mayumine

mayumine

23

これは美容家電の価格破壊では?

3coinsから新たなコスメ及び美容家電のブランド「and us」シリーズが新登場したことは知っていましたか?

2021年7月にアイテムが販売開始され、その中でもSNS等で特に話題になっていたウォーターピーラーを使ってみました。

「ウォーターピーラー」って?

「ウォーターピーリング」とは、水と超音波の振動により、毛穴汚れや古い角質を除去するお肌のお手入れ方法。クレンジングだけでは落としきれない毛穴の汚れや古い角質や小鼻の角栓を除去することが期待できるそう。

ウォーターピーラーの相場は3,000〜4,000円から、高いものだと30,000円以上のものもありますが、「and us」のウォーターピーラーはなんと税込2,200円

この値段でウォーターピーラーが発売されたとなれば当然注目されるわけで、店舗でもオンラインでも売り切れ続出です。今回運良く購入することができたので使用レポートお届けします。

機能も見た目も良いぞ

ヘッドに使用されている素材はステンレス。他社メーカーのウォーターピーラーもヘッド素材の主流はステンレスですが、中にはメッキコーティングされたものもあるので、この点も安心です。

重さは93gで軽く、USBコードも付属。1度の充電で2時間の利用が可能です

機能はピーリング・浸透・リフトモードと3つのモードがありますよ。ピーリングモードは毛穴汚れや角質などをピーリングし、浸透モードは化粧水などの美容成分をより肌に浸透させ、リフティングモードはお肌のたるみをケアする機能になります。

実際の使用感は?

まず、ピーリングモードで試してみました。

化粧水で顔全体を濡らしてピーラーの先が顔に向かって曲がるように持ち、顔の中心から外側に、さらに下から上に向かってゆっくりと動かします。化粧水はとろみのあるタイプより、サラッとバシャバシャ大量に使えるタイプのものが良いと思います。

「ビチビチビチ…」という振動音とともに、顔に塗った化粧水がミスト状になりお肌をケアしてくれます。細かいミストが毛穴に詰まった皮脂とか角質を吹き飛ばしてくれているような感覚、確かにあります!

ケア途中のヘッドはこんな感じ。細かいミスト状の水滴と、皮脂と化粧水が混ざった白っぽい何かが観測できます。お肌に細かいミストが直接吹きかかる感じが気持ちよく、使い心地もグッドでした。

ピーリングモードは、週に1〜2回程度、1日1回までの使用が推奨されています。

さらにヘッドをひっくり返して、浸透モードも試してみました。化粧水で顔を濡らして浸透(アブソーブ)モードで、ピーリングモードと同じ要領で試していきます。いつもより化粧水がぐいぐい肌に入っている感覚があり、いつもよりお肌がもっちりした気がします。アブソーブモードは毎日使えるようです。

リフティングモードも試してみましたが、なんだかたるみが上がった気もするけど、気のせいもする……ということで、1回の使用だけだと効果はよくわかりませんでした。

これは見つけたら「買い」で良いのでは?

ウォーターピーラーという美容家電がこの価格でこのクオリティというだけで、コスパは最高すぎると思います。そして化粧水以外特別な準備も必要なく、日々気軽にケアできるというのも良いですね。

懸念点はコスパが良すぎるがために、すぐ壊れちゃったりしないだろうかと心配になるくらいでしょうか。

また、「and us」シリーズでは、他にもヘッドブラシやフェイスシェーバー、クールフェイスケアなどの美容家電も展開されています。お値段も気軽に試せるウォーターピーラーは、オンラインでも店舗でも売り切れ必至なので、運良く見つけたらぜひチェックしてみてください。

あわせて読みたい:

mayumine

GIZMODO JAPANの翻訳ライター、旧式ブロガー、著書に「HDR写真魔法のかけ方レシピ」。4歳の娘と0歳の息子と15歳のオカメインコを育ててます。 本業はIT企業のブランディングチーム所属。 趣味は写真、ガジェット、キャンプ、アンチエイジング。今年マンションを購入し、今は快適な部屋空間づくりとスマートホーム化に夢中です。

feature

日本は四季折々が豊かな気候ですが、一方で季節ごとに肌ダメージに悩み、振り回されがち。ちょっとでもケアをサボると、一気にご機嫌を損ねてしまいます。そこで本特集では、ROOMIEが見出したスキンケアアイテムなどを中心に「お肌をいたわる」ためのあれこれをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking