3

掃除のなかでも、特に面倒なのがお風呂

風呂釜の汚れはもちろんのこと、椅子や桶についた石鹸カス、収納バスケットについた水垢、絶対に触りたくない排水口……。

大きいものから小さいものまで、とにかく洗うべきものが多すぎる……!

そんなお風呂の掃除を一網打尽すべく、前から気になっていた木村石鹸のアイテムが3つ入った福袋を楽天でゲット!

コレが最高だったんです。

お風呂まるごと洗浄剤

木村石鹸 お風呂まるごと洗浄剤

木村石鹸 お風呂まるごと洗浄剤

一つ目は、「お風呂まるごと洗浄剤」

以前ROOMIEでも紹介されたこちらのアイテムは、残り湯に洗浄剤を入れて追い焚きし8〜10時間放置するだけで、風呂釜をまるっと洗うことができるというスグレモノ。

木村石鹸 お風呂まるごと洗浄剤

合成界面活性剤を使わず、石鹸をベースとした成分でできているため、お肌にも優しいのだとか。

洗浄剤をお湯に入れてかき混ぜていると、石鹸のような甘い香りがして、癒されました。

木村石鹸 お風呂まるごと洗浄剤

何でもかんでもポイポイとつけ置きできちゃう

一緒に椅子や桶などをつけ置きできるのもありがたい!

木村石鹸 お風呂まるごと洗浄剤

つけ置きの後に、椅子などをスポンジで軽くこすると、ベト〜ッとまとわりついていた石鹸汚れがするんと落ちました。

一点注意点(?)をお伝えするなら、メーカーの最新のパッケージとちょっぴり違うようなので調べたところ、こちらの福袋のものは旧パッケージなようです。

現パッケージのものが欲しい場合は、公式サイト等で単品購入するのが良さそうです。

風呂床の洗浄剤

木村石鹸 お風呂まるごと洗浄剤

木村石鹸 風呂床の洗浄剤 770円(税込)

私にとって特に億劫だったのが、風呂床の掃除

凹凸面に溜まった水垢がなかなか取れず、だんだん掃除するのが面倒に……。

そして放置すればするほど、どんどん水垢が溜まっていくという悪循環に陥っていました。

こちらのアイテムは、銭湯などで使われる洗浄剤を家庭向けに製品化したものなのだとか。

木村石鹸 お風呂まるごと洗浄剤

使い方は簡単。濡らした床に、付属のスプーン4杯分の洗浄剤をまき、

木村石鹸 お風呂まるごと洗浄剤

ブラシなどでこするだけ。

床をよく濡らし、洗浄剤を水でなじませるようにして広げていくのがコツかと思います。

木村石鹸 お風呂まるごと洗浄剤

左:before 右:after

掃除後、あれほど頑固だったピンク色の汚れが、消え去っているのに感動。

心なしか、風呂床がワントーン明るくなったような気がします。

約5回分入っているので、定期的に風呂床の洗浄剤を使って、ピカピカの床を保っていきたいものです。

排水口の洗浄剤

木村石鹸 お風呂まるごと洗浄剤

木村石鹸 排水口の洗浄剤 869円(税込)

最後は、お風呂の排水口を洗浄するためのアイテム。

木村石鹸 お風呂まるごと洗浄剤

粉末を排水口にふりかけ約40℃のぬるま湯をかけると、モコモコの泡で排水口を包み込むようにして洗うことができます。

木村石鹸 お風呂まるごと洗浄剤

これまでお風呂の排水口掃除には、同様に発泡する市販の塩素系洗浄剤を使用してきたのですが、ツンとした匂いが気になることも。

その一方で、こちらのアイテムは無臭で、心地よく使うことができました。

木村石鹸 お風呂まるごと洗浄剤

キッチンの排水口にも利用できますよ。

約5~6回分入っているので、日頃のケアに活用していく予定です。

木村石鹸 お風呂まるごと洗浄剤

木村石鹸の3つのアイテムのおかげで、水まわりの掃除が大幅にはかどるように

どのアイテムも、掃除用品らしさを感じさせないシンプルなデザインで、香りも自然

これなら、大掃除などの気合いを入れた掃除だけでなく、日頃の掃除にも使えそうです。

来年からは、このアイテムをストックして、日頃からピカピカの水回りを保っていきたい

水回りの掃除に手こずっている方、ぜひチェックしてみてくださいね。

あわせて読みたい:

Ranking