きむ(ら)

きむ(ら)

16

以前は花粉症のシーズンや乾燥する飛行機の中などでしかマスクをつけていなかったのですが、最近はマスクをして出かけることが日常になりました。

ただマスクをすること自体には慣れても、メガネとマスクの相性ってやっぱりよくはないんですよね。メガネが曇る……

救世主現る!

assy 「くもらーず」 880円(税込)

メガネ×マスクの相性の悪さを、スパッと解消してくれるアイテムがあったんです。

それがassyの「くもらーず」というアイテム。ネットでの評判がよかったので購入してみたのですが、届いた物がこちら。

パッケージには全く力を入れていない感じで、チープな印象を受けてしまいますが、しっかり効果を発揮してくれたのでご安心を。

本体であるクロスは15cmサイズで、よくあるメガネ拭きのサイズです。

近くで見てみても、やはり普通のメガネ拭きにしか見えません。

本当にこれでメガネが曇らなくなるのだろうか……と思ってしまうくらいです。

実際に使ってみた感じは?

使い方としては、このクロスでメガネレンズの両面を5-10回程度拭くだけで完了です。

テロテロとしたクロスなので、何の違和感もなく拭けます。

まずクロスの効果を見るために、このクロスで拭く前のメガネをお湯を入れた茶碗にかざしてみました。

もちろん一瞬で曇ります。

左側がクロスで拭いた部分。

次にメガネレンズの半分だけクロスで拭いた状態で同じようにお湯を入れた茶碗にかざしたところ、拭いたところだけ綺麗に曇りませんでした!

正直この効果には驚きましたね……。

全面拭いた状態で再度かざしてみましたが、全く曇らず!

ちなみにどこまでやったら曇るんだろう?と思い、ポットでお湯を沸かしながら出てくる水蒸気にメガネを当ててみたところ、さすがに水滴が付きました。

しかし、普段の生活の中でここまで過酷な状態にはならないと思うので、問題なしですね。

残念なところ:収納袋が心許ない…

説明書には、乾燥防止のために付属のビニールに入れて保管するよう書かれています。

しかし外側のビニール袋にはチャックなど付いておらず、密封できないタイプ。内側の袋は密封できるタイプなのですが、とても薄いのですぐに破れてしまいそう……。

できれば、もう少ししっかりとした袋に入れてあると安心かなと思ってしまいました。

小さくなるので持ち運びしやすい

ビニールのケースに入れてもコンパクトなサイズなので、持ち運びはしやすいです。

説明書によると曇り防止の効果は24時間持続とあるのですが、私の使用環境だと半日程度で効果が落ちてくるように感じました。

しかし、このクロスをダウンジャケットの胸元のポケットに忍ばせているので、効果が落ちてきてもすぐに拭いて曇り止め効果を回復させることができます。

また、使用可能回数は300回以上と書いてありますが、実際どのくらいで効果が薄くなるかは引き続き検証してみたいところですね。

マスク全盛のこのご時世、メガネユーザーの必需品になりそうです!

あわせて読みたい:

きむ(ら)

ICT企業に勤めるサラリーマン 兼 5歳児&2歳児(共に娘)の父親 兼 けん玉チーム「damassy」のメンバー。 趣味は旅行とカメラとけん玉。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking