34

グッと冷え込みが強くなるこの頃の朝は、ギリギリまで布団に入っていたい気持ちと、早く起きておいしいコーヒーを飲みながら身支度をしたい気持ちが葛藤しています。

布団でグダグダする時間の余裕を持ちつつ、サッとおいしいコーヒーが飲めたらいいな……と思い、シロカのコーヒーメーカーを使ってみることに!

コーヒーを挽く〜入れるまで1台で完結

シロカ 「コーン式全自動コーヒーメーカー」

シロカ 「コーン式全自動コーヒーメーカー」 19,800円(税込)※Amazon販売価格

シロカのコーヒーメーカーといえば、四角いフォルムでコスパがいいものをイメージしますが、私は最もスペックの高いモノをお迎え。

じつは、4年間コーヒーショップで働いた経験があり、コーヒーインストラクター2級の資格を持つほどコーヒー好きな私。ミルでコーヒーを挽く手間を省いて、毎朝挽きたてのコーヒーを飲みたいと思いこのコーヒーメーカーを選びました。

「コーン式全自動コーヒーメーカー」

ほかのシロカのコーヒーメーカーと違って、こちらは豆容器を搭載しているのが大きな特徴であり、私が選んだ理由のひとつ。毎回コーヒー豆を計る必要がなくなるのでラクチンなんです。

まるで自宅にコンビニコーヒーのマシンがあるかのように、挽きたてのコーヒーを手軽に飲むことができるのは◎。

タイマー予約機能で目覚めのコーヒーを

シロカの「コーン式全自動コーヒーメーカー」はタイマー予約の機能付き

シンプルなボタン操作で、使い方は簡単。

コーヒーを挽く粗さを調整したら、タンクに必要な量の水を入れて、ペーパーフィルターをセットするだけ。

予約する場合はタイマーの時間を合わせれば、その時間にコーヒーの抽出がはじまります

前の晩に水とフィルターをセッティング後、タイマーを設定しておけば、朝起きてすぐに挽きたてのコーヒーを用意しておいてくれます。

忙しい朝でも入れたてのコーヒーを飲めるのは、このうえない幸せ……。

コーヒー1杯分から抽出OK

こちらのコーヒーメーカーはコーヒーカップ1杯分から4杯まで選択できるので、ちょっとだけ飲みたい!といったときでも使いやすいのが嬉しいポイント。

ダイヤルをくるくる回せば、杯数が変更できます。

コーヒー豆を余分に使うことなく、少量であっても必要な分のみ抽出してくれるので、1人世帯の方にもぴったりです。

自宅でアイスコーヒーも手軽に飲める

シロカの「コーン式全自動コーヒーメーカー」には、ホット、マグカップ、アイスコーヒーの3つの抽出パターンがあります。

1台でホットもアイスも楽しめるので、1年中大活躍してくれます。

コーヒー豆の挽き目を細かく調整できる

ちなみに、コーヒー豆の挽き目は、繊細に味わいを左右します。

マイルドが好きな方は粗め、リッチな味わいが好きな方は細かめにすると、お好みの味わいに近づきます。

粗挽き(最大)から中挽き、極細挽き(最小)に挽いてみました。

このコーヒーメーカーは無段階で挽き目を調整できるため、お好みのコーヒーの味わいを再現しやすいですよ。

全自動コーヒーメーカーで暮らしを豊かに

このコーヒーメーカーを使い始めて約1年以上経ちましたが、タイマーで予約して、コーヒーの香ばしい香りで目覚める朝は最高!

シロカの「コーン式全自動コーヒーメーカー」は、忙しい毎朝をご機嫌にスタートできる激推しの1台なのでした。

シロカ コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C121 [シロカ]

あわせて読みたい:

Ranking