covacova.

covacova.

2

夏に限らず登山には水分補給は欠かせない要素。どんなに低い山に登るときでもボトルホルダーを着けて登っています。

しかし、登る山や荷物の量によってバックパックを変えなければならないので、毎回着けかえるのが意外と面倒くさかったんですよね……。

スリムで控えめな見た目がいい

Gossamer Gearの「Bottle Rocket」

Gossamer Gear 「Bottle Rocket」 3,080円(税込)

ボトルホルダーを取り付けるところと言えばショルダーハーネス。腕を動かすと干渉しやすい場所なので、できるだけスリムなタイプが欲しかったんですよね。

そこで、今回選んだのがGossamer Gearの「Bottle Rocket」。

生地も薄めで軽く、控えめな見た目ながらもブルーのアクセントカラーが主張しすぎずいい感じ。どんなバックパックにも合わせやすいと思います。

脱着しやすい

Gossamer Gearの「Bottle Rocket」

これまで使っていたホルダーはマジックテープで固定するタイプでしたが、これはストラップタイプなので脱着がとても楽チン

カチッとはめて、アジャスターで長さを調整するだけなので、どんな太さのハーネスでも素早く取り付けられます。上部のベルトをチェストストラップより上に着けてやればずれて落ちてくることもありませんよ。

マジックテープだとハーネスの太さによってテープを折り込んだりする必要があったので、結構面倒だったんですよね。

折り畳まれたGossamer Gearの「Bottle Rocket」

その他にも気に入っているところは、生地が薄くて軽いので不要なときはコンパクトに折りたたんで収納しておけるところ。

荷物の邪魔にならないので、予備のホルダーとして持ち出してもいいし、不要なときもレインカバーのようにバックパックに常備しておけちゃいます。

ちょっとコツのいるベルト調整

Gossamer Gearの「Bottle Rocket」

アジャスターでの長さ調整にはちょっとしたコツがいります。

ハーネスへの固定を安定させるためにきつめに締めちゃうと、ホルダーにボトルを入れるときに下のベルトに詰まってスムーズに収納できないことがあります。下のベルトはボトルの太さピッタリよりも気持ち緩めに調整してやらないと少しイラッとしちゃうかも(笑)。

サイドがメッシュ生地で伸縮するので、少々太めのボトルでも入りますが500mlのペットボトルくらいの太さが使いやすいです。

普段使いもOK

Gossamer Gearの「Bottle Rocket」

普段からマイボトルを持ち歩いている人なら、街使いでも活躍してくれますよ。

どんな色にも合わせやすいカラーとシンプルなデザインは、ウエストバッグやショルダーバッグなんかの組み合わせで使ってもよさげ。

マイボトルを持ち歩く自分としてはバッグの収納スペースがボトル1本分空いて助かってます

Gossamer Gearの「Bottle Rocket」

普段登山のときに愛用しているのがNalgeneのOTFボトルなんですが、「Bottle Rocket」とのフィット性はかなりいいです。

飛び出し防止用のゴムバンドはピタッと固定できるし、長さもちょうどいい感じで収まってくれるんですよね~。

これからのよき相棒と出会えました!

あわせて読みたい:

covacova.

夏生まれのくせに冬が大好きな自由人。山が白く染まってくるとソワソワして、爆弾低気圧や冬将軍という言葉に過敏に反応するアレルギー持ちのため、定期的に雪山で治療が必要です。 最近はファインダーを通して見える世界に引き込まれてしまったため、アレルギー治療と写活のために北の大地への移住を計画中。

feature

荷物は最小限に。肩の力を抜いて、足取り軽く爽やかに街中を歩きたい。そんな「ちょうどいい」スタイルをご紹介。思い切って身軽にすれば、ほら、いつもの景色も違って見えてくるかも!

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking