OGMAX

OGMAX

2

iPhone12、13シリーズに搭載されているMagSafe。

iPhoneの背面に磁力でアクセサリーを付けることができるこのシステム、実際に使ってみるとやはり便利で色々試してみたくなります。

そこで、やはり気になるのがモバイルバッテリー。

AppleからMagSafeバッテリーパックが発売されていますが、11,800円(税込)となかなか高価で手が出ないよ!

AnkerからもMagsafe対応機種向けにバッテリーが出てたはずだけど、たしか本体カラーがブラックしかなかったはず、できればホワイトがいいなぁ〜なんて思っていたら。

あれ? カラーバリエーション増えてるじゃん!

5色展開になったAnker PowerCore Magnetic 5000

Anker「PowerCore Magnetic 5000」 4,490円(税込)

Anker製品を良く買っているので、もう見慣れたお馴染みの箱から中身を出すと、内容物は「Anker PowerCore Magnetic 5000」本体、USB-C & USB-C ケーブル、取扱説明書類。

こちらが本体。

これまでブラック1色のみの展開でした。

2021年9月末にホワイト、パープル、ミントグリーン、ネイビーの4色が新たに追加され、全5色展開に!

ガジェットや、こういったアクセサリー類ってどうしても黒が多くなりがち。

意識して他の色を取り入れていきたいな〜、と思っていた私にとって、色を選べるのは選びたくなる大きな要素になりました。

本体重量は約133gで、本体サイズは約93x63x16mmと持ち歩くのには気にならない程度。

こちらがiPhoneにくっつく面で。

モバイルバッテリーへの給電や有線での充電はこちらから。

電源ボタンと本体の残量を確認するインジケーターもこちらにまとまっています。

「MagSafe」ではなく、マグネット式

本体をiPhoneの背面に近づけると。

パチッとくっついてくれます。

iPhone13miniに、純正シリコンケースを装着した状態で付けましたが、バッテリーを持っても離れないぐらいしっかり付いてくれています。

電源ボタンを押すとちゃんと充電開始してくれました!

このモバイルバッテリーを選ぶ際に注意しておきたいのが「MagSafe機種に対応している」のと「MagSafeでの充電」は別ということ。

こちらはワイヤレス充電でよく使われている規格のQiにマグネットを付けて、MagSafe対応機種向けに使いやすくした商品であって、AppleのMagSafe規格で充電ができるというわけではありません。

ちょっとややこしいですが、MagSafeはApple独自の規格でiPhoneを最大15Wの電力供給で高速ワイヤレス充電ができるのに対して、iPhoneでのQi充電では最大7.5Wと充電速度に差があり、さらには「Anker PowerCore Magnetic 5000」のワイヤレス出力は5Wです。

QiとMagSafeには互換性があるので、iPhone11シリーズ以前のワイヤレス充電対応機種同様にQi充電はできますが、MagSafeでの充電はMagSafe規格に対応した充電器類でないと使えないという事です。

容量は5000mAhですがこの数字がそのままiPhoneのバッテリー容量に移っていくわけではなく、充電効率によってロスが生まれるのでワイヤレス時のiPhone12miniへの充電で満充電回数1回程度。

それ以外のiPhone12、13シリーズへの満充電回数は1回未満になるとのこと。

ケーブルを挿しての有線充電にも対応していますが、有線時でも10Wなので充電スピードは遅めです。

機能性ではなく、快適性

では、なぜこのモバイルバッテリーを選んだか。

ズバリ、それは快適性!

バッテリー本体を充電している状態でiPhoneにくっつけて、iPhoneの充電をしてそのままバッテリーも充電できるパススルー充電に対応しているので、就寝時などのiPhoneの充電にも使いやすいんです。

旅行時には、荷物を減らす手段としても便利ですよ。

qi充電対応のイヤホンなどの充電ももちろんOK。

そしてなにより、充電しながら使用した時のケーブルが無いことによる煩わしさの解消。

iPhone本体とモバイルバッテリーの重さが合わさるので少し重くなりますが、個人的には許容範囲でした。

モバイルバッテリーも大きすぎず、装着した状態でも特別持ちにくさは感じません。

タイトなパンツでなければそのままポケットにも入ってくれるし、やはりこの快適性と、Ankerというメーカーの安心感と、価格がこのモバイルバッテリーを選ぶ大きな理由になりますね。

しっかり、素早く充電、という目的ではなく、バッテリーの補助役として使うのにピッタリな「Anker PowerCore Magnetic 5000」。

カラーバリエーションも増えて選びやすくなっているので、気になった方は是非チェックしてみてください。

あわせて読みたい:

OGMAX

写真と映像を撮ってる人です。アウトドア好きなインドア派。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking