門岡 明弥

門岡 明弥

2

アウトドアシーンにおいて、多機能なアイテムがあると荷物を少なくできるから助かります。

この頃はモバイルバッテリー機能が搭載されたLEDランタンなども珍しくありませんが、今回紹介するLEDランタンにはなかなか意外な機能が搭載されていましたよ。

3WAYなLEDランタン

こちらは「圧縮LEDランタン」というアイテム。

ポータブルLEDランタンとして使えるのはもちろんのこと、空気入れや空気圧縮機としても使えるスグレモノなんです。

まずはランタン機能についてですが、用途に合わせて3段階の光量調整が行えて、最大で410ルーメンの明るさとなっています。

USB-Cで充電して使う仕様となっており、重さわずか120gと軽量なので持ち運びも楽ちんな点も嬉しいところ。

手のひらサイズでありながら410ルーメンの光量……、なかなかパワフル!

空気入れにもなる

横に伸びている管にノズルを装着すると、空気入れとして使うことができます。

バランスボールや浮き輪など、一般的な空気入れ部分にマッチするノズルに加えて、エアマット独自の空気入れ部分にフィットするノズルも付属しているとのこと。

残念ながら自転車の空気は入れられないみたいですが、アウトドアシーンでは大活躍間違いありません。

サイズ約185×97×20cmのエアマットを膨らませるにあたって、所要時間は約3分ほど。

フル充電の状態で使って、浮き輪約20個分、マットレス約4枚分まで空気を入れられるそう。

空気圧縮機としても

空気を入れるだけではなく、抜くことだってできちゃうのがこのLEDにランタンのすごいところ。

空気抜き部分に圧縮LEDランタンを乗せておくだけで、手間なく空気を抜いてくれます。収納に困る羽毛布団や、衣替えでしまっておきたい服など、整理整頓にも一役買ってくれそう

「圧縮LEDランタン」はクラウドファンディングサイト・machi-yaにて4,280円(税・送料込)から支援を募集しています。

1つ1つ別々に揃えることを考えると、かなりお買い得ではないでしょうか。

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

空気抜き・空気入れ・ランタンがこれひとつ。キャンプで役立つ『圧縮LEDランタン』[machi-ya]

あわせて読みたい:

門岡 明弥

ピアニスト・編集者・ライター。ときどき山に登ったりスキレットで燻製作ったりしています。Twitter:@hal_119

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking