ホットコーヒーがおいしい季節になりましたね。

ハンドドリップでじっくり入れるコーヒーは最高においしいですが、ドリッパーの種類によってコーヒーの味って変わるもの。

これまでペーパーフィルターを使っていましたが、以前から気になってたのが「セラミックドリッパー」

いろいろ探してみると、気になる「富士山のフォルムのドリッパー」を発見、これは試してみるしかない。

富士山セラミックドリッパー

LI:FIL(リフィル) Fuji 波佐見焼きコーヒーフィルター・ドリッパー 5,000円(Amazon参考価格税込)

富士山のオブジェにしか見えないこれ、実はコーヒードリッパーなんですよ。

赤富士や緑富士など、いろんな色がありますが、ここは定番のブルーの富士山で。

ひっくり返すとほら、ドリッパーの形。

コーヒーが落ちる穴がないのにドリップできるの? と不思議ですが、実は目に見えない無数の小さな穴が空いてるんです。

なので、液体を注ぐと透過してきます。

この小さな穴を通ることで、雑味が取れてまろやかな味になるんですね。

表面はざらざらしていて、そのままカップなどに乗せると傷ついてしまうことがあるのでお気をつけて。

ドリップホルダーやソーク(下皿)もついています。

どちらも陶器なので高級感があふれてますね。

さすが焼き物の町・波佐見町で作られてるだけある。

使う前に掃除が必要です

まず使う前に、汚れを落とす意味で全体にお湯をかけます。

2〜3回繰り返しました。お湯の中に入れて5分ほど煮てもいいそうですよ。

セラミックってめちゃくちゃタフなんですね!

コーヒー豆は「中挽き」で!

1〜4杯まで淹れられます、落ちるスピードは早めですね。

注意したいのはコーヒーの挽き具合。

このドリッパーで使えるのは中挽き〜粗挽きです。

というのも、細挽きにすると凸凹に粉が入り込んで掃除も大変ですし、セラミックの穴に詰まりやすくなります。

富士山のてっぺんの白い部分がコーヒー色に変色していますが、これは洗うと真っ白に復活するので大丈夫!

雑味や不純物を取り除きつつコーヒーの旨味成分は通すという、絶妙な穴が空いてるんですって。

味がまろやかで飲みやすい

おっ〜、これはおいしい!

いつもと同じ豆ですが、紙フィルターとは全然違う味、確かに、まろやかで飲みやすくなりました。

これが遠赤外線効果なのか!

これはぜひ試してみてほしいドリッパーです、紙フィルターでは濾されてしまうアロマやオイルなどの旨味成分も存分に味わえますよ。

紙フィルターがいらない

毎日1〜2枚使っていた紙フィルターがいらないのでゴミが減りました。

使った後はお水で流すだけでコーヒー粉は取れますよ。

洗うだけで真っ白に戻ります。

乾くのに時間がかかるので、風通しの良いところに置いています。

また、しばらく使うと目詰まりして流れが悪くなってきます、穴が詰まってくるんですね。

そんな時は、たっぷりのお湯の中で5分ほどグツグツ煮ると、入り込んでたコーヒーの成分が出てきます。

こんなに茶色くなりました。(鍋は写真よりもうちょっと深い方が良さそうです)

これで復活! 手間はかかりますが、美味しさのためならぜんぜん苦じゃない。

手をかければ、その分愛着も湧きますよね。

プレゼントにもおすすめです

味もまろやかでおいしくなるし、コーヒーフィルターもいらないという「セラミックドリッパー」。

見た目も富士山でめでたいし、とても可愛らしいので、プレゼントにも最適ですね!

ぜひ、好きな色を選んでみてください。

あわせて読みたい:

Ranking