門岡 明弥

門岡 明弥

昨年より始まった、土屋鞄の「運ぶを楽しむ」シリーズ

これまでにスイカバッグや雪だるまバッグ、ワイングラスバッグなどが生み出されてきましたが、発表される度にSNSでは話題に。

そんなシリーズから、またまたユニークな新作が登場しちゃいました。

水切り石専用バッグ

シリーズ第4弾の新作は「水切り石専用バッグ」。名前の通り、水切り石を運ぶための革鞄です。

日頃鞄づくりを担当している職人さんが、子どもの頃水切りに夢中になった懐かしい記憶を思い出して、とっておきの水切り石を運ぶことができたら……という遊び心から作られたのだとか。

​素材には滑らかな手触りのスムースレザーであるイタリアンショルダーヌメ革が使われており、つるっとした石になじむ素材感となっています。

プロの使用シーンをイメージした機能性

片手で石の出し入れが可能なことに加え、流れるような動作で石を投げられる設計に。

水切り石のプロの使用シーンをイメージして作られたことも、本気の遊び心を感じさせられますね……。

ポケットの大きさは水切りがしやすい石に最適なサイズ感となっており、肩にかけたり腰に付けたりすることができる2WAY仕様なのも◎。

ポケットは職人によるフリーハンドで裁断されています。

ひとつとして同じものはない石をイメージし、あえて不揃いで作られているそう。細部にも、ギュッと詰まったこだわり!

魅力的だけど、非売品なんです…

使用シーンはかなり限定的だけど、なんだか欲しくなってしまうこの鞄。残念ながら、まだ販売はされていないみたいです。

しかし、昨年7月に発表された「スイカ専用バッグ」は今年になって数量限定で販売されていたので、来年辺りに製品化される可能性もあるかも……?

今回紹介した「水切り石専用バッグ」は土屋鞄製造所・渋谷店(渋谷スクランブルスクエア11F)にて、10/7(木)~10/31(日)の期間限定で展示されています。まずは実物を見てみたい!という方は、ぜひ足を運んでみてくださいね〜。

水切り石専用バッグ[土屋鞄製造所]

あわせて読みたい:

門岡 明弥

音楽と言葉の仕事をしながら、ときどき山に登ったりスキレットで燻製作ったりするピアニスト。音大生のwebマガジン『オトラボ』を不定期で更新しています。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking