4

冬はニット帽やボア付きキャップを愛用している読者の方も多いんじゃないでしょうか。

そんな僕も愛用しているキャップがたくさんあるんですが、特に最近のお気に入りはこのキャップ。お気に入りの訳は……。

ワイヤー入りでアレンジ自在

halo commodity 「Ridge Flap Cap」 5,390円(税込)

被り方をいろいろと変えられる、halo commodity(ハロコモディティー)の「Ridge Flap Cap」。

ツバと耳あて部分のワイヤーが入っているので、被り方を自在にアレンジすることができます。

見た目を変えることができるのはもちろん、少し暑いときは耳あてを上げておけば涼しくなるし、眩しいときはツバを下ろして太陽を遮ることができてとっても機能的。

ニット帽に少し飽きてきていたので、とっても新鮮に感じます。

耳あては小さめに見えますけど、冷えからしっかりと守ってくれますよ。

キンキンに冷えちゃうときは、耳を隠してあげればじんわり暖かくなっていくのが体感できるので、ただの飾りではありません。

屋内と外を出入りすることが多い街中では使い勝手がいいなぁと思いました。

使いやすいボリューム感

ボア付きのキャップやフライトキャップって、興味はあったんですけどボリュームがありすぎて実は被るのに抵抗があったんですよね。

「Ridge Flap Cap」は中綿入りにも関わらず、程よいボリューム感なところもお気に入り。

冬限定だけじゃなく3シーズン通して使えそうなところが高ポイントですね。撥水性も備わっているので多少の天候変化も気にせず被れそうです。

フリーサイズだけど…

サイズはワンサイズ(フリー)ですが、キャップ後部にあるドローコードで調整が可能です。

ただ、大きくはできないので自分の頭のサイズは把握しておいた方がよさそうです。帽子そのものを測ってみたら、頭囲のサイズは約56センチでしたのでご参考までに(個体差はあると思います)。

ストレスも軽くなる

ニット帽を被ると感じるストレスが、マスクの着け外しとワイヤレスイヤホンの脱着。

耳をピッタリ覆っていると紐をうまく掛けれなかったり、イヤホンが押されて耳が痛くなったりってことがありました。

「Ridge Flap Cap」なら耳あての圧迫感がなく、いつでも耳を出した状態にできるのでそんなストレスを感じなくなったんですよね~。思わぬストレス軽減効果で、ますます気に入ってしまいました。

まだまだ寒い日は続きそうなので頭もしっかり防寒して過ごしてくださいませ~。

あわせて読みたい:

Ranking