マツザキ チアキ

マツザキ チアキ

仕事以外だと荷物が少ないので、巾着バッグを使うことが多いのですが、財布にポーチ、スマホの充電器、ペットボトルを入れると形が崩れてしまうのがすごく残念だな~と思っていました。

どんなファッションにも馴染みやすい巾着バッグだからこそ、出番が多くなっているにもかかわらず、あまり機能性がないので、出先で少しストレスを感じることも少なくありません。そのうえ、マチがないものがほとんどなので、地面に置きたいときは自立してくれないし……。

このように、巾着バッグユーザーからすると、もっと機能性がある巾着バッグが欲しい!というのが本音でした。

機能性あふれた巾着バッグ

ROOMIE×パトリックステファン 巾着バッグ

サイズ:高さ 23.5cm、横 28cm

その声を聞いてくれていたの?と言わんばかりか、なんとROOMIEが財布やバッグ、スマホショルダーなど、さまざまなレザーのアクセサリーを展開しているフランス人デザイナーが手がけるのブランド「パトリックステファン」とコラボアイテムを作ったというのです。

それがまさに、求めていた巾着バッグ。

スマホや財布、ポーチ、充電器、350mlのペットボトルなどが十分入る大容量っぷり。ちょっとした外出には申し分ないほどの収納力です。

マチ

マチの幅 15.5cm

重みのあるアイテムをいれても型崩れしない秘密は、このまあるいマチにあります。

バッグ 横から見た

このマチがあるおかげで、バッグは自立してくれるし、バッグを底から支えてくれるので型崩れしないのです。

底がまあるい円柱バッグだと、少し上品に見えてしまわないか? と不安に思いますが、こちらは上部が巾着で絞れるようになっているので、カジュアルな雰囲気に。そのため、ユニセックスで使いやすいのもポイントです。

展開カラーが絶妙

素材、カラー ヨリの写真

ROOMIEカラーの暗すぎず明るすぎないマットなグレーのレザーで、写真通りのカラー。使っていくとどんどん馴染んでいき、やわらかくなっていくだろうなと感じる素材です。

裏地のカラー展開

バッグの裏地はピンクやオレンジ、イエローといったビタミンカラーの3色と、ホワイトの全4色展開

どれも、グレーとの相性がバツグンなのですが、私は悩んだ結果、オレンジを選びました(ギリギリまでピンクと悩んでいました)。

裏地がオレンジ

私は原色が大好きなので、バッグを少し開けたときにチラッと見えるカラーがたまらない!

バッグの裏地と身に着ける小物で色を合わせるのもよさそうです。

さらに、バッグの裏地には、ROOMIEとパトリックステファンの文字がレザータグに刻印されているのもポイント。主張しすぎないタグは、気を遣わなくて◎。

どんなファッションでも、どんな持ち方でもOK

バッグを持って歩く

実際にバッグを持って、いざ外出!

取り外し可能なストラップ

ストラップの長さ(素材は本体と同じ牛革):126cm、80cmの2種類(ともに金具は除く)

ギュッと絞る紐で持つのもアリ、取り外し可能なストラップを付けて肩欠けるのもアリなので、服に合わせてバッグも変えられるのが、本当に使いやすいんですよね。

アウターの上からバッグを斜めに掛ける

いまの時期、アウターを着ることが多いので、肩からかけるのは難しいかな~と思っていましたが、そんなこともありません。

ショルダーストラップは長さ調整が可能なので、アウターの厚さにあわせて、ちょうどいいところに調整できます。

ワンピース着用 肩から掛ける

また、片方の肩に掛けて持つことはないかな~と思っていたのですが、この時に着用していたヘンリーネックタイプで胸ポケットのあるワンピースの場合、斜めにかけてしまうと体の上半分がごちゃつきそうだったので、肩から掛けてみると意外としっくり!

「この服が着たいし、このバッグを使いたいけどなんか違う」なんてこともあるので、持ち方を変えられるバッグはとっても便利だな~感じています。

バッグを手で持つ

といいつつ、私のスタンダードな持ち方はこちら。

買って損なしの巾着バッグ

バッグを手で持つ 後ろ姿

いままで出会わなかった、とっても使いやすい巾着バッグですが、ROOMIEでしか手に入りません!

機能性のある巾着バッグは、持っていて損なしなので、ぜひゲットしてほしいな~。

Migaru GRAY-BAG

Photographed by Junmaru Sayama

あわせて読みたい:

マツザキ チアキ

マツザキ チアキ

大阪生まれ大阪育ちのROOMIE編集部員。お笑いとテレビが大好きです。

special

ROOMIE10周年を記念して、デザイナーズブランド「PATRICK STEPHAN(パトリックステファン)」に別注した「Migaru GRAY-BAG」。大きなバッグのようにかさばるストレスがなく、ポケットに物を入れる手ぶらスタイルよりも頼りになる巾着型のバッグが誕生しました!

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking