かいサポ

15

ここ数年、焼酎のイメージが変わってきています。例えばシュワッと爽やかなソーダ割り。糖質オフブームもあいまって、カジュアルに楽しまれるように。2000年頃の焼酎ブーム全盛期には”3M”(森伊蔵・魔王・村尾)といった銘柄はプレミアがつき入手しにくかったものの、今はネットで簡単に買えるようになっています。

焼酎には、安くておいしい隠れた名品がまだまだ沢山あります」と語るのは、焼酎を250種類取り扱う「焼酎ダイニングだけん」の店主・井上亮さん。今回は、井上さんにオンラインで入手しやすく、お手頃なのにすごく美味しい。「飲まないと損!」な焼酎を教えてもらいました。水割りやソーダ割り、紅茶割り(!?)など、初心者でも選びやすい切り口でセレクト。

井上さんの焼酎愛にあふれたセレクションに、いつもは飲まないタイプのお酒も飲んでみたくなること間違いなしです!

■この記事の監修者

井上亮さん
開店15年目(2021年12月時点)、焼酎を250種類取り扱う「焼酎ダイニングだけん」の店主。焼酎利酒師、泡盛マイスター。月一回、蔵元を呼んで地元の食材とのペアリングイベントを行うほか(コロナ禍により2021年12月現在は開催せず)、年に3〜4回は各地の蔵を訪れるなど、造り手との交流を大切にしている。

焼酎を選ぶ前に知っておきたい、たった1つのポイント

Image:Shutterstock


芋や麦、米、黒糖など原材料も多種多様で、同じような価格帯の商品がたくさんある焼酎。おいしい一本にめぐり合うためには、どうやって選べばいいのでしょうか?

ズバリ、井上さんの答えは「普段飲んでいるお酒に近いもの」を選ぶこと。

たとえば日本酒が好きな人なら米焼酎は親しみがわくでしょうし、ウイスキーが好きなら樽熟成させたタイプが口に合いやすい。ハイボールやビール好きはソーダ割りに合うものがいいでしょう。ワインが好きな人は、ワイングラスで飲んでみても。水割りにした紫芋の焼酎なら、特にワインっぽくなると思います。

なんと、焼酎をワイングラスで! 焼酎に詳しくない人でも、自分が好きなお酒をヒントに開拓していけばいいんですね。

井上さん曰く、焼酎はラベルにおすすめの飲み方を書いてあることも多いのだそう。そのほか、ラベルに書いてある情報で押さえておきたい知識は以下の3つ。

①原材料によって味が変わる!
自分の好きな材料(芋、麦など)を見つけよう。

②甲類と乙類がある!
甲類は連続蒸溜されているため、無色透明な味わい。材料による味わいを楽しむなら乙類をチョイス。

③麹によっても味が変わる!?
黒麹はどっしり系、白麹はマイルド、黄麹はフルーティな味わい。

【水割り】におすすめの焼酎

「水割りは焼酎の美味しさがいちばんわかる飲み方」と井上さん。水で割っても負けないうまみがあり、冷やしても香りが立つ銘柄を教えてもらいました。購入先の選定と記載は編集部によるものです。

【水割り】小牧醸造「一尚シルバー」 芋/鹿児島

『一尚シルバー』は、ひと言でいうと『ミルキー』。なぜかわからないんですが、ほんのりと甘く、まろやかで、ミルクのようなニュアンスがあるんです。この味わいは、ほかの焼酎ではなかなか体験できません。水で割るとさらにミルキーになります。ビギナーにも飲みやすい焼酎です。

【水割り】 八丈興発「麦冠 情け嶋」 麦/東京・八丈島

最近、香ばしい系の麦焼酎が増えていますが、中でも『麦冠 情け嶋』は、飲み慣れていない人だと『おっ!』と驚くほど香ばしい。東京の八丈島は焼酎の名産地ですが、島民の人々はほとんど水割りで飲むんです。味わいと香りがしっかりしているので、水を加えてもブレない麦の味を楽しむことができます。

【ソーダ割り】におすすめの焼酎2選

水割りよりもさらにのど越しがさわやかなソーダ割り。井上さんのお店でも、5割の人が頼むほど人気の飲み方です。冷やして飲むとおいしさがさらに引き立つ商品をセレクトしてもらいました。

【ソーダ割り】小正醸造「蔵の師魂 The Orange」 芋/鹿児島

ライチのような香りの焼酎で、ソーダ割りにするとフルーティな香りがさらに引き立ちます。焼酎でフルーティな香りなんて意外かもしれませんが、最近はこういう『香り系』の焼酎が流行しています。香料などを加えず、製法技術を工夫するだけで芋からこんな香りが出せるのは、焼酎のおもしろさ。焼酎とは思えない味わいで、お酒を飲み慣れていない人にもおすすめできる一本です。

【ソーダ割り】山田酒造「長雲 一番橋」 黒糖/奄美大島

黒みつのような厚みのある香りが特徴の焼酎です。製造工程の中でも黒糖を溶かす段階で試行錯誤を重ね、このような濃厚な香りを実現しているんです。ソーダで割ることで、爽快感が増します。

▼下記は1800mlの商品です

【コラム】これもおすすめ! 富田酒造場「龍宮 琥珀」 黒糖/奄美大島
入手難度は高めながら、同じ黒糖焼酎で井上さんがおすすめするのが、奄美大島・富田酒造場の「琥珀」。

ソーダ割りにすると、まるでハイボール。元の焼酎が、黒糖の甘味に加え、樽熟成による木の香りがついているので、ウイスキーに似ているからです。樽熟成に取り組んでいる酒蔵は年々増えていますが、黒糖で造っているところはまだそんなに多くありません。毎年季節限定でリリースされているので要チェックです」

ネットではなかなかお目にかかれないかもしれませんが、見つけたらぜひゲットしたいところ!
富田酒造場オンラインショップ

【ロック】におすすめの焼酎2選

井上さん曰く、ロックに合うのは「優しい味わいの焼酎」。するする飲めるもののほうが、氷で割るだけでも食事にも合わせやすいのだそう。そのほか、ちびちび飲みたい食後酒タイプもセレクトしていただきました。

【ロック】 黒木本店「謳歌」 芋/宮崎

紅茶っぽいニュアンスがある焼酎。芋の中でも、オレンジ系の色合いが特徴の『玉茜』を使っているのですが、これは柑橘や紅茶のような香りが現れます。優しい味わいで、ロックで飲むと風味をじっくり楽しめます。黒木本店は焼酎を『大地の香水』と呼んでいるのですが、まさにそれが形になったような華やかな焼酎です。

【ロック】 六調子酒造「太古一尊」 麦/熊本

これは、ウイスキ−好きの方にもおすすめしたい麦焼酎。雑味のない樽の甘みがきれいに溶け込んでいます。六調子酒造は、樽選びから温度・湿度管理に至るまで、完璧なまでにウイスキーのような造りを実現している造り手。蔵元から製造工程の説明を受けたとき、『ウイスキー蒸留所なのか?』と不思議な感覚に陥ったほどです。

【お湯割り】におすすめの焼酎2選

井上さんの最もお気に入りの飲み方であるお湯割り。「お湯割りに合うのは、粗さがなく、まったりと優しい甘みがあって、長い余韻を感じられる焼酎。何杯も飲み続けられるようなものが向いています」

【お湯割り】大和桜酒造「大和桜 newclassic」 芋/鹿児島

Image: 楽天

新酒と古酒をブレンドしているから『newclassic』。新酒の力強さと古酒の熟成感のほどよいバランスが特徴ですが、お湯割りにすることでその持ち味が一層際立ち、その絶妙さに唸るほど。5:5の濃いめはもちろんですが、焼酎と水を2:8の薄めにしても味わいがしっかり楽しめます。

【お湯割り2】柳田酒造「青鹿毛(あおかげ)」 麦/宮崎

Image: Amazon.co.jp

麦の香ばしさと甘みがたっぷりの焼酎。酒質を細かく設計して酒造りが特徴の蔵元が手がけています。蔵元がおすすめの飲み方は、ズバリ5:5のお湯割り。余韻に豊かな伸びがあり、洋酒にも負けない香味が楽しめます。

【オールマイティ】なおすすめの焼酎2選

Image: 楽天

りんごのような酸味のあるフルーティな焼酎です。ソーダ割りやロックなど、どんな飲み方でもおいしいですが、当店での一番人気はソーダ割り。デザートと合わせてもいいですね。

▼下記は1800mlの商品です

【オールマイティ】重家酒造「ちんぐ 白麹仕込み」 麦/長崎

Image: Amazon.co.jp

今回紹介したなかでは最もすっきりした味わい。日本酒造りに精通している蔵元ならではのノウハウを生かした焼酎なので、日本酒を好む方でも楽しめる味わいだと思います。蔵元は、ソーダで飲むことを『しゅわっちんぐ』と呼んでいるんですよ!

【お茶割り】におすすめの焼酎3選

お茶割りというと、お茶の味わいを邪魔しないシンプルな焼酎を使うイメージがあります。しかし、よく合う本格焼酎で作れば、お茶割りはさらにおいしくなるんです。今回は、スタンダードな緑茶だけではなく、紅茶や麦茶に合う焼酎もセレクトしてもらいました。
「香りが似ていて、割るとさらにおいしさがふくらむような同調系の焼酎を選んでみました」

【紅茶割りに】松露酒造「カラフル」 芋/宮崎

Image: Amazon.co.jp

この焼酎は、宮崎紅と玉茜という2種類の紅芋をブレンドすることで、紅茶らしいニュアンスがさらに強くなっています。少し渋みのある紅茶と2:8くらいで薄めに割ってみてください。温かい紅茶で割って、ケーキなどのスイーツと合わせるのもおすすめです。

▼下記は1800mlの商品です。紅ラベル・茜ラベルがありますが、同じ商品です

【麦茶割りに】 常徳屋酒造場「道中 焙煎燻蒸醸し」 麦/大分

Image: Amazon.co.jp

ロースト香が強く、水割りにするだけでも麦茶みたいな味わいがする麦焼酎。麦を焙煎させているのですが、2次仕込みの際、さらに焙煎した麦を加えて発酵させることで、スモーキー感を増強させた麦焼酎。冷たい麦茶で割れば、夏場は特にグビグビ飲めちゃいます!

【緑茶割りに】 知覧醸造「知覧Tee酎」 芋/鹿児島

Image: 楽天

もろみに抹茶を入れた焼酎で、蔵元は焼酎蔵とお茶農家を兼業している両分野のスペシャリスト。緑茶で割れば、芋とお茶の甘みがさらに際立ちます。温かい緑茶でぜひ!

▼下記は1800mlの商品です

芋焼酎好きなら必ず飲みたい”狙い目”の焼酎

続いては原料別のおすすめ焼酎をピックアップ。芋焼酎は、「クラシックな造りを大切にしながらも、いま、前衛的に頑張っている!」と太鼓判を押せる井上さんの”推し蔵”を教えていただきました。

【芋の狙い目】農業法人八千代伝酒造「八千代伝 白」 芋/鹿児島

Image: Amazon.co.jp

井上さん曰く、”変態”的なまでに突き詰めた造りを行う鹿児島県・農業法人八千代伝酒造。その社名のとおり、自ら農業を営み育てた芋で焼酎を仕込んでいるそう。

良質な芋を追求した結果、自らの手で芋を育て始めた蔵です。そんな造り手のいちばんのお気に入りが『八千代伝 白』。

収穫したばかりで傷みが一切ない芋をすぐに仕込むことにも、強いこだわりを感じます。ぜひお湯割りでまったり飲んでほしいです。

【芋の狙い目】中村酒造場「玉露 黒」 芋/鹿児島

Image: Amazon.co.jp

焼酎界でも憧れる人の多い名杜氏・上堂薗孝蔵さんのもとで修行した若手蔵元・中村慎弥さんの率いるエネルギッシュな中村酒造場。

焼酎の原料の中でも、『麹』は発酵や味わいに重要な役割を果たしますが、その麹づくりにともかく力を入れている蔵。ほかの焼酎蔵にはほとんどない、石造りの麹室を持っています。黒麹で造ったこのお酒は、キレ上がりがよくシャープな味わいながら、しっかりとした芋の風味と米麹の甘味も兼ね備えています

麦焼酎好きなら必ず飲みたい”狙い目”の焼酎2選

麦焼酎は、オンラインで入手しやすい&クオリティの高い2品が登場! 味わいの傾向が違う2タイプを選んでもらいました。

【麦の狙い目】藤居醸造「特蒸泰明」 麦/大分

Image: Amazon.co.jp

麦の味わいがしっかりとしていて、ビスケットのような香ばしさとまったりとした甘みが味わえる麦焼酎。

まろやかで、飴のようにとろっとした丸い甘みがあります。お湯割りがおすすめですが、食後にロックで楽しむのもいいと思います。

【麦の狙い目】尾鈴山蒸留所「尾鈴山 山猿」 麦/宮崎

Image: Amazon.co.jp

尾鈴山蒸留所は『百年の孤独』などで有名な黒木本店の別蔵。農業法人として、自社で原料の栽培を行っています。

一口飲めば、麦本来の強い個性と、尾鈴山の超軟水の仕込み水との相性の良さが実感できるはずです。強くもやわらかな味わい珠玉の麦焼酎。

黒糖焼酎好きなら必ず飲みたい”狙い目”の焼酎2選

黒糖焼酎にも、すっきりしたものと、甘みが強いものがあります。黒糖焼酎の本場・奄美大島から、タイプ別の2本を厳選してもらいました。

【黒糖の狙い目】朝日酒造「たかたろう」 黒糖/奄美大島

Image: Amazon.co.jp

「朝日」という銘柄で有名な朝日酒造。「たかたろう」とは、入道雲という意味なんだそう。

奄美を訪れたとき、ありとあらゆる黒糖焼酎を飲んだあとにこれを一杯飲んで、『なんて飲みやすい黒糖なんだ!』と感激しました。減圧蒸留ですっきりしているんですが、常温の水割りやソーダ割りでも素材の味わいがほどよく感じられます。飲み慣れていない人や、軽く飲みたいときに。食中酒としても最適です。

【黒糖の狙い目】富田酒造場「龍宮 らんかん」 黒糖/奄美大島

Image: Amazon.co.jp

「圧倒的な甘味とまろやかさ!」と井上さんが推す黒糖焼酎。

お湯で飲むとさらにわかりやすくなります。おすすめは焼酎:お湯=7:3くらい。蔵元さんが料理好きとあって、食中酒としても万能。お酢やパッションフルーツなど、酸味のある味付けに合います。

米焼酎好きなら必ず飲みたい”狙い目”の焼酎2選

米焼酎は、造りにとことんこだわる二つの蔵が登場。どちらも甘みをじっくり味わえるタイプです。

【米の狙い目】寿福酒造場「武者返し」 米/熊本

Image: Amazon.co.jp

「食べておいしいお米でなければおいしい焼酎は造れない!」と、原料からこだわる寿福酒造場。多くの蔵がすっきりタイプの減圧蒸留にシフトするなかで、常圧蒸留にこだわり続けたという歴史があります。

家族経営の小さな蔵。2年以上寝かせているので丸みがあり、米の甘みがよく感じられます。蔵元おすすめの飲み方が『燗ロック』。ロックグラスに氷を入れ、燗つけした焼酎を注ぐ飲み方です。一度温めることで、米本来の甘みが際立ちます。お湯割りもマストな焼酎です。

▼下記は1800mlの商品です

【米の狙い目】六調子酒造「特吟六調子35度」 米/熊本

Image: Amazon.co.jp

熊本・六調子酒造が熟成させた「特吟六調子35度」の濃厚さは、井上さん曰く「バター飴」。

この濃厚でまったりとした余韻がお米から造られるということがすごい! アルコール度数が35%と少し高めですが、焼酎とお湯を4:6で割ると、旨みがたっぷりの美味しさがより感じやすくなると思います。

まとめ

ストレートでも割ってもおいしい焼酎は家飲みの強い味方。飲み方から選ぶもよし、原料から選ぶもよし。プロおすすめの一本で、年末の家飲みをグレードアップさせましょう!

撮影:岡崎健志(1、4〜9枚目)

「かいサポ」チームでは、あなたのお買いものをスマートにサポートするコンテンツを配信。家電にインテリア、コスメ、スキンケア、アウトドア用品にガジェット、フードまで。その道のプロが「ほんとうにいいもの」への最短距離をご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking