118

2022年も変わらずに、心地よい暮らしの手助けしてくれる無印良品。

そこで今回は、ROOMIEライターが1月に買ってよかった「無印良品の隠れた逸品」をご紹介。

新作アイテムからキッズコーナーのアイテムまで、お店では見逃しがちな商品たちをピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね〜!

無印良品の新作アイテム

無印良品「LEDランタン」 3,990円(税込)

子どもが生まれたのをきっかけに「熱くならないLEDランタン」が欲しいなと思ってたところ、あの無印良品からぴったりのアイテムが出てたので買ってみました。

明るさは最大で400ルーメン。これはテント内やタープの下でなら十分明るく見える値ですね。

100〜400ルーメンの調光機能に加えて、ゆらゆらと光が明滅するキャンドル機能を搭載。このキャンドル機能で炎をを見てるような感覚になれます。

単純な強弱の付け方ではなく、ランダム性のある“ゆらぎ”を感じられる明滅なので、見てると結構落ち着きますよ。

ランタンとしては珍しいオフホワイト一色での展開も無印らしさが存分にでており、むしろ家の中で使うためのようなスタイル。

家の中ではメインで、アウトドアではサブとして活用してくのはいかがですか?

詳しくはこちらから↓

土鍋デビューにオススメしたい!

無印良品「IH対応土鍋」 2,990円(税込)

先日無印良品でゲットした土鍋。

気軽にひとり鍋もしやすいデザインでIHコンロにも対応と、ひとり暮らしの救世主ともいえる土鍋でした。

直径約18㎝と、1~2人分の鍋料理にもピッタリな小ぶりなサイズ感です。

一見土鍋っぽくないデザインが新鮮!重さも梱包込みで約1.4㎏と、普段使いにも無理のない重さです。

土鍋って使い始める前に米の研ぎ汁で目止めしないといけなかったりとちょっと面倒なのですが、なんとこの土鍋は目止め不要

購入後は食器用洗剤で軽く洗うだけですぐに使えるんです!

最初の1回だけとは言え、この点も土鍋デビューのハードルをぐんと下げてくれます。

やはり土鍋と言えば土鍋ご飯!

早速、卓上コンロ(IH)を使用して米とお水を計って炊いてみます。

始めは強火で、ブクブク沸騰してきたら火を弱めて10分。炊き上がったら10分蒸らして出来上がり!

ふっくらつやつやに炊けています!ほんのりおこげもできて良い感じ!

1~2人でおでんやお鍋をつくるのにもちょうど良いくらいの容量です。

幅広く使えるので、コレとフライパンさえあれば一人暮らしデビューができちゃいそう。

詳しくはこちらから↓

キッズコーナーの隠れた逸品

無印良品「ポリエチレンシートケース」S 399円(税込)/M 499円(税込)

小さいお子さんがいないとなかなか立ち寄る機会のない無印良品のキッズコーナー。

今回見つけたのは「ポリエチレンシートケース」。丈夫なレジャーシート素材のポーチは、外出先で使いたいものをまとめるのにピッタリ。

Sサイズは、すぐに取り出したいポケットティッシュやミニタオルなどを入れるのにオススメです。

裏面にはカード類が横にちょうど収まるポケットがあるのも地味に助かるポイント。

ここにICカード、本体にお札や小銭を入れれば、ミニお財布代わりにもなります。

Mサイズはマスクや除菌シートがスッポリ収まる絶妙なサイズ。広めのマチがあるので大容量タイプも入ります。

カバンの中で迷子になって必要なときになかなか見つからなかったり、いざ取り出したらくしゃくしゃになっていたりと、持ち歩くときにありがちな悲しい事態を回避できそうです。

背面には差し込みタイプのストラップつき。

これをリュックやトートの持ち手につければ、外付けポケットのように使えます。

お部屋でも大活躍してくれるこちら。水回りお掃除セットをまとめて洗面所のポールに吊るすと、すぐに手に取れるのでこまめにキレイを保てますよ。

詳しくはこちらから↓

あわせて読みたい:

Ranking