かくれい

かくれい

8

トーストをサクサクもちもちに焼き上げて美味しく食べたい!

そんなとき、パンと一緒にトースターに入れる「スチーマー」を思い浮かべる人も多いはず。

いままでいろんなブランドで販売されて存在は知っていたけど、水を染み込ませるのが面倒くさいしパンを焼くスペースも減るし……と思って試していませんでした。

ところが、今までのスチーマーよりも使い勝手のいいアイテムをダイソーで見つけちゃったんです!

小皿タイプのスチーマー

ダイソー「スチーム皿」 110円(税込)

トースト用のスチーマーというのは、「パンと一緒にトースターの中に入れ、水を蒸発させることでパンの水分を保ってサクサクもちもちにする」といった仕組みのアイテム。

ダイソーのスチーム皿も基本的には同じです。

他のスチーマーと違うのは、小さくてお皿型であるというところ。

この形状が、毎日使いたいと思わせてくれる使い勝手の良さを生み出してくれるんです。

待ち時間も追加の洗い物もなし!すぐ使えるよ

早速パンを焼いてみようと思います。

ダイソーのスチーム皿は、皿型だから水を注ぐだけ。

すぐにトーストすることができます。

他のスチーマーは使う前にボウルなどに水を張って浸け、染み込むまで待つ必要がありますが、これなら待ち時間も追加の洗い物も無し!

ささやかだけど、こういう一手間が省けるのはかなりありがたいです。

場所も取らないよ

かなり小さく丸いので、トースター内のスペースも取りません。

たくさん食べたい時も場所を気にせず使うことができるのは結構嬉しい。

ちゃんとサクサクふわふわに焼けた!

焼くと、スチーム皿からほんのり湯気が立ち始めました。

見た目にも焼けてる感じが伝わってきて楽しいです。

焼き上がったパンを割いてみると、外はサクサク、中はもっちりよく伸びています!

思わずにやけちゃいます。

なしで焼いた左のパンより、ありで焼いた右のパンの方が焼きムラが少なめで表面のサクサク感が楽しめました。

スチーム皿以外は同じ条件で焼いたので、これもスチーム皿のおかげと言えそうです!

パン以外でも大活躍

楽しくなってきちゃったので、いろいろ焼いてみました。

リベイク時に霧吹きをかけることもあるスコーン。

スチーム皿で蒸気を出せば、濡らさなくてもしっとりして美味しかったです。

小皿だから、ピザの時も端っこに置くことができます。

具材がいつもよりパサパサにならず、ジューシーに感じられました。

調子に乗ってお惣菜のハムカツも焼いてみたら、衣は揚げたてのサクサク、中はしっとりプリプリ。

いつも使っているトースターにこの小皿ひとつ足すだけで、なんでも魔法の仕上がりに大化けするとは…!

お水の入れ過ぎに気をつけて

水を入れすぎると沸いてしまった時に溢れてパンを濡らすかもしれないので、少なめに入れたほうがいいです。

また、使った後は熱くなっているので火傷に気をつけてくださいね。

これなら毎日サクサクふわふわを楽しめるな

トースターの中にスチーム皿を入れておけば、必要な時に水を注ぐだけ。

忙しい朝も手間なくサクサクもちもちなパンが食べられます。

たった110円のダイソースチーム皿のおかげで毎日のご飯が美味しくなりました!

あわせて読みたい:

かくれい

昼過ぎに思い立って、夕方に河原で肉を焼き、夜に銭湯に行って、泥のように眠るのが好きです。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking