Commerce

Commerce

2

高速充電の規格って、ややこしいですよね。

USB-C端子なら速いって訳でもないし、PD(Power Delivery)とQC(Quick Charge)があるけど互換性がなかったり… というわけで、そんな大人の事情をマルっと解決してくれるのが、それぞれの規格を自動判別してくれるスマートな充電システム

Ankerの場合なら「PowerIQ」が、それ。

どの充電器を買ったらいいのかよく分からないという人のために、サラッとリストアップしてみたので、よかったらチェックを。

なお、以下の表示価格は執筆時のものです。変更の可能性がありますので、それぞれの販売ページをご確認ください。

ブラックフライデーでのお買い物をよりお得に!

購入する際はギフト券にチャージして購入すると最大2.5%のポイントバックがあるのでさらにお得。詳細はこちらの記事を要チェック。

これ1個持ってれば全部OK

Image: Amazon.co.jp

最大45Wで、あらゆる高速充電規格に対応、スマホはもちろん、ノートPCまで高速充電できるのが、「Nano II 45W」。

接続機器を自動判別して、過電流にならないギリギリの最大電流量に制御しながら充電してくれる「PowerIQ 3.0」搭載のスマートACアダプタでありながら、約3.5×3.8×4.1cmというコンパクトさを実現しているのがポイント。

ノーブランド品などをつなぐ場合は要注意ですけど、USBから給電するノートPC、タブレット、スマホなど、基本的にこれ1個で全部バッチリですよ!

USB-Cポート1つじゃ足りない人へ

Image: Amazon.co.jp

こちらは今回のセール対象ではないですが、つい最近リリースされた「Nano II 65W」の2口バージョンが、この「Anker PowerPort III 2-Port 65W」。

スマホとノートPC(タブレット)を同時高速充電したいという要望に、Ankerが応えてくれましたね。

合計最大65Wなので、2ポート同時充電の場合は上側が最大20W、下側が最大45Wになりますが、それでも十分パワフル。

何と言っても、「Nano II 65W」を2個買うよりぜんぜんお得です。

USB-Aポートも必要な人へ

Image: Amazon.co.jp

USB-Cポートは最大45W、USB-Aポートは最大20W(合計最大65W)で、いずれにも「PowerIQ 3.0」を搭載した「PowerPort III 3-Port 65W」も要チェック。

USB-Aケーブルもまだまだ現役で活躍中ですし、ほとんどの人にとっては、こちらのほうが使い勝手がいいでしょう。

コスパ的にも、今回ピックアップした中でベストかも。

ポート3つじゃ足りない人へ

Image: Amazon.co.jp

え?まだポートが足りませんか?だったらコレ。

PowerPort I PD – 1 PD & 4 PowerIQ」は、初期のPowerIQしか搭載しておらず、Qualcomm Quick Chargeには非対応ながら、USB-Cポートは30WのPower Delivery対応。

比較的新しいQualcomm製チップセットを搭載したAndroidユーザーにとっては、ほんのちょっと残念な仕様ですけど、ざっくりAppleユーザーなら、これで普通に満足できますね。

モバイルバッテリーとしても使いたい人へ

Image: Amazon.co.jp

PowerCore III Fusion 5000」は、タダのACアダプターじゃなく、4850mAhのバッテリーを内蔵したハイブリッド型充電器。

USB-Cポートが最大18Wまでとなっていますが、「PowerIQ 3.0」搭載なので、とりあえず気にせずガンガンつなげますよ。

満充電を待たずに出かけることが多い人にも、出先でコンセントを確保できないことが多い人にも、オススメです。

「Nano II 65W」[Amazon]
「Anker PowerPort III 2-Port 65W」[Amazon]
「PowerPort III 3-Port 65W」[Amazon]
「PowerPort I PD – 1 PD & 4 PowerIQ」[Amazon]
「PowerCore III Fusion 5000」[Amazon]

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking