かいサポ

12

実はウイスキーは本来、食後酒として楽しむお酒。ウイスキーに合うおつまみを選ぶなら、チョコレート、ナッツ類など軽いものや、デザート感覚のものが一般的に好まれます。

一方、日本ではテレビ広告の影響で「からあげにハイボール」など食事とともにハイボールを飲む習慣もあります。このようにウイスキーの飲み方によっては甘いデザート系以外にも合わせることができます。

本記事では飲み方別におすすめのおつまみを紹介します。今回はウイスキー専門TENのマスター岡村天翔さんにインタビューし、ウイスキーの奥深い世界を教えていただきました。

お手軽リーズナブルおつまみから、バーではなかなか出会えないおつまみまで紹介します。家飲みするシーンも増える昨今、家飲みだからこそできるおつまみを用意してウイスキーとの相性を楽しみましょう。

■この記事の監修者

岡村 天翔さん
東京・下北沢にあるウイスキー専門店「cafe&bar TEN」のマスター。バーでは常に800種類以上ウイスキーを取揃えるほど、まさにウイスキーの専門家です。YouTubeチャンネルも開設していますので要チェック。
わかりやすい解説とマスターの甘いマスクが反響を呼びウイスキー愛好家から支持を集めています。「ウイスキーをもっと身近なものに」をコンセプトにウイスキーの魅力を伝え続けています。
Instagram:@cafebar_ten

【飲み方別】ウイスキーと合うおつまみの選び方

ウイスキーの基本、4種類の飲み方

まずはウイスキーの基本的な飲み方を4つ押さえておきましょう。
飲み方を変えるだけで香りや味わいが変わります。基本的な飲み方は以下の通りです。

ストレート
ウイスキーに何も加えずに飲みます。香りや舌触り、お酒の質がそのまま伝わるため、本来の味を楽しみたい方に最適な飲み方です。飲み方のポイントは、舐める程度の量を少しずつ飲むこと。

ロック
ロックグラスに氷を入れ、ウイスキーを注いで飲みます。氷が溶けていくにつれて味の変化を楽しめます。そのため、過程を楽しみながら飲みたい方におすすめです。

水割り
氷の入ったグラスにウイスキーを注ぎ、水で割って飲みます。水割りというのは、日本独自のスタイルです。どんなウイスキーとも相性が良く、水の分量によってウイスキーを好みの濃さに調整できるため、初心者にもおすすめの飲み方です。

ハイボール(ソーダ割)
氷の入ったグラスにウイスキーを注ぎ、ソーダで割って飲みます。炭酸の刺激がきくため、清涼感が好きな方におすすめの飲み方です。また、レモンを絞ったり、スライスを入れることで、より清涼感のある飲み口になります。

ただし、重いタイプのウイスキーをソーダで割るとえぐみがでやすいため、軽いタイプのウイスキーがおすすめ。ウイスキーのソーダ割=ハイボールという認識は日本特有の考え方なのです。

ウイスキーを一番感じる飲み方はストレートですが、初心者の方は飲みやすい水割りやハイボールがおすすめです。また、ウイスキーの飲み方は上記4つがメジャーですが、ほかにもトワイスアップやハーフロック、カクテルにして飲む方法もあります。

『おすすめのウイスキー』でも詳しく解説しているので、気になる方はチェックしてみてください。

【ストレート】飲み方別、おすすめのおつまみ

ウイスキーの味や香りをそのまま楽しむストレートでは、ウイスキーの種類によって合うおつまみが変わります。甘めの風味を感じるウイスキーであれば、チョコレートやフルーツ系が合い、スモーキーな香りがたつタイプであれば燻製したおつまみがよく合います。

チョコレート

Image: Amazon.co.jp

ウイスキーといえばチョコレートです。ウイスキー入りのチョコレートがあるくらい、相性は抜群。チョコレートであればどんなものでも合いますが、できればカカオ率高め、ミルク率低めのビターチョコがおすすめです。ミルク分が多いとウイスキーの香りを邪魔してしまうため、ストレートの良さが半減してしまいます。

ドライフルーツ

Image: Amazon.co.jp

フルーティーさを感じるウイスキーとの相性が抜群です。レモンやオレンジなど柑橘系やレーズンなどのベリー系、ほかにもイチジクやパイナップルなどフルーツによって甘さと酸味が違います。それぞれの特徴でウイスキーの味わいが変わるため楽しめます。

ナッツ

Image: Amazon.co.jp

塩味の効いたナッツ類がとくにおすすめです。ウイスキーが持つ木の実のような香りと、アーモンドやカシューナッツなどのナッツ類がよく合います。

木の実の香りは、ウイスキー樽から移るの木っぽさや、原料である大麦の風味によって生まれます。また、おつまみでありながら、栄養価も高いことから人気のおつまみ。さまざまな種類のナッツが入っているミックスナッツだと、ウイスキーの飲み方を変えながら楽しめます。

スモークチーズ

Image: Amazon.co.jp

ピート香のあるスモーキーなウイスキーとよく合います。また、燻製したおつまみは、ウイスキー本来の味とマリアージュしやすいためスモーキーなウイスキー以外でも楽しめます。

【ロック】飲み方別、おすすめのおつまみ

氷が溶ける過程を楽しむロックでは、味わいの変化とともにおつまみを変えられる面白さがあります。飲み始めは、ストレートで紹介したおつまみを合わせるのもおすすめです。

スモークサーモン

Image: 楽天

魚介の風味と塩味のあるスモークサーモンは、冷えたウイスキーとよく合います。氷が少し溶け、ウイスキーの風味が変わった後でも楽しめます。

和食や煮物

Image: Amazon.co.jp

スモーキーなウイスキーと和食の出汁はよく合います。とくにだし巻き卵、煮びたし(ピーマン、なす)などがおすすめ。塩味や旨味、甘味のバランスがとれている料理なので、変わっていくロックの風味を邪魔しません。

【水割り】飲み方別、おすすめのおつまみ

アルコール度数を下げて飲みやすくしながらも、香りと味を楽しめます。口当たりが軽くなるため、濃すぎる味のものより、さっぱりとした味の方がおすすめです。濃い味のものだと、ウイスキーの風味が感じにくくなります。

燻製たまご

Image: 楽天

少しスモーキーなウイスキーの水割りには、燻製系でもさやしい味付けのものがおすすめです。塩味が足りないと感じたら、塩をつけて食べてもよいでしょう。

野菜チップス

Image: 楽天

やさしい塩味と野菜の味で、水で割ったウイスキーの風味を消さずに楽しめます。ウイスキー初心者におすすめのスペイサイドなど、飲みやすいウイスキーとの相性はさらに抜群です。

サラミ

Image: Amazon.co.jp

水割りのあっさりした味わいに、アクセントが欲しくなった時におすすめです。塩味が強く、スパイシーさもあるので少しずつ食べるとウイスキーの風味を損ないません。

【ハイボール】飲み方別、おすすめのおつまみ

ハイボールはさまざまなおつまみと相性がよく、ここまでに紹介したものにもよく合います。中でもとくにおすすめのものを紹介します。

ソーセージや唐揚げ

Image: Amazon.co.jp

炭酸の飲みごたえと肉汁がよく合います。ハイボールの場合、ウイスキーが爽やかかつ甘い印象に感じるため、味のしっかりしたものと合わせるのがおすすめです。

ポテトチップス

Image: 楽天

コンビニやスーパーですぐ手に入る、手軽なおつまみとしておすすめです。コンソメやピザ味などたくさんありますが、味はシンプルなうす塩がベスト。

いかの塩辛

Image: Amazon.co.jp

海の塩っぽさがスモーキーなアイラ系ハイボールとよく合います。また、いかの塩辛を出すバーはほとんどありません。家飲みだからこそできるペアリングです。

【コンビニで買える】ウイスキーとの相性抜群、おつまみ8選

ストレート、ロック、水割り、ハイボール、どの飲み方にも合わせやすく、かつコンビニで変えるオススメのおつまみを紹介します。ここではセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートの3店のプライベートブランドから厳選しました。

【セブンイレブン】レーズンバターサンド、貝ひもなど

7カフェ 発酵バター仕立てのレーズンサンド(税込365円)

なめらかな舌触りでカカオの濃い香りが引き立つ一品。シェリー樽系のウイスキーや、ドシっと重ためのスモーキーなウイスキーにも合います。できればストレートでゆっくり飲みながら少しずつ合わせるのがおすすめです。

商品情報はこちら:7カフェ 発酵バター仕立てのレーズンサンド(税込365円)

7カフェ 濃厚くちどけのガトーショコラ(税込300円)

なめらかな舌触りでカカオの濃い香りが引き立つ一品。シェリー樽系のウイスキーや、ドシっと重ためのスモーキーなウイスキーにも合います。できればストレートでゆっくり飲みながら少しずつ合わせるのがおすすめです。

セブン-イレブン バスクチーズケーキ

しっとりなめらかな食感のバスクチーズケーキ。東京都と神奈川県限定です。シェリー樽系のフルーティーなウイスキーとよく合います。

7プレミアム 焼ほたて貝ひも(税込138円)

ほたての旨味や風味、クセになる噛み応えなど、バランスの取れた一品。スモーキーなウイスキーのハイボールによく合います。貝や魚介系はピートとの相性がよいです。

商品情報はこちら:焼ほたて貝ひも 18g

【ローソン】 ロース生ハム(税込150円)

しっとりした食感となめらかな舌触りが特徴のローソンオリジナル生ハム。3種のスパイスとハーブを使っており風味も豊かです。ちょうどいい塩味でウイスキーの飲み方を選びません。甘いフルーツを巻いたアレンジもおすすめです。

商品情報はこちら:米久 ロース生ハム 50g

【ローソン】国産焼きほたて貝

しっとりした食感となめらかな舌触りが特徴のローソンオリジナル生ハム。3種のスパイスとハーブを使っており風味も豊かです。ちょうどいい塩味でウイスキーの飲み方を選びません。甘いフルーツを巻いたアレンジもおすすめです。

商品情報はこちら:国産焼きほたて貝 4粒

【ローソン】くるみとココナッツのキャラメリゼ

精麦時に泥炭を一切炊いていないノンピートのシェリー樽熟成・バーボン樽熟成など甘めのウイスキーと相性が良いおつまみ。ココナッツがバーボン樽熟成のウイスキーと合いやすい。商品名にはキャラメリゼとあるが、くどくない優しい甘さが特徴。

商品情報はこちら:くるみとココナッツのキャラメリゼ 素焼きアーモンド入り 40g

【ファミリーマート】いか塩辛(税込204円)

国産のイカを使った一品。スモーキーなアイラ系ウイスキーとよく合います。

お家飲みに最適、簡単おつまみレシピ2選

家のみが主流になっているいま、家で簡単に作れるおつまみのレシピを紹介します。基本的に材料を混ぜるだけの手間いらずレシピなので、料理が苦手な方にもおすすめです。

大人ポテトチップスの簡単アレンジレシピ

うすしお味のポテトチップスに、粉チーズと黒コショウをかけるだけ。チーズのコクがでてウイスキー本来の甘さを引き出してくれます。また、味変レシピとして黒コショウをカレー粉にしてみるのもおすすめ。簡単すぎてレシピとは呼べないかもしれませんが相性は抜群です。

スモークサーモンとクリームチーズのお手軽レシピ

Image:Shutterstock


細かく刻んだスモークサーモンとクリームチーズ、塩コショウを混ぜ合わせるだけ。クラッカーにのせると見栄えもよくオシャレなおつまみになります。余っているパセリやバジルなど緑色を取り入れると見た目も鮮やかになります。

ウイスキーの美味しさを引き立たせるおつまみ

ウイスキーはアルコール度数もビールやワインよりも高く、香りや味も感じやすいお酒です。そのため食後酒として好まれ、軽いスナックやデザートとよく合います。

ウイスキーの飲み方や種類に合あったおつまみを選ぶことができれば、ウイスキーの新たな魅力を発見できます。おつまみのバリエーションを増やして、美味しく楽しくウイスキーを飲みましょう。

▼合わせて読みたい

「かいサポ」チームでは、あなたのお買いものをスマートにサポートするコンテンツを配信。家電にインテリア、コスメ、スキンケア、アウトドア用品にガジェット、フードまで。その道のプロが「ほんとうにいいもの」への最短距離をご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking