sato

sato

10

1着あるとカジュアルにもフォーマルにも使える定番アウター、トレンチコート。

せっかく買うなら一生モノを! と探しているうちに購入のハードルが上がってしまい、コレというものに出会えぬまま数年。

運命の1着に出会うまでとりあえず……と無印良品で調達したら、思った以上にしっくりきました。

オーバーサイズのカジュアルトレンチ

無印良品 「撥水トレンチコート」 7,990円(税込)

トレンチコート、やっぱり1着は持っておきたいなと思い、無印良品で見つけたのがこちらの「撥水トレンチコート」。

男女兼用アイテムでXXS-XS、S-M、L-XLの3サイズ展開。XXS-XSを購入しました。

少しワイド気味のシルエットで、肩ボタンやベルトループはなし。いわゆる定番トレンチコートに比べて、カジュアル寄りの印象です。

モノトーンにもブラウントーンにも合わせやすそうなグレイッシュブラウンを購入。

そのほか、トレンチコートらしいダークベージュ、ミリタリーな雰囲気のスモーキーグリーンの3色展開です。

普段使いならコレで十分かも

着てみると、適度にゆるっとしたシルエットと絶妙なカラーが思っていた以上にしっくり。

定番といわれるトレンチコートをいくつか試着したこともあるのですが、カチッとし過ぎてあまり似合わない気がしたのも購入に至らなかった理由。

お値段は桁ひとつ違いますが、このトレンチコートの方が私には合っているような気がしました。

無印良品の商品説明には“ハリのある生地”とありますが、トレンチコートと聞いてイメージする生地に比べると柔らかくて軽く、着ていてとてもラク

軽やかな生地が生むバサッとした雰囲気もお気に入りです。

ありがたい気遣いも

生地はオーガニックコットン。裏地も胴部分はコットンですが袖部分のみポリエステルになっています。

おそらく着脱の際に袖を通しやすくするための気遣いかと。

ニットを着ていてもスルスルッと着ることができます。

さらに生地表面に撥水加工を施してあるため、小雨程度ならコートが濡れて重くなるということもありません。

天候やコーディネートを選ばないから、毎日つい手にとってしまいますね。

残念なところ:とはいえ一生モノとは別モノ

ひとまずトレンチコートを着たい欲を満たすには十分過ぎるくらいのスペックとデザインではありますが、銘品や王道といわれる各ブラントのトレンチコートとは別モノ。

いつかは一生モノも手に入れたいところですが、もうしばらくリモートワークが続く気もしますし、今のところ肩肘張らずデイリーに着られるお手軽トレンチがちょうどイイ気がしています。

ぜひ試着を!

こういった一見ふつうのアイテムこそ、着てみないとそのよさがわからないもの。

筆者も特に注目していなかったのですが、偶然読んだ口コミがよかったので店舗で試着してみたところ、即購入に至りました。

ゆるっとデイリーに着られるトレンチコートを探している方、無印良品に寄った際はぜひ試着してみてくださいね。

撥水トレンチコート[無印良品]

あわせて読みたい:

sato

ライター/コピーライター。広告制作会社と化粧品メーカー宣伝制作部を経てフリーランス。2ヶ月間旅に出てみたり、2泊3日で山に登ってみたり、家ソトも大好きだけど、いちばんのお気に入りスポットは我が家のソファーの上。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking