79

毎日使うものといえば、何が浮かびますか?

たくさんあることと思いますが、そのひとつが私の場合は“靴下”です。

すっかり寒くなった今から真冬にかけて、私イチオシの靴下を紹介したいと思います。

この値段でメリノウールだと…!?

ワークマン「メリノウールフルパイルソックス」

ワークマン「メリノウールフルパイルソックス」780円(税込)

登山やハイキングに最適な靴下の素材に、メリノウールというものがあります。

メリノウールとはオーストラリアやニュージーランドで飼育されているメリノ種という羊の毛のことで、優れた保温性、防臭性、通気性による速乾性を備えているそう。

まさに靴下には理想的な素材ですね。

ワークマン「メリノウールフルパイルソックス」

ワークマン「メリノウールフルパイルソックス」は、この素材を50%も使用しながらなんと税込780円

かなり安価に抑えたお値打ちの靴下になっています。

登山用靴下といえば値段が2000円台が多い中でかなりの破格! でも50%って性能はどうなのでしょう。

もこもこのフルパイル仕様

ワークマン「メリノウールフルパイルソックス」

片方を裏返してみました。ゴム地の足首部分以外はフルパイル仕様になっています。

ワークマン「メリノウールフルパイルソックス」

ワークマン「メリノウールフルパイルソックス」

かなりもこもこであたたかそうですね。

手頃な価格とは思えないしっかりとした生地で、見たところのクオリティは良好そうです。

ワークマン「メリノウールフルパイルソックス」

履き心地もかなり良好!

ふわふわとつつみこんでくれるようなしっかりとした厚みがあって、かなりあたたかい!

ワークマン「メリノウールフルパイルソックス」

厚みがあるので、長時間履いても歩き疲れを軽減してくれそう。

足元が快適って幸せ…

ワークマン「メリノウールフルパイルソックス」

一日中はいても汗でビショビショにならないので快適さが一日中続きます。

一度履いたらもう虜ですね。

思わず冬用靴下をすべてこの靴下で新調しました。

普通の靴下よりは割高かもしれませんが足元が快適だと一日の気分が全く違いますね!

飽きのこない豊富なカラーバリエーション

ワークマン「メリノウールフルパイルソックス」

色のバリエーションも豊かで、カジュアルなシーンからスーツの下にも履けそうなブラックまで。

ツートンカラーが自然な配色になっているため、いろいろなシーンで使えそうです。

まだまだこの写真にない色もありました。

残念なところ:ちょっとデリケートかな?

ワークマン「メリノウールフルパイルソックス」

メリノウールなため、乾燥機にかけられないのが残念なポイント。

柔軟剤が使えないなど、洗濯上での制約が普通の靴下よりは多いです。

注意書きに裏返しで洗うようにと書かれているように、なにか引っかかるとすぐにほころんでしまったりするウール特有のデリケートさがあるので、それを面倒に感じる方には使いづらいかも。

しかしそれをさし引いても、換えられない快適さがこの靴下にはあります。

目印は「MERINO WOOL」

ワークマン「メリノウールフルパイルソックス」

ロール紙と紐だけというかなりエコなパッケージ

ワークマンには多種多様な靴下があるので間違えて買わないように、「MERINO WOOL」の文字を目印に探すといいと思います。

ワークマン「メリノウールフルパイルソックス」

最近何かとアウトドアライクなウェアで人気なワークマン。

ウェアやパンツは何枚も持っていますが、まさか靴下までワークマンで揃えることになるとは思いもしませんでした。

ワークマン「メリノウールフルパイルソックス」

興味が湧いた方は売り切れる前に、お早めにどうぞ!

あわせて読みたい:

Ranking