クラフトジンが流行っているようです。

ジンの条件は、「ジュニパーベリー」という西洋ネズ果実を副材料にした蒸留酒。

そこに様々な素材を加えて、味や香を工夫したのがクラフトジン。

日本のクラフトジンも注目されており、焼酎を抜いて、ウイスキーに次ぐ輸出額になっています。

今回は世界で銀賞(IWSC2019)を受賞したジンを紹介します。

養命酒のクラフトジン「香の雫」

養命酒製造  香の雫(ジン 300ml) 968円(税込)

クロモジをメインに11種の和のハーブを使っています。

クロモジとはクスノキ科の樹木で、とても良い香りがします、楊枝の材料として使われていたりもする木です。

クロモジの楊枝を添えると、和菓子がグレードアップしちゃいますね。

年数を経た樹皮が、黒味を帯びて、文字を書いたような独特の模様になります。

クラフトジンの入門にもぴったり

このクロモジは私の好きな樹で、数年前から育てています。

素敵なクロモジの盆栽を目指して、枝を剪定すると、とっても良い香りに包まれまるんですよ。

そんなクロモジをはじめとしたハーブの特徴を引き出す独自の製法、仕込み水は、中央アルプスの花崗岩に磨かれた、清冽な伏流水。

さすが養命酒!

価格も手頃で、取扱店舗も多く、クラフトジンの入門に最適です。

脱ジントニックを考える

ジンと言えば、まず思い浮かべるのがジントニック。

ジントニックに使用するトニックウォーターは、炭酸水に柑橘エキスや糖類を加えた清涼飲料。

定番のカクテルですが、甘みが加わることで、食事との相性はイマイチになってしまう印象。

まずは、炭酸水で割って「香の雫」の味と香りを確認しましょう、クロモジをはじめとした、香と爽やかな味が楽しめます。

ベースとなる味と香りを楽しんだら、自分好みにアレンジを。

オススメのアレンジたち

私のおすすめは、フレッシュな柑橘の香りを加えること。

レモンの強い香りも良いですね〜。

少し穏やかなカボスもいいですよ、和のハーブを使ったクラフトジンには和の柑橘が合う感じです。

キレッキレの爽やかさが、食事にも合います。

柑橘の皮を使って香りのみを加えるか、果汁を絞って味も変えるか、う〜んどちらもいい感じ。

少し甘みを加えると、別の味わいになります。

ROOMIEで以前に紹介したジンジャーシロップを少し加えてみました。

甘みを加減すれば、食事にも合わせることができます。

もちろん、トニックウォーターと合わせても、美味しいジントニックになります。

この香りは、高級楊枝と同じなのよ、とか、日本は昔から香草や香木を楽しんでいたハーブの国なのだ!

などと言いながら、世界でも評価されたクラフトジンを楽しんでみませんか?

温かい部屋で、温かい食事とともに、キレッキレのクラフトジンを楽しむ、とってもオススメです。

Yomeisyu オンラインショップ

あわせて読みたい:

Ranking