わたしたちの心地よい暮らしに役立つもの、わたしたちが暮らすうえで積極的に選びたい、社会や環境に優しい商品、みんなにとって気持ちがいいアイテムやサービスを、編集部がピックアップする連載「Editor’s Pick」。

今回ご紹介するのは、心身をクリアに導くメディテーション・スポット「Inner Beauty Charge(インナー・ビューティー・チャージ)」

自分の心と向き合いたい。でも……

こなさねばならないタスクや、巷にあふれかえる情報を前に、思考が飽和状態になることはありませんか? そんなとき、意識をゆっくりと自分の内部に集中させてみると、昂ぶりが落ち着いてきます。

ただ、意識を内部に向け続けるというのは意外に難しく、スマホにパッと出たポップアップ通知に気がついたりでもしたら、途端にそちらが気になってしまうもの。ちょっとした変化によって、集中はすぐに途切れてしまいます。

20211124_shiseido_1
日常から解放、リセットされ、新たな美しさをチャージする「Inner Beauty Charge」。一人ひとりの心の状態を測定後、全4コースから最適なコースを選択し、音声ガイドを通じてセルフで行うメディテーション体験ができる。体験時間30分(体験前後の準備時間等は含まない)4,400円(税込)。

日本初のメディテーションカプセルを導入した癒し空間

自分に集中できる環境としておすすめしたいのが、「Inner Beauty Charge」。最新技術とヒューマンタッチを融合させた美の体験を提供する施設として、資生堂が2020年夏にオープンさせた「SHISEIDO GLOBAL FLAGSHIP STORE」内に設けられたメディテーション体験スペースです。2021年11月からはメニューに新たなコースが加わり、さらにパワーアップしています。

20211124_shiseido_2

体験者はまず、ディスコネクトと呼ばれるゾーンでヘッドセットを装着。このデバイスを通じて現在の心の状態が測定され、その結果をもとに、INSPIRE、ACTIVATE、EMPOWER、CALMの4つのコースから、最適なメニューが提案されます。

20211124_shiseido_3
ディスコネクトで心の状態を確認。集中力を養い想像力を高めたい人向けの「INSPIRE」、疲れた心身をリフレッシュさせたい人向けの「ACTIVATE」、よりポジティブになりたい人向けの「EMPOWER」、気持ちを落ち着かせて心をクリアにする「CALM」の4つからコースを選択。

メニューを選択したら、それぞれのコースに合わせて音や光が変化する空間であるSOMADOMEの中へ

20211124_shiseido_4
メディテーションカプセル「SOMADOME」の導入は日本初。音や光、香り、温感にアプローチする。

約20分間のリラックスタイムを終えると、体験中のメディテーションの状態がグラフで示されます。体験者はグラフによって、自らのリラックス度や集中度など、心の変化が確認でき、日々の生活に取り入れるとよい香りやお茶、つぼ押しのティップスといった、さまざまなアドバイスが得られるのです。

20211124_shiseido_5
メディテーション状態を振り返ることができるグラフ。Inner Beauty Chargeを受けた人のみがもらえるオリジナル茶葉をお土産に。

SOMADOME内は、資生堂を代表する美容液「アルティミューン」のグリーンフローラルの香りで満たされ、さらに音の臨場感あふれるバイノーラルビートが流れるなど、体験者の五感にアプローチ。またカプセルの外には、視るものをより鮮やかに美しく感じるようにさせるハイパーソニックサウンドが環境音として使用され、施設内には体験者を深い瞑想状態へと導く仕掛けが満載です。

年末が迫り、普段以上に慌ただしさを感じているかたも多いはず。メディテーション専用スペースを利用して、自分の心や身体に向き合い、リフレッシュを。

Inner Beauty Charge, GLOBAL FLAGSHIP STORE

Ranking