Commerce

Commerce

ギズモード・ジャパンより転載

このアイロン台、使い方いろいろ!

テレワークが進み、以前よりもアイロンをかける機会が減りました。とはいえ、アイロンがけ作業が全くなくなるというわけでもないので、断捨離してしまうのも…。

そこで、より多用途なアイロン台を買ってみることに。山崎実業の「軽量トルソープレス フック付き G-1 7808」はアイロンやスチームアイロンがけができるだけでなく、トルソーとしても使えるんですよ。

アイロンがけが楽に

人体構造を考えた機能とかけ心地を追求したという「軽量トルソープレス フック付き G-1 7808」は、全面がスチールメッシュ構造になっていて、腰にくびれが入ったアイロン台です。

アイロンをかけるとすぐに感じられるのが、仕上がりのパリッとした印象。綿シャツにいつまでも熱がこもらない気がします。

また、トルソーの首元で袖口をアイロンがけできたり、張り出した肩のおかげで、シャツの肩部分にシワがつきにくくなったりすると感じました。

吊るしてスチームをかけられる

フックがついていて吊るせるので、衣類スチーマーを楽にかけられるのも利点のひとつ。

これまでハンガーに吊るして作業していましたが、それだとシャツやブラウスにシワができたりしていました。

軽量トルソープレス フック付き G-1 7808」に着せると安定するので、作業自体も楽ですし、何度もシワを伸ばすためにスチームし直すことが減りました。

サイズは横77×幅42×高さ20cmで重量は2kg。吊るして収納できるので場所を取りません。上の写真だと一番左に吊るしてあります。ご覧の通り、場所を取りません。

トルソーとしても重宝!

昨今は、オークションサイトに洋服を出品する人が増えていますよね。

軽量トルソープレス フック付き G-1 7808」は立てかけて、トルソーとして使うことも可能です。

アクセサリーをつけてみたりしてもOK。ハンガーにかけた状態よりも、見栄えがしないでしょうか。

かなり便利で省スペースにもなりますが、毎日何枚もアイロンがけをする人向きではないと感じました。というのも、トルソー型という特長ゆえに一般的なアイロン台より小ぶりです。そのため、流行りのビッグシルエットのシャツなどは、何度か場所を調節する必要があります。たまに使うのであれば気になるほどのことではありませんが。

筆者のように、ほとんどアイロンをかけることがなく、たまにスチームをかけたり、写真撮影したりしたち人にはピッタリ。くびれがあることでパンツやスカートを履かせて全身コーディネートを撮影することもできますし、とても便利ですよ。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

山崎実業「軽量トルソープレス フック付き G-1 7808」[Amazon]

Photographed by Machiko nakagawa

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking