服部 隆宏

服部 隆宏

11

まだまだ暖かいですが少しずつ秋の訪れを感じます。

紅葉のピークはもうすぐ!という地域もでてきましたね。

今回は紅葉シーズンにうってつけなハイキングシューズを紹介します。

高い防水性と透湿性を実現した一足

 コロンビア「セイバーフォーミッドアウトドライ」

コロンビア「セイバーフォーミッドアウトドライ」13750円(税込)

コロンビアの「セイバーフォーミッドアウトドライ」は、独自開発のアウトドライエクストリームを搭載することで防水性と透湿性を叶えたハイキングシューズ。

アウトドライエクストリームは、コロンビアのレインウェアにも使われている自慢のテクノロジーなのだそうですね。

 コロンビア「セイバーフォーミッドアウトドライ」

外側に防水透湿性を持つメンブレン、内側に吸湿速乾性の生地を使う2層構造になっています。

 コロンビア「セイバーフォーミッドアウトドライ」

 コロンビア「セイバーフォーミッドアウトドライ」

高い撥水性を持つ最表層のメンブレンが水の侵入を防ぎ、かつ非常に速乾性に優れているので水がしみにくく、靴の劣化を防ぐのがポイント。

そのため、半永久的に撥水が持続するスグレモノなのだそうです。

 コロンビア「セイバーフォーミッドアウトドライ」

雨や沢歩きなどで非常に大きな力を発揮してくれます。

 コロンビア「セイバーフォーミッドアウトドライ」

さらに価格は税込み13750円と、機能面と考えるとかなりお手頃な値段。

この季節、足先が濡れたまま夕暮れを迎えて一気に気温が下がると体温を奪われて危険ですし、これは買わない理由がない、と購入したのでした。

軽快な履き心地を生むソール

 コロンビア「セイバーフォーミッドアウトドライ」

テックライトという技術を盛り込んだソールで歩行をサポートしてくれます。

初履きからかなりの好感触で、重量のある荷物を背負った状態でも、長時間の歩行による疲労がぐんと軽減したのを感じました。

 コロンビア「セイバーフォーミッドアウトドライ」

しっかり反発を感じる不思議な履き心地で、長時間歩いてみると普通のシューズとの違いが大きくでるところです。

特に下り坂のようなつま先に体重がかかる姿勢での負担を和らげる構造になっているように感じますね。

 コロンビア「セイバーフォーミッドアウトドライ」

重量も一足420gと軽量で、登山靴の中では標準な重量となっているので靴の重さで歩き疲れるということはまずありません。

末広がりな足にも対応してくれるワイドタイプ

 コロンビア「セイバーフォーミッドアウトドライ」

「セイバーフォーミッドアウトドライ」には、ワイドタイプと通常タイプの2種類があります。

私はどちらかというとつま先が痛くなりやすいため、迷わずワイドタイプにしました。

長時間歩いても痛くならないのは本当にうれしいですね。

軽快さはランニングシューズに劣る

 コロンビア「セイバーフォーミッドアウトドライ」

基本的にアウトドア仕様の靴であるため、ごわりと普段の靴より厚手な感覚があります。

足の保護という観点で仕方のないことですが、歩き慣れるまで違和感があるのは否めません。

岩場や砂利道でも痛くならない

 コロンビア「セイバーフォーミッドアウトドライ」

岩場や砂利道を歩いていても、足裏からゴツゴツとした石や岩の感触が伝わることがありません。

当日はもちろん、翌日の足の楽さを実感し、良い買い物をしたなあ~と心から思えました。

やはり歩きの基本は足元から。

 コロンビア「セイバーフォーミッドアウトドライ」

ハイキングにはハイキングのための靴がいいと感じられた一足。

今までアウトドアやハイキングをランニングシューズやスニーカーで楽しまれていた方も、ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

コストパフォーマンス抜群の良品ですよ。

あわせて読みたい:

服部 隆宏

配達員ときどきライター。めちゃめちゃ気ままに楽しく生きています。そのものひとつでライフスタイルが大きく変わってしまうようなアイテムを求めて、日々街中を走り回っています。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking