Commerce

Commerce

27

こちらは、ルーミーが所属する(株)メディアジーンのコマースチームが編集・執筆した別企画の記事です。

おいしいホットサンドを朝食に食べたい。

でも、2枚の食パンで具材を挟むのがスタンダードなホットサンドは、ひとりで食べるのにはちょっとボリューミー。

どうしても食べきれなくて、ひとり暮らしには無理だと諦めていました。

食パン1枚分だったら食べ切れるのに…。

きっと、同じことを思った人がいたのでしょう。それを叶えてくれるアイテム、ちゃんとありました!

食パン1枚で作れるホットサンドパン

ひとり暮らしのホットサンド欲を満たしてくれたのがハック(Hac)の「Montagna 1枚専用グリルホットパン HAC2897」。

アウトドア利用を想定した持ち運びに便利なサイズですが、もちろん自宅調理もOKです。

ひっくり返したときにもわかりやすいように片面はグレー、もう片面は黒と色分けされています。

「あれ、さっきひっくり返したっけ?」と迷うことがないので、焼きながらテレビを見たりラジオを聞いてたりしても、安心できますね。

ただ、組み立てにはちょっとコツ(外箱に記載アリ)が必要みたい。

あれこれと四苦八苦している間に、塗装が少し剥がれてしまいました…。

ちょっと残念ですが、機能面には問題ナシでした…!

ホットサンドを作ってみる

ようやく組み立て終えたところで、気を取り直してホットサンドを作ってみました。

今回は6枚切りの食パンで。

一番下にハムを置き、前の晩に作ったサラダを上から乗せます。

ホットサンドって、残りもののアレンジにもってこいなんですよね。

さらにその上から、ホットサンドには欠かせないチーズをオン。

具材をサンドする際、五徳の間にフライパンを挟むと作業しやすかったです。

具材をたっぷり詰め込んだら、ぎゅっと押さえつけてストッパーで固定。

両面をだいたい1分ずつくらい焼きます。

手頃なサイズ感がちょうど良い

あっという間に、ホットサンドが完成しました。

こんがりきつね色になった焼き目がとてもおいしそうです。

フチの圧着はあまり強くないようで、食パンの折り目からハムが見えてしまっているのがちょっと残念なところ。

ただ、勝手に開いてしまうことはなかったのでそこは大目に見るとしましょう。

切ってみると、圧着は弱いとはいえ、くっついているのがわかります

半分にカットして、手に持つとこれくらいの大きさ。

忙しい朝、片手間に食べるのにもちょうど2〜3口のサイズです。

パン1枚で腹八分目くらい。筆者の朝ごはんには最適なボリュームでした。

Montagna 1枚専用グリルホットパン HAC2897」のおかげで、ひとりで食べ切れるホットサンドが作れるように。

具材を変えるだけで、手軽に毎日いろいろな味を楽しめて良い感じですよ。

なお、以下の表示価格は執筆時のもの。価格は変更になる可能性があるので、販売ページでご確認ください。

ハック(Hac)「Montagna 1枚専用グリルホットパン HAC2897」[Amazon][楽天市場]

Photographed by Ayaka Nishiyama

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking