5

あけましておめでとうございます。

新しい一年、ぜひおすすめしたい「おうちスタイル」の一環として、「アナログ・レコードで聴く音楽生活」を強力プッシュしたいと思います。家にアナログプレイヤーのオーディオセットがあるって、インテリアとしてもかなり素敵ですし、毎日帰宅してレコードを聴くのが楽しみになります。

僕の場合、まず最初に「RANE MP 2015」というかなりガチなDJ用ミキサー(複数の音源をミックスする機械)を買って、そのあとDJ用のターンテーブル(レコード・プレイヤー)を1台ずつ買い足していきました。コロナ以降、クラブなど音楽がかかる場所に出かける機会がめっきり減ってしまったので、家でDJの真似ごとっぽいことができれば、自分の好きな音楽をもっと能動的に楽しむことができるんじゃないかと考えたからです。

USB接続でパソコンがつなげるタイプのミキサーがあれば、Apple MusicSpotifyなどのサブスクリプション音楽サービスをスマートフォンなどで再生して併用したり、専用のDJソフトなどでDJミックスやDJプレイ的なことができます。ミキサーにしっかりしたアンプ内蔵型スピーカーをつなげれば、ハイレゾなど高音質で再生できるようになりますし、PC+高機能ミキサーの組み合わせでほとんどのことができるのですが、より音楽に没頭したいという想いもあり、思い切ってアナログ盤が楽しめるレコードプレーヤーを追加してみました。

実際に買ってみてよかったことは以下のとおり。

1)アナログレコードは高価(新品のアルバムで2,000円~6,000円ぐらい?)なので、同じものを何度も聴くようになり、結果的にサブスクリプション・サービスで聴くより好きな曲が増えた

2)家族にレコードをプレゼントしたり、好きな音楽をかけて聴かせたり。データで音楽を聴いていたときにはできなかった「コミニケーション・ツール」としての用途が高まった

3)慎重に針を落として、A面を聴き終わったら、裏替えしてB面をかける。一連の所作がルーティーンとなり、BGM的な楽しみ方から趣味としての音楽鑑賞へと変わっていった

1)は、アナログのおかげで今までApple MusicやSpotifyなどで音楽を「聴き流す」ようになっていたのを実感するようになりました。ルーミーを立ち上げる前は、音楽メディアで仕事をしていたのですが、一回聴いて曲の良さがわかるようなタイプではなかったので、ミュージシャンのインタビューのときは事前に何度も作品を聴きこまねばならず、「この仕事向いてないかもな」と悩むぐらいでした。そんな僕でも、サブスクだと自然と音楽を聴き込むことがなくなっていました。しかしアナログはまだ手元にあるレコードが数枚しかないせいか(笑)、仕方なく同じ曲を何度も何度もかけるようになり、だんだんと、最初は気づかなったメロディーの魅力や、アレンジの良さがわかってくるようになったんです。レコードを大切に聴いていると、そんな音楽本来の楽しみを失くしていた自分に気付かされます

2)は、単純に妻からのクリスマス・プレゼントをレコードにしてもらった、ということです(笑)。もちろん、子供に聴かせたり、同じレコードプレイヤーを持っているもの同士で音楽の話題に花を咲かせたりなど、フィジカルなレコードだからこそできるコミュニケーションの輪が広がっていく予感がしています。

3)は、まずプレイヤーの電源スイッチを入れて、お気に入りのアナログ盤をセットする。スタート/ストップボタンをオンにしてレコードが回転しだすと、針を慎重に盤面にのせてようやく音楽が流れはじめる。その一連の作業と、音が流れだす瞬間がひとつのドラマですし、毎日繰り返すルーティーンになってくると、コーヒーを丁寧にドリップして朝が始まるような気持ちのメリハリにつながっていくことがわかりました。

正直いって、まったりソファーでくつろいでレコード鑑賞というイメージには程遠く、数十分でレコードを裏がえしにいくのは大変ですし、フルオートのレコードプレイヤーだったら快適だろうなとも思うのですが、それを言ったらスマートフォンで音楽聴く方がもっと楽だし、音質も安定して楽しめます。だからといって、レコードをやめようという気持ちには今のところまったくならないんですよね。たぶんレコードならではの奥深さ、まだ未知数な部分にひきつけられているんじゃないかと思います。

以上、いろいろ書き連ねてみましたが、アナログレコードならではの大変さはやっぱりあります。なにしろまともに音がでるようになるまでが大仕事。おまけにメンテナンスが大変すぎて、すでに何度か失敗しています。次回はそのあたりの課題と対応策について、自分の体験をもとにお話できればと思います。

Ranking