ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

キッチンで大活躍のラップ

ですが、なぜか本当によくなくす! 毎回神隠しを疑いますが、料理が終わるころには普通に出てくるんですよね……。

そんな出しっぱなしのクセを直すべく、山崎実業のとあるアイテムを導入してみることに!

山崎実業「tower」のラップケース

山崎実業 マグネットラップケース タワー

山崎実業「マグネットラップケース タワー S」1,540円(税込)

山崎実業のtower(タワー)シリーズは、痒いところに手が届く数々の収納グッズで人気が高いですよね。

こちらは、そのtowerから販売されている「マグネットラップケース タワー S」は、真っ白でシンプルなデザイン


実はこのラップケース、背面にマグネットがついており、冷蔵庫に貼り付けて収納できるんです。

これなら使い終わったらベタっとくっつけるだけでいいので、どこかに仕舞う方式よりも元の位置に戻せるかも!

マグネットの磁力も強力。半年ほどこのラップケースを使用していますが、ずれ落ちたことは一度もありません。

使い方は簡単!

山崎実業 マグネットラップケース タワー

使い方は、とても簡単です。サランラップを紙管ごと、ケースの軸に装着するだけ。

対応のサランラップは、幅23cm(紙管を含む)までで、50m巻以内のもの。市販のサランラップやクレラップに対応しています。

S、Lの2種類のサイズ展開なので、詰め替えたいサランラップのタイプに応じて、選べますよ。

1.生活感を隠せるシンプルなデザイン

山崎実業 マグネットラップケース タワー

冷蔵庫と一体化する、シンプルなラップケース。

遠目で見ると、サランラップには見えません。

サランラップの生活感を見事に隠せます

2.省スペースで、すぐにラップを取り出せる

山崎実業 マグネットラップケース タワー

ケース本体を冷蔵庫に貼り付けられるため、収納スペースを節約できるのが嬉しいところ。

そのうえ、料理中にラップをすぐに取り出せるので、便利です。

使い始めは、少し重く感じるかも…

山崎実業 マグネットラップケース タワー

本体の重量は、約210g。紙のラップケースと比べると重量があります。

そのため、使い始めは重く感じるかも。

ただ、負担になるほど重くはありません。使用するうちに重さに慣れていくはずです。

3.使うほどに良さを感じる、使い勝手の良さ

山崎実業 マグネットラップケース タワー

優秀なのは、デザインや収納のしやすさだけではありません。

使い勝手が良いのも、このラップケースの魅力です。

例えば、ラップの紙管がケースの軸で固定されるため、勢いよく引っ張ってもラップがケースから飛び出しません

山崎実業 マグネットラップケース タワー

刃の切れ味は抜群。しっかりとサランラップが切れて、爽快!

その一方で、ケースを閉じると、刃が手に触れにくい構造になっています。

刃が手に触れてしまって、「イタタタ……」と悲鳴をあげることもありません。

山崎実業 マグネットラップケース タワー

さらに、ケース上部のくぼみに親指を引っかけると、簡単に開閉できます。

このように、ストレスなく使える工夫がいたるところに散りばめられています。

半年間、愛用しているこのラップケース。いまのところ、特に不満もありません。

必要なときにさっとラップを取り出せるため、料理の効率が上がりました

今後も我が家のキッチンで大活躍すること間違いなしです。

マグネットラップケース タワー S tower 山崎実業

※本記事は2020年11月9日の記事を再編集して掲載しています。

Text and Photographed by 三間 有紗

あわせて読みたい:

ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking