Commerce

Commerce

こちらは、ルーミーが所属する(株)メディアジーンのコマースチームが編集・執筆した別企画の記事です。

かゆい所に手が届く感じ。

お料理はもちろん、郵便物の重さをはかる際にも、キッチンスケールを使います。

でも、ちょっとサイズが大きいと、荷物が数字を隠してしまって見えない…ってことありますよね。

そんな場面で役立つキッチンスケールを見つけました。

計量皿が開いて拡張!

それが、ドリテック(dretec)の 「デジタルキッチンスケール パカット KS-257WT」。

一見普通のキッチンスケールに見えますが、実は計量面に仕掛けがあります。

そう、計量面が開くんです!

計量面の皿が、両端からだいたい90°くらいまで開きます。

これが支柱となり、大きなものの計量が可能に。例えば、こんな風にちょっと大きな箱をはかりたいとき。

普通のキッチンスケールならこのように数字が隠れてしまって見えませんが、計量皿を開けば問題が解決!

はかりたい物とスケールに隙間ができるので、数字を確認できます。

計量できる重さは2kgまで。

メルカリなどでよく出品する人には、けっこう便利な機能じゃないですか?

パスタもはかりやすい!

パスタをはかるときにも、「デジタルキッチンスケール パカット KS-257WT」が便利です。

開いた計量皿にはくぼみがあるのですが、これがパスタにフィット!

しっかりパスタを支えてくれて安定するので、1g単位の微調整も楽ラクです。

このくぼみはいったいどれくらいまで支えてくれるのか…。

乗せられるだけ乗せてみましたが、だいたい240gくらいまでは崩れませんでした

乾麺100gを1人前とすると、2人前強ぐらいまでは対応するってことですね。

この計量皿が開く機能、マストではないかもしれませんが、使ってみるとなかなか便利だと感じました。

キッチンスケールの買い替えを考えている人や、メルカリユーザーさんはぜひご検討くださいね。

なお、以下の表示価格は執筆時のもの。価格は変更になる可能性がありますので、販売ページでご確認ください。

ドリテック(dretec)「デジタルキッチンスケール パカット KS-257WT」[Amazon][楽天市場]

Photographed by Ayaka Nishiyama

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking