Commerce

Commerce

3

ライフハッカー[日本版]より転載

どれを買えば…ってなりますもんね。

いよいよやってきた、ブラックフライデーでのAmazon超大型セール。ガジェット・家電・食料品まで、さまざまなアイテムが安くなっていますが、やはり値引率の高さで要注目なのが、Amazonデバイスたち。

例えば、テレビに指すビデオ再生ドングル「FireTV」シリーズも例にもれず買い時を迎えています。でも、これバリエーションが多いんですよね! いったいどれを買えばいいの?ってなっちゃうとおもうので、ざっくりと特徴を紹介していきますね。

※各商品の表示価格は、2021年11月28日12時執筆時点のもの。変更や売り切れの可能性もありますので、詳細は各販売ページからご確認ください。

ブラックフライデーでのお買い物をよりお得に!

購入する際はギフト券にチャージして購入すると最大2.5%のポイントバックがあるのでさらにお得。詳細はこちらの記事を要チェック。

フルHDテレビならコスパ最強の第3世代「Fire TV Stick 」

テレビがフルHDだし、ストリーミングでもまだまだ4Kコンテンツ見ないよね。という割り切りがあるなら、ノーマルの「Fire TV Stick」のコスパはとにかく強い

第2世代と比べて動作も高速化されていますし、こちらも最新のリモコンが付属するので、使い勝手は上位モデルと肩を並べます。

4Kテレビ持ちはこれを選ぶと幸せになれる「Fire TV Stick 4K Max」

テレビやモニターが4Kに対応しているなら、ダントツで「Fire TV Stick 4K Max」がおすすめです。リニューアルされてCPUも高速になり、Wi-Fi 6対応で動作も通信もサクサク、リモコンも最新のアプリショートカットボタンが付いた便利リモコンが付いてきます。

4Kコンテンツ見ない? いや、将来的に見るかもしれないじゃないですか! これ選んでおけば間違いない。

テレビをスマートホームデバイスにする「Fire TV Cube」

他のFireTVとちょっと毛色が違うのがこの「Fire TV Cube」。こちらは4K解像度への対応に加えて、ハンズフリーでのAlexa音声認識に対応しています。

たとえば、テレビに向かって「Alexa〜〜を見せて」なんて動画を再生してもらったり、家庭内にあるAlexa対応デバイスを操作できるハブになるんです。つまり、テレビがでっかいスマートディスプレイになるってわけ。部屋は一気に未来です。

年末に向かってテレビでコンテンツを楽しむ時間も増えていくと思うので、どうせ買うなら安いうちに。FireTVでコンテンツ充していきましょう!

Source: Amazon

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking