かいサポ

3

顔のくすみやたるみが気になる、肩コリや目の疲れがひどい、最近抜け毛が増えてきたなどの悩みを抱えていませんか? こうした悩みは、“頭のコリ”を解消することで改善できるかもしれません。

そこで取り入れたいのが、自宅で簡単にセルフケアができる頭皮マッサージグッズ。電動や手動などさまざまなタイプから、おすすめの商品を紹介します。

グッズ選びのコツや、セルフマッサージのポイントを、セラピストの生田和余さんに教えていただきました。

セラピスト・生田和余さん
化粧品や広告業界、舞台演劇など幅広い仕事を経験。心身の不調を改善するためのメンテナンスケアの重要性を感じ、アロマテラピーを学び始めたことをきっかけに現職へ転身。さまざまな自然療法とエステティック技術を学び、2013年にプライベートエステサロン「Healing Salon SOMI」をオープン。自然治癒力を高め、滞りを緩和し、本来のバランスとリズムを取り戻すオールハンドのオリジナルメニューを提供している。
Healing Salon SOMI

■ 目次

まずは自分の頭皮がこっているかセルフチェックを
頭皮マッサージの効果
– 血行の促進
– 顔のリフトアップ
– 毛髪の改善
– 首・肩コリの解消
– 目の疲れの解消
– リラックス効果

頭皮マッサージグッズの種類と選び方
– 本格的なケアがしたいなら「電動タイプ」
– 気軽に“ながら”ケアをするなら「手動タイプ」
– 自分が持ちやすいものを選ぶ

頭皮マッサージグッズおすすめ10選
– <電動タイプ>
– <手動タイプ>

頭皮マッサージグッズの効果的な使い方

頭皮マッサージを行う位置

まずは自分の頭皮がこっているかセルフチェックを

Image:gettyimages


最近ではリモートワークが浸透したことによってパソコン作業が増え、目の疲れや肩コリなど、体の不調を感じる人が多いといいます。あなたの頭皮は大丈夫ですか? まずは頭皮のセルフチェックによって、悩みの原因を探ってみましょう。

「指先で頭皮をつまんでみて、動きづらさや硬さを感じたり、頭皮の色が赤黒くくすんでいたりすると、頭がこって血流が悪くなっている可能性があります。

健康的な頭皮であれば、つまんだときにある程度弾力を感じ、色は白っぽく透明感があります。また、血流が悪いと毛根に栄養がいきわたらないため、急に抜け毛や白髪が増えたという場合も頭がこり固まっているサインかもしれません」

①頭皮マッサージの効果

頭の筋肉は顔や首、肩の筋肉ともつながっています。そのため、頭の筋肉をほぐしてコリを解消することで、さまざまなメリットが見込めるのだそうです。

血行の促進

「頭皮の血流がよくなると、顔色にも影響し、くすみなどの解消につながります。また、頭の血行がよくなることで、体全体のめぐりを改善することにもつながります」

顔のリフトアップ

「顔と頭の筋肉はつながっています。頭皮が硬くなってうまく働かないことは、顔のたるみにつながります。しっかりほぐして柔軟さを保つことで、顔の筋肉もスムーズに使いやすくなり、おでこや頬のシワが予防できます。日中メイクをしていて直接顔に触れられないときは、頭皮からのアプローチも試してみてください」

毛髪の改善

「頭皮の血行をよくすることで、毛根に血液や栄養がいきわたり、頭皮環境が改善されて、健やかな髪に生まれ変わりやすくなります。コシがなくなった髪や、抜け毛に悩んでいる方にもおすすめです」

首・肩コリの解消

「頭の筋肉がこっていると、連動して首や肩まわり、背中の筋肉にもハリが出て、コリや疲れにつながります。首や肩だけでなく、頭の後ろの筋肉をほぐしてみるとより楽になるはずです」

目の疲れの解消

「目を開けたり閉じたりする筋肉は、頭の前方や側部の筋肉とつながっています。ここをほぐすことで、目の疲れが解消され、目がぱっちり開きやすくなります。目元の血行もよくなるので、クマの改善も期待できます」

リラックス効果

「マッサージ全般に言えることですが、ほぐして血行がよくなると体がじんわりとあたたまり、リラックス効果が望めます。ストレスや緊張感を緩和したいときは、頭をほぐすだけで、心も体もふわっと軽くなりますよ」

②頭皮マッサージグッズの種類と選び方

100円ショップで買える手頃なものから、高額な美容機器まで、数多くある頭皮マッサージグッズ。どれを選んだらいいか迷いますよね。タイプは大きく分けて電動と手動の2種類。どこでどんな風に使いたいのか、目的やライフスタイルに合わせて選ぶことが大切です。

本格的なケアがしたいなら「電動タイプ」


ヘッドスパのように、ブラシが動いて頭皮を力強く洗浄してくれる「もみほぐしタイプ」と、EMSなどの電気刺激によって筋肉にアプローチをする「リフトアップタイプ」と、電動にはおもに2タイプが存在します。自分の悩みや目的に合わせて選ぶようにしましょう。

「もみほぐしタイプは、お風呂で使いたいのであれば防水仕様かどうか、自分に合ったブラシの動きや強さなどの調節が可能かを確認するようにしましょう。

リフトアップタイプは、振動や電気刺激が心地よいかどうか、より効果を求めるのであれば赤外線やLEDなどのプラスアルファの機能がついているかなど、お値段と照らし合わせて判断しましょう。顔のケアもしたい方には、アタッチメントを付け替えられる2wayタイプがおすすめです」

気軽に“ながら”ケアをするなら「手動タイプ」


ヘアブラシとして使えるものから、最近人気のシリコン製のブラシ、ツボ押しタイプやカッサ型、タコ足型など、さまざまなタイプがあります。どこで使いたいかを基準に、使いやすいものを選ぶといいでしょう。

「本格的なケアを続けられるか心配な方には、TVを観たりリモートワークをしながらでもできる手動タイプがおすすめです。充電する手間もなく、お値段も手頃なので気軽に取り入れることができ、力加減も自分で微調節することができます。

同じブラシ型でも、ヘアブラシはシャンプー前に、シリコンブラシはシャンプー中に使うものなので、使う場所や目的に合わせて選んでみてください。ピン先など頭皮に直接あたる部分の面積が広めのもののほうが、程よい圧を与えることができます」

自分が持ちやすいものを選ぶ

頭皮マッサージは習慣化して続けていくことが大切です。今はネットで簡単に購入することもできますが、できるだけ実物に触れ、使いやすいものを選ぶことで毎日取り入れやすくなります。

「重すぎたり持ちにくいと、せっかく購入しても使わなくなってしまったり、腕が疲れて逆に肩コリの原因になることもあります。できるだけ店頭など試し、大きさや重さ、自分の手に合っているかをみてから購入するようにしましょう。最近は美容機器をレンタルできるサイトもありますので、高額な電動タイプを購入する際は、一度試してみてから判断するのもいいと思います」

③頭皮マッサージグッズおすすめ10選

<電動タイプ>

パナソニック 頭皮エステ サロンタッチタイプ〈スパイラル〉 EH-HE9G


頭皮マッサージ機器の王道である、パナソニックの頭皮エステシリーズのNEWモデル。ポイントは進化した「ワイドフォーフィンガースパイラル」。

それぞれのブラシ部が独立した動きで回転し、さらに硬さの異なる3つのブラシが頭皮へしっかりアプローチすることで、広範囲を力強くつかみ洗いし、根元からハリ・コシのある髪に。

進化したブラシが頭皮に密着しながら毛穴の汚れを絞り出します。お風呂で本格的なヘッドスパ体験をしたい人や、しっかり頭皮を洗浄してほぐしたい人におすすめです。

リファ リファグレイス ヘッドスパ

Image: Amazon.co.jp

独自の「クワロト3Dローラー」によって、エステティシャンの力強い手技を再現し、頭皮を連続的につまみ上げる動きを実現。ローラーの斜傾角度や回転方法にもこだわった立体的な電動ローリングによって、動かしにくい頭皮をしっかりつまみ上げます。

シャンプー中にも使える防水構造で、スタイリッシュなデザインも魅力。頭皮のコリをしっかりほぐし、髪や肌、表情の美しさを呼び起こしてくれます。

JOPSYKAL HEAD SPA

Image: 楽天

気軽に頭皮ケアを始めたい人におすすめの、もみほぐし系マッサージャー。お手頃価格でありながら、乾湿両用でお風呂でも使える防水仕様なので、湯船につかりながらのケアも可能。

人間工学に基づいた独自の3D設計と、ブラシの先端についた72個の突起で、プロの技術を再現してくれます。スピードと回転方向も4つのモードに切り替えることができ、コスパ力は文句なしのマッサージグッズです。

MYTREX EMS HEAD SPA

Image: Amazon.co.jp

もみほぐしタイプにEMSをプラスしたハイブリットなアイテム。緻密に計算・設計された4つのローラーによるサロンの手技のような動きと、低周波の電気刺激によって筋肉を動かすことを同時に行うことができます。

防水仕様で、2種類のシリコンアタッチメントを付け替えることで、頭の先から足元まで全身のケアに使用可能。これ1つでさまざまな効果が期待できるので、欲張りたい方に最適です。

ヤーマン ミーゼ スカルプリフト MS-80W

Image: Amazon.co.jp

低周波EMSによる電気刺激で頭皮や顔まわりをケアする、頭筋リフトブラシ美容器。SCALPモードでは12本の電極ピンから頭筋専用の独自の低周波EMSを出力し、硬くなりがちな頭筋を刺激。さらに毎分約7000回の振動で頭皮全体をストレッチし、効率的なケアを叶えます。

フェイス用のアタッチメントやモードも搭載し、お風呂でも使える防滴仕様。持ち運びしやすいコンパクトさも魅力です。

<手動タイプ>

ウカ スカルプブラシ ケンザン


※ 写真は、渋谷宮下パーク限定カラーの商品です

シリコン製の頭皮ブラシブームの火付け役ともいえる大人気グッズは、生田さんも愛用しているもの。程よい硬さのブラシがしっかり頭皮になじんでコリをほぐし、まるで美容院でシャンプーしてもらった後のような爽快感がお風呂で楽しめます。

滑りにくく、手にフィットする絶妙なサイズ感で、メンテナンスも簡単。気分やコンディションに合わせて4種類の硬さが選べるのもうれしいポイントです。

アッカカッパ プロテクション ヘアブラシ no.946

Image: Amazon.co.jp

ブラシ専門メーカーとして150年の歴史を持つアッカカッパ。ブラッシングをしながらスカルプマッサージができるヘアブラシは、シャンプー前の頭皮ケアにおすすめ。

独自のナイロン素材のループ状のブラシが圧力を吸収し、頭皮を傷めることなく毛細血管を刺激して血行を促してくれます。土台がクッションになっているので、トントンと叩くと心地いい刺激が感じられる逸品です。

ニールズヤード ヘアブラシ(大)

Image: Amazon.co.jp

成長が早くサステイナブルな素材である竹をピンに用いたヘアブラシ。汚れを浮かせて髪のからまりをとり、頭皮全体をブラッシングするだけで血行を促進させてリフトアップしてくれます。

先が丸いため髪や頭皮を傷めずケアができ、竹から出る自然な油が髪にツヤをもたらします。生田さんによれば、柄の部分でツボ押しをするのもおすすめだそうです。

アユーラ ビカッサヘッドプレートα

Image: Amazon.co.jp

焼き物で知られる石川県の窯で丁寧につくられた、国産の陶磁器製のマッサージプレート。心地よくなめらかな肌あたりで、頭のツボに絶妙にフィットする細部までこだわり抜いた形状がポイントです。

突起部分で効果的にツボ刺激したり、カーブ部分で後頭部を押し流したりと、これ1つでさまざまな使い方が可能。血行を促進しながら頭皮をやわらかく解きほぐし、爽快感を与えてくれます。

満天社 ヘッドスパ ハンドプロ(ヘッドライン 遠赤外線タイプ)

Image: Amazon.co.jp

先端のボールに遠赤外線が発生する鉱石を配合し、頭皮をかき上げて血行を促進してくれるマッサージグッズ。頭の丸みに沿ったこだわりの形状で、指先でほぐしたような心地よさを、力をかけず簡単に味わうことができます。

柄の先端部分はポイントでツボ押しとして使うことも可能。サロン級のマッサージが、仕事中やバスタイムにも手軽に行うことができます。

④頭皮マッサージグッズの効果的な使い方

Image:Shutterstock


より効果を発揮させるための使い方のポイントや注意点を生田さんに教えていただきます。

頭頂部に向かってほぐしていく

「とくにリフトアップしたいのであれば、頭皮のマッサージは下から上へ向かうのが基本です。生え際からほぐし始め、頭頂部へ向けて行っていきましょう。ブラッシングなどでリラックス効果を得たいときは、下に向かってゆっくり流してあげるのもおすすめです」

スカルプローションやオイルを併用する

「顔と同じように、頭皮が乾燥した状態でマッサージを行うと刺激が起こります。潤いのある状態でマッサージすると摩擦が防げますので、とくに頭皮環境の改善をしたい方はスカルプローションやオイルを併用するようにしましょう。プラス、育毛効果や爽快感、香りなど、化粧品自体の効果も得ることができます」

気持ちのいい圧でマッサージをする

「マッサージは強ければいいというものではありません。痛いという信号が脳へ送られると、ストレスになることも。強さや痛さを求めるのは、疲れやストレスで感覚が麻痺している状態かもしれません。心地よさを感じる程度の力加減を意識してみてください」

寝る直前はよりやさしくマッサージ

「頭皮マッサージはいつ行ってもいいのですが、寝る直前に強い刺激を与えると目が冴えてしまうことも。やさしい圧で静かに流すよう心がけましょう」

気分に合わせてリズムを使い分ける

「頑張りたいときやリフレッシュしたいときは、リズミカルに少し強めの圧でマッサージをしてみましょう。反対に、気分を鎮めたいときやリラックスしたいときは、スピードを遅くし、じわーっとやさしく押し流してあげるとオフモードに入りやすくなります」

⑤頭皮マッサージを行う位置

最後に悩みや目的別に、マッサージを行う頭の位置を紹介します。効果的な場所をしっかりほぐしていきましょう。

頭皮は4つの部位に分けてほぐしていく


顔のたるみ

「顔の筋肉を引き上げて支えている、額にかけての前頭筋と、側頭部をほぐします。法令線の解消や、目元のたるみにも効果的です」

首・肩コリ

「頭の後ろにある後頭筋をほぐすことで、連動して首や肩まわりのコリも改善されます」

血行促進・顔のくすみ・育毛

「顔のくすみの解消や育毛には、頭皮全体の血行をよくすることが大切です。全体的にまんべんなくもみほぐしたり、ブラッシングするのがおすすめです。また、全体のバランスを整えるツボがたくさんある頭頂部も忘れずにケアをしましょう。頭頂部には筋肉がなく、前頭部と後頭部の筋肉は帽状腱膜という腱でつながっています。ここをほぐすことで頭全体の筋肉がほぐれ、めぐりがよくなります」

目の疲れ

「目元の筋肉とつながっている側頭筋をほぐすことで、目の疲れが解消され開きやすくなります。こめかみを押して刺激するのもおすすめです」

マスク疲れ

「最近ではマスクに引っ張られて負担がかかり、耳まわりが疲れている人が増えています。側頭筋から耳の後ろの生え際あたりを重点的にほぐしてあげてください」

頭に限らず、顔や首肩まわり、体全体の血行をととのえ、さまざまな悩みを解消してくれる頭皮マッサージ。その重要さは伝わりましたでしょうか?

毎日続けて健やかな頭皮を保つためには、自分に合ったグッズを上手に使うことが大切です。美容や健康のために、ぜひ最適なグッズを見つけ、日々のケアに取り入れていってください。

構成/相馬香織
文/世古清佳
イラスト/naohiga

「かいサポ」チームでは、あなたのお買いものをスマートにサポートするコンテンツを配信。家電にインテリア、コスメ、スキンケア、アウトドア用品にガジェット、フードまで。その道のプロが「ほんとうにいいもの」への最短距離をご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking