する

キッチンの収納棚

備え付けの収納スペースが少ないため、収納の分類方法に工夫を施していた長江さんご夫妻。見せる収納と隠す収納をそれぞれうまく使い分け、お気に入りの物が目に入り、気持ちよく、気分が上がる部屋づくりを意識していました。

また、収納では“使いやすさ”も重視。1アクションで「出す/入れる」ができる位置の設定も大切にしているといいます。

そんな長江さんが収納改善の指標にしているのが、「部屋が散らかり始めること」。生活の変化で収納が機能しない状態になると散らかることが多いそうで、そうなったら「収納を見直すサイン」だと思っている、というお話が印象的でした。

▼詳しくはこちら

持ち出しや片付けも楽な“吊るす収納”

キッチンの吊るす収納

マグネットフックを使った“吊るす収納”を多用していた、一貴さん、純子さん夫妻。マグネットフックを使うことで工事も必要なく、気軽に収納スペースを増やすことができるのが魅力ですよね。

以前からキッチンで吊るす収納を使っていたといいますが、今では部屋中のいたるところで活躍しているそう。

持ち出しや片付けもしやすくなるのでおすすめ」とのことで、玄関ドアやスチールラックなど、生活の動線上に収納スペースを確保できるのはマグネットフックの魅力ですね。

▼詳しくはこちら

あわせて読みたい:

Ranking