ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

ギズモード・ジャパンより転載。

世界初の技術ですって。

電熱線の代わりに、銀ナノインクが発熱するペラッペラのシート型USBヒーター「INKO Heating Mat Suede」。薄さはたったの1.5mmで、92gと軽いので携帯しやすく、座布団やクッションなどの隙間にも忍び込ませやすいアイテムとなっています。

「INK(インク)」+「ECO(エコ)」で「INKO」(インコ)

見た目はブーブークッションのようですが、かなりハイテク。表面は肌触りの良い人工スエード素材で高級感もあり、お尻の下でも膝の上でも、最大9Wで両面がすぐ温まって電磁波を出さない…という特徴を持っています。

安全性も高く温度調節は3段階

機能面では12時間連続稼働だったり、接続部分が70度以上に加熱するとオフになるので安心。温度は3段階に調節できるので、低温火傷も防げます。

カラバリはアーバングレイとローズウッドの2色で4,950円のお値段。軽くて薄いので、お尻やマウスを握る方の腕の下、お腹や膝の上など気分次第で好きな箇所を温められますね。アウトドアや災害時にも役立つことでしょう。窓際のテレワークで凍えている、筆者のような人にもぜひ。

Source: YouTube, ROA via Dospara (1, 2)

text by 岡本玄介

あわせて読みたい:

ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

special

いよいよルーミーにとって待望の冬が到来。寒いこの時期だからこそ、部屋にこもって身体をいたわったり、キレイになったり、精神的にも豊かになったり。そこで本特集では、ルーミーなりの「冬ごもり」を探求していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking