髙阪正洋(CORNELL)

髙阪正洋(CORNELL)

5

荷物を持って出かけるのがキライです。まずもって、外出時の必携品というとスマホと財布くらい。ポケットに入れれば済むレベルなので、基本的には手ぶらで外出してしまいます。

でも仕事柄、取材のときにはメモ帳や名刺入れが最低でも必要だし、時間つぶしに立ち寄ったコーヒーショップでは本を読みたい。そうなってくると、さすがにカバン無しってわけにもいかない……。

ならばそんなとき、どんなバッグを持つか。

いわば、“外付けポケット”

PATRICK STEPHANのコラボバッグ

巾着型バッグがファッション業界で一大ブームになり、そのままアウトドア好きたちの心まで射止めたゆえんは、それがもたらす「身軽さ」にある気がします。ROOMIEが提案する「身軽スタイル」にも通じる発想で、かくいう僕も、巾着バッグ、大好きだな〜!

「バッグを持つ」というより、「ポケットを外付けする」という感覚に近い。そこがいいんですよね。コーディネートに余計なニュアンスが加わるのを防げるし、体にフィットさせればカバンを持つ煩わしさから多少は解放される。

ま、ひと口に巾着バッグといっても、ちょうどいい塩梅のものに巡り合うのは、これがまたなかなかムズカシイんですけど。

そんななか、なんとROOMIEが巾着バッグを作ったというニュースをキャッチ! ただちにブツを見せてもらうことにしました。

汎用性抜群のグレーカラー

PATRICK STEPHANとROOMIEのコラボバッグ

まさかROOMIEがバッグを作ったなんて、にわかに信じられませんでした。

でも、そこは暮らしに寄り添うメディア。その審美眼を駆使して、暮らしを豊かにするライフスタイルグッズを自らの手で作ってしまうというのは、考えるほどに納得。辻褄が合ってるな〜、と。

その巾着バッグは、「ミニマル」、「タイムレス」をキーワードに、エレガントかつ無骨に仕上げた革小物を中心に展開するフランスのデザイナーズブランド「Patrick Stephan(パトリックステファン)」に別注したもの。均一なシボが美しい牛革を使った、ぽってりとしたフォルムが印象的な品です。

PATRICK STEPHANとROOMIEのコラボバッグ

PATRICK STEPHANとROOMIEのコラボバッグ

いわゆるところのカラー別注にあたるわけですが、選んだのはグレー。それもそのはず、グレーといえばROOMIEのキーカラーですもんね! 個人的にも、グレーの巾着バッグは持ってないので、ますます気になるところ。性別問わず、幅広いスタイリングに合わせやすい万能色ですし。

ほどよく高級感ある、アノニマスなデザイン

PATRICK STEPHANとROOMIEのコラボバッグ

PATRICK STEPHANとROOMIEのコラボバッグ

どんなスタイリングにも違和感なくハマるのが、持ち味って気がします。冬のコートスタイルにも、ちょっとカチッとしたジャケットスタイルにも、はたまた、アウトドアMIXなアクティブスタイルにも。

カラーリングの妙もしかりですが、そのゆえんは素材選びにもありそう。

PATRICK STEPHANとROOMIEのコラボバッグ

素材は牛のシボレザー。シボって、個人的にも昔から好きなんです。高級感があるのに、傷や汚れ、多少の水にも強いという無敵さ。コシやハリがしっかりあるのに、しなやか。そんなところも、製品にしたときの使いやすさにてきめんに現れますし。

ただし、それが知名度のあるメゾンブランドなんかだと、悪目立ちしてしまったり、洋服から浮いてしまったりするんですよね。でも、誤解を恐れずに言うと、パトリックステファンはいい意味で知名度が低い。だからこそ、あらゆるスタイリングに溶け込むのかもしれないな〜。

PATRICK STEPHANとROOMIEのコラボバッグ

また、巾着バッグってレディースライクになりがちなので、そのデザインバランスって、かなり大事なところだと思うんです。その点、フェミニンすぎないギリギリのラインを攻めたぽってりとしたフォルムは、ラクラクK点越え。

PATRICK STEPHANとROOMIEのコラボバッグ

スマホ、財布、メモ帳、名刺入れ、単行本。僕の個人的な必携品も十分入るし、ペットボトルとか折り畳み傘だって収まりそう。重いものを入れても型崩れしないように底板が入っているのも、気が利いてるな〜!

このフォルムのおかげで、日常使いにちょうどいい収納力も確保されています。

2種のストラップを駆使して、持ち方自在

PATRICK STEPHANとROOMIEのコラボバッグ

PATRICK STEPHANとROOMIEのコラボバッグ

極めつきが、長さ調整ができるストラップ。これだけだど、普通だよね、と思うかもしれませんが、実はバッグの口を絞る役割も果たしつつ、手持ち用の長さにできることをはじめ、肩掛け、斜めがけといった3パターンの持ち方が可能なのであります。

PATRICK STEPHANとROOMIEのコラボバッグ

PATRICK STEPHANとROOMIEのコラボバッグ

ストラップの長さでいろんな持ち方が可能です

アクティブに動くときは体に沿うようにキュッと肩がけ、洋服のスタイリングを邪魔してほしくないときには、潔く手持ちに。どんな格好に合わせるにもうってつけです。

PATRICK STEPHANとROOMIEのコラボバッグ

裏地は、レザーとも馴染みよく、高級感を損なわないコットン100%のキャンバス地。レッド、オレンジ、イエロー、ライトグレーの4色展開です。

ROOMIEがバッグを作ったと聞いたときは、正直、耳を疑いました。でもつぶさに見てみると、むしろROOMIEにしか作れない、らしさ満点の逸品に着地していることに脱帽。いや、疑ってしまい失礼しました……!

アウトドア、身軽スタイル、雨暮らし、定番スタイル、愛着について、グレーというカラーリングについて、そして自転車スタイル……。暮らしにまつわるあれこれに目を向け、さまざまなコンテンツを発信してきたからこそたどり着いた、まさに集大成的逸品と言えそうです。

※ストラップについての間違いがございましたので、2022年2月22日に加筆および修正をしました。関係者ならびに読者のみなさまには謹んでお詫びと訂正とさせていただきます。

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、ご購入ください。

お届けについて

■お届けまでの日数
7営業日以内(土日祝日を除く)

■配送に関する注意事項
・配送は国内のみとさせていただきます。海外への発送・海外発送代行業者などへの配送はお受けしておりません。
・お届け日時のご指定は、カート欄下部の備考欄にご入力ください。ご注文日より7日以降から承ります。また、時間帯のご指定は以下の時間帯から指定いただけます。[午前中、14時~16時、16時~18時、18時~20時、19時~21時]
・お届け日時のご指定が7日未満の場合、ご指定の日付にお届け出来ない可能性がございます。あらかじめご了承下さい。
・発送についての問い合わせはコチラ:roomie_jitsugyo@mediagene.co.jp

■購入に関する注意事項
・表示価格は消費税込みの金額です。
・配送料は無料です。
・お支払いはクレジットカードのみとなります。Visa、Mastercard、American Express、JCBの一括払いがご利用いただけます。
・注文完了メールは1営業日以内にお送り致します。roomie_jitsugyo@mediagene.co.jpからのメールを受信できますよう、設定をお願い致します。
利用規約プライバシーポリシーに同意の上、ご購入ください。
特定商取引法に関する表記はこちら

あわせて読みたい:

髙阪正洋(CORNELL)

髙阪正洋(CORNELL)

衣食住にまつわるもの、こと、ひとを、取材・執筆します。月刊フリーマガジン『口果報』編集長。

special

ROOMIE10周年を記念して、デザイナーズブランド「PATRICK STEPHAN(パトリックステファン)」に別注した「Migaru GRAY-BAG」。大きなバッグのようにかさばるストレスがなく、ポケットに物を入れる手ぶらスタイルよりも頼りになる巾着型のバッグが誕生しました!

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking