mio

mio

6

ノートパソコン1台あれば問題なく仕事をできるし……と思って、気にかけていなかったキーボード。

しかし、ためしに使い始めてみたワイヤレスのキーボードを導入して2ヶ月が経ったいま、キーボードなしの作業は考えられない!と思うほど作業には欠かせない存在になったのです。

デバイスを3台も同時接続できる

ロジクール 「K780マルチデバイス ワイヤレスキーボード」 7,480円(税込)
※2021年12月10月現在、Amazonにて5,945円(税込)にて販売中

それが、ロジクール「K780マルチデバイス ワイヤレスキーボード」。据え置きで使うフルサイズのBluetooth接続式のキーボードです。

タイピングの音は静かなのに打ちやすいのが魅力。そのうえ、使っているとタイプミスのしづらさも感じました。

最大の特長は1台のキーボードで、3台のデバイスに同時接続できること。

Bluetoothでキーボードにデバイスに接続しておけば、キーボードのF1・F2・F3キーでデバイスを簡単に切り替えられます。

たとえばパソコン作業の途中で、スマホのメッセージ通知へ返信したいとき、このキーボードならスムーズにデバイス間の切り替えが可能。

パソコン作業を中断してスマホを持ち替えて……としていると、もともと何の作業をしていたか忘れた! なんてことを防げるのです。

丸いキーが指に馴染んで打ちやすい

コンパクトで持ち運びやすいキーボードは家でも外でも使えて便利なのですが、キー同士の間隔が狭すぎたり、キーボードが浅すぎて打ちづらかったり……。

しかし、このキーボード程よい間隔に並んだ丸いキーが指に馴染んで打ちやすく、タイピングに無駄な力がいらないのです! スラスラ打てることで、デスクワークの集中力が長持ちして作業効率が上がりました。

長時間の作業もラクな体勢で行える

さらに、キーボードを導入してよかったな~と感じるのが、ラクな体勢で作業ができること。

デスクワークで肩こりがひどく、首まで凝ってしまったことはありませんか? このキーボードを使い始める前は、私もまさにそんな感じでバキバキでした。

しかし、キーボードひとつ取り入れるだけで、自然と画面から顔を離せるようになり体が凝りづらくなったのです。これなら長時間の作業も苦にならない!

ちなみに、シンプルで丸みを帯びた見た目もお気に入り。

デザイン性が高いのキーボードは、機能面が不十分に感じることもありますが、このキーボードは多機能で打ちやすいうえに、部屋で浮いてしまうこともありません。

もっと早くゲットしておけばよかった

キーボードが不要だと思っていたのに、いまでは作業中に手放せない存在になったロジクールの「K780マルチデバイス ワイヤレスキーボード」。

機能性もデザイン性も十分なのに、自然とラクな体勢で作業できるなら、もっとはやく取り入れたかったな~。

「K780マルチデバイス ワイヤレスキーボード」ロジクール

あわせて読みたい:

mio

1996年生まれのフリーライター。バリスタ、メーカー営業を経てフリーランスに。好きなものはサウナ、コーヒー、観葉植物、フィルムカメラ。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking