ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

コスメ・スキンケアマイスターの資格を持つモデル・ゆりっぱこと菅沼ゆりさんが、読者の方のコスメ・スキンケアにまつわるお悩みを一緒に考えたり、おすすめのアイテムを紹介したりする連載「ROOMIEラボ・コスメ科 」。

第11回の今回は、インスタグラムのアンケートで募集した、読者のお悩みを一緒に考えていきます!

菅沼ゆりさま

菅沼ゆり
“ゆりっぱ”の愛称で親しまれ同世代の女子から絶大な支持を集める。SNS発信は高い影響力を持ち、コスメ/スキンケアマイスターの資格を取得するなど、美容の知識も豊富。
最近ではイベントMCやアパレルやアクセサリーのプロデュースなどマルチに活躍している。Zoff、CA4LAなどコラボ実績多数。

Youtube
Instagram

11月に入ってやっと涼しくなってきた最近。ROOMIEラボにも、こんな時期ならではのお悩みが寄せられました。

お悩み内容:
季節の変わり目で肌荒れしてしまいます。基礎化粧品や食べ物で対策はありますか?

この季節はキュレルに頼りっぱなし!

最近特にフェイスもボディにも仕込み始めたのはキュレル! 本格的にカサつく前にキュレル先生に助けられてます。

キュレルの最大の強みはセラミドケア消炎作用

セラミドとは…?

セラミドとは、角層(皮膚の1番上の層)の機能を強めて水分保持を保ち、バリア機能を高める肌の必須成分。

消炎作用とは…?

消炎作用は、肌荒れを防ぎ、敏感になった肌を整える作用。

消炎剤配合って聞くとなんか作用が強いのかな? と思うけど、乾燥性敏感肌向けだから低刺激で安心。アルコールフリーで赤ちゃんのデリケートな肌にも使えるブランドなんだよ〜。

何回か乾燥には水分保持も大切なことを書いてますが、補給するだけでバリア機能が弱く肌内部がスカスカだと肌荒れしやすい状態に。どうしても秋冬の猛烈な乾燥季節に勝てない……。

キュレルはパッケージ表面や開けた中にも記載してあるぐらい、その機能がわかりやすいブランド

使い方が不安な人はパッケージの裏をチェックしてみて。

ボディケアはお悩みに合わせた4タイプから

ボディケアは4つのタイプがあり、使ったことのない最初でも選びやすい!

左:ローション
右:モイスチャーバーム

私はこっくりとしたバームと、サラサラ伸びの良いローションタイプを。

もちろんどちらもしっとり潤うけど、バームの保湿力にはびっくり。触った瞬間は水分たっぷりなクリームがスルスルと伸び、肌に馴染んだ頃、手を洗ったりするとめちゃめちゃ水をはじく!

あんなにスルッと伸びるのに保湿力の高い油分もたっぷり含んでたんだな〜と実感でき、外の刺激からもしっかりカードしてくれてるなと思いました。

フェイス・ボディ問わず、私はスキンケア締めとして抜擢しています。

化粧水も自分似合ったタイプを選んでみて!

化粧水もたくさん種類があって自分のベストを選びやすい。

ひと吹きで潤い補給できるスプレーはサイズも3種類くらいあり、大容量(家に置いておく用)と一番小さいサイズは持ち運び用としてゲット

ボトル逆さにしても勢いそのままシューっと出てくれるのも◎。お風呂上がりもクールダウンできて気持ちいい!

季節の変わり目は食事にも気をつけよう!

食事でいうと、一般的には第二の脳とも言われてる「腸内環境」を重視する事もポイント。

体の60%は水分でできている、なんて言われている人間。すぐにできること第一歩として、体内カラカラにさせないように、汗をかかない日でもこまめな水分補給を心がけよう

腸内環境を整えて、不要なものが排出しやすくするために、ヨーグルトやきのこ類をバランスよく食べる

腸内環境を整えるためには『善玉菌』の働きも必要! 善玉菌のバランスが崩れると腸もうまく働かなくて、不要なものが排出しにくくなることも。溜まりに溜まると肌にも影響が現れてしまうこともあるそうなので、ヨーグルトやきのこ類を積極的に食べて腸内環境を整えよう〜。

食生活に関しては自分もまだまだなところがあるけど、例に出したちょっとした変化の積み重ねから始めても良いかも。

それじゃあまたね〜!

あわせて読みたい:

ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking